TOBIUO JAPAN Journal

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

【OWS】リオデジャネイロオリンピックマラソンスイミング男子

13872796_1064854886930759_4533875650085766423_n
昨日の女子に続き、本日男子のレースが行われました。

日本からは2度目のオリンピックとなる平井選手が出場
DSC_1262
いつも通り青木コーチに計測バンドの補強をしてもらい、

DSC_1259
桑井トレーナーにしっかり補強をしてもらい、

14037762_1588873081143176_915359428_o
上野強化本部長からレース直前に気合をいれていただき、いざスタート!

14051734_1065017596914488_7785188570121495679_n
男子はスタートと共にオーストラリアの選手が断トツトップに出るという見たことのないレース展開に。

レース序盤は力を温存しながら集団の後方で泳ぎ、
ラスト2周から徐々に順位をあげ、最後は大混戦のトップ集団で勝負。

トップ12名誰が勝ってもおかしくない僅差でラスト300mを通過し、
最後は5~6名の選手が横一列という激しいレースとなりました。

平井選手はトップと4秒8差の8位でゴール!
OWS日本人選手初となる入賞を果たしました!

激しいレースでここまで戦えたのはロンドン五輪後高い目標を設定してきたからだと思います。
14012706_1588873087809842_1197585044_o
佐野コーチと臨んだリオ五輪で見事8位入賞という結果を残しました。

本日でマラソンスイミングの競技は終了。
P1020487
日本からも多くの声援をいただき、前回のロンドン五輪から一歩前進した日本チーム。

応援のほどありがとうございました!!

結果はこちらから。
XXXI Olympic Games

【OWS】リオデジャネイロオリンピックマラソンスイミング女子

13912319_1293793037368688_3854421171397979768_n
競泳種目が終わり、マラソンスイミング競技が開始しました。


1日目は女子のレースが行われ、日本からは貴田裕美選手が出場。
14055163_1414373278625557_1222134525418357157_n
ロンドン五輪に続き2回目の出場となりました。

スローペースでスタートすると、貴田選手は冷静にレースを進め、
前半は第一集団の15~20番あたりに位置しました。

海でのレースに慣れている選手がうねりを利用して徐々に前にいき、
集団がばらけ始めると、残り3kmあたりで、オランダの選手が一気にペースをあげラストスパート。

貴田選手も最終ラップで数名をぬかして12位でのゴールとなりました。

ロンドン五輪からの4年間、海外諸国では競泳力の高い選手が参入しはじめ、
一気にレベルが高くなったOWS。
14039993_1293792997368692_3194869458697588083_n
ロンドン五輪メダリストにも勝ち、前回大会の12位とは価値の違う12位となりました。


2日目の男子のレースには平井康翔選手が出場します。
レースは日本時間の16日夜9時からスタート。

引き続き応援の程宜しくお願いします!

リオデジャネイロオリンピック 代表選手プロフィール【OWS】:平井康翔(朝日ネット)

平井康翔/Hirai Yasunari

平井康

生年月日:1990年4月2日
出身地:千葉県
所属:朝日ネット
コーチ:佐野秀匡
身長:175cm
体重:70kg
血液型:B型
出身校:市立船橋高校(2009年卒)
明治大学(2013年卒)
ベストタイム:
400m自由形 3’51”71
1500m自由形 15’17”54

国際大会出場経験:
【競泳】
2008年世界ジュニア選手権(モンテレー)
【OWS】
2010年W杯中国大会
2010年W杯香港大会
2011年W杯セトゥバル大会
2011年世界選手権(上海)
2011年ユニバーシアード(深圳)
2011年W杯中国・香港大会
2012年W杯エイラート・カンクーン大会
2012年ロンドン五輪
2013年世界選手権(バルセロナ)
2014年パンパシフィック選手権(ゴールドコースト)
2014年W杯香港大会
2015年W杯コスメル・セトゥバル・バラトフレド大会
2015年W杯香港・アブダビ大会
2015年世界選手権(カザン)
2015年リオ五輪テストイベント(リオ)

主な戦績:
【競泳】
2007年全国高校総体 1500m自由形 2位
2008年世界ジュニア選手権 400m自由形 6位
2008年全国高校総体 400m自由形 1位
2009年日本選手権 1500m自由形 8位
2010年日本選手権 400m自由形 5位
2010年ジャパンオープン 400m自由形 3位
2010年日本学生選手権 400m自由形 2位
2011年国際大会代表選考会 400m自由形 6位
2011年ジャパンオープン 400m自由形 2位
2016年ジャパンオープン 1500m自由形 3位
【OWS】
2011年W杯セトゥバル大会 10km 9位
2011年世界選手権 5km 12位/10km 36位
2011年ユニバーシアード 10km 3位
2012年ロンドン五輪世界最終予選 10km 6位
2012年ロンドン五輪 15位
2013年世界選手権 10km 21位
2014年パンパシフィック選手権 10km 6位
2014年W杯香港大会 10km 8位
2015年世界選手権 10km 11位
2015年リオ五輪プレ大会 10km 2位

『日本OWSの歴史にその名を刻む』
競泳競技で400m自由形インターハイ優勝、世界ジュニア選手権6位と輝かしい成績を持ったスイマーがOWS競技に参戦したのは2009年だった。自らOWSでの海外研鑽も積むと、ユニバーシアードでは、見事銅メダルを獲得。そして、ロンドン五輪で日本男子初の五輪OWSスイマーとなった。その後4年間も海外を拠点にトレーニングを行い、レース経験を多く積んだ。その結果、2015年リオ五輪プレ大会では見事銀メダルを獲得した。リオの海は低水温でうねりがあり、平井の得意なコンディションである。環境も味方しているリオで日本OWS界に新たな歴史を刻めるよう、更なる高みを目指す。

リオデジャネイロオリンピック 代表選手プロフィール【OWS】:貴田裕美(コナミスポーツクラブ)

貴田裕美/Kida Yumi

貴田裕美

生年月日:1985年6月30日
出身地:埼玉県
所属:コナミスポーツクラブ
コーチ:青木和子
身長:160cm
体重:54kg
血液型:B型
出身校:高崎北高校(2004年卒)
前橋国際大学(2008年卒)
ベストタイム:
800m自由形 8’34”55
1500m自由形 16’22”45

国際大会出場経験:
【競泳】
2001年世界選手権(福岡)
2005年世界選手権(モントリオール)
2005年ユニバーシアード(イズミール)
2005年東アジア大会(マカオ)
2009年ユニバーシアード(ベオグラード)
2010年パンパシフィック選手権(アーバイン)
【OWS】
2010年パンパシフィック選手権(アーバイン)
2010年W杯中国・香港大会
2011年W杯セトゥバル・中国・香港大会
2011年世界選手権(上海)
2012年W杯エイラート・カンクン大会
2012年ロンドン五輪
2013年世界選手権(バルセロナ)
2014年パンパシフィック選手権(ゴールドコースト)
2014年W杯香港大会
2015年W杯コスメル・セトゥバル・バラトフレド大会
2015年W杯香港・アブダビ大会
2015年世界選手権(カザン)

主な戦績:
【競泳】
2004年日本選手権 1500m自由形 1位
2005年日本選手権 1500m自由形 2位
2005年ユニバーシアード 1500m自由形 5位
2005年東アジア大会 1500m自由形 銅メダル
2009年日本選手権 400m/800m/1500m自由形 2位
2009年ユニバーシアード 800m自由形 銀メダル
2009年ユニバーシアード 1500m自由形 金メダル
2010年日本選手権 800m/1500m自由形 2位
2010年パンパシフィック選手権 1500m自由形 7位
2010年W杯北京大会 800m自由形 銀メダル
2010年W杯東京大会 400m/800m自由形 銅メダル
2010年W杯シンガポール大会 400m自由形 銅メダル
2010年W杯シンガポール大会 800m自由形 銀メダル
【OWS】
2010年パンパシフィック選手権 10km 8位
2011年W杯セトゥバル大会 10km 7位
2011年世界選手権 10km 35位
2011年W杯香港大会 10km 4位
2012年ロンドン五輪 10km 13位
2013年世界選手権 10km 13位、25Km 8位
2014年パンパシフィック選手権 10km 5位
2015年W杯セトゥバル大会 10km 2位

『日本初の五輪OWSスイマー』
高校1年時、福岡で行われた世界選手権で初の代表入り。日本の第一線で戦う競泳のトップスイマーとしてキャリアを積んで来た。転機は2010年春。競泳競技でパンパシフィック選手権の出場権を得ると、OWS出場への道も開かれた。オリンピックという目標が出来ると、次第にOWSへとのめり込んで行く。パンパシでは経験不足から厳しい戦いを強いられたが、W杯出場、豪州武者修行を経て、競泳からOWSのトップスイマーへと転身を図り、ロンドン五輪への切符を勝ち獲り、日本初の五輪OWSスイマーとなった。その後、海外でのレース経験を積み、世界的にみてもOWS界のベテラン選手となった。2回目の五輪で更なる高みを目指す。

団長賞をいただきました

本日、橋本聖子団長より金メダルを獲得した萩野公介選手と金藤理絵選手に団長賞が授与されました。
CIMG0332

CIMG0341

また、チームを代表してメダリスト8名が記者会見を実施。
CIMG0366

その後、リオデジャネイロ在住の日本人の方々が主催するレセプションパーティーに出席させていただきました。会場で多くの方々に、祝福の言葉や、チームへの労いの言葉をいただき、多くの方々に応援していただた事を改めて実感します。
写真は、マラソンに出場した田中智美選手と。
CIMG0444


競泳競技は昨日で終了しましたが、リオデジャネイロオリンピックは21日まで続きます。引き続き『日本チーム』への応援よろしくお願いします!

明日は、女子10㎞マラソンスイミングに貴田裕美選手が出場します!!

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pachapo