TOBIUO JAPAN Journal

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

オリンピック競泳日本代表キャプテンが決定!

オリンピック代表合宿は最終日を迎えました!
昨日の講習会ではアテネ五輪800m自由形金メダリストの柴田亜衣氏にお越しいただき、選手時代のエピソードやオリンピック時のモチベーションの保ち方、レース中に考えていたことなどについてお話ししてくださいました。
IMG_6213


辛いこと、きついことがあってもネガティブに考えるのではなく常にポジティブな考え方をしていた所がとても印象的でした。
柴田さんは「キツイと思ったら終わり!」、そうきっぱりと代表選手に言っていました!その気持ちを持っていたからこそ、アテネ五輪の800m自由形ラスト100mの大逆転での金メダル獲得があったのではないかと思います。

アテネ五輪以降、女子自由形長距離のオリンピック個人派遣はありませんでしたが、先日の日本選手権で小堀選手・難波選手が見事に派遣記録を突破し、4大会ぶりのオリンピック出場となります!
柴田亜衣さん貴重なお話しをありがとうございました!!
IMG_6217




そして競泳日本代表のキャプテンは入江陵介選手に決定しました!
オリンピック4大会出場の大ベテランで最年長の入江選手がチームを引っ張ります!!
IMG_6220



東京オリンピックまであと99日、競泳競技まではあと100日となります。
100日の中でできることはたくさんあります。まずは体調管理を徹底し、各所属で強化をして欲しいと思います!!


GO!ニッポン!!
IMG_6214
*撮影時のみマスクを外しています。



東京オリンピック(競泳競技)まで.....あと100日







オリンピック(2020/東京) 第一次合宿

11日からスタートしたオリンピック代表第一次合宿は4日目となりました!
合宿期間中には水中練習時にリレーをおこなったり、ミーティングでは選手・コーチの自己紹介をしたりとコミュニケーションを深めています。
年齢幅も広いチームとなりますが、国際大会に多く出場している選手が積極的に初代表の選手に会話をする場面も多く見受けられ、良い雰囲気の中で一次合宿を行えているのではないかと思います。

IMG_6145


IMG_6141


IMG_6142


IMG_6143


IMG_6144




しかし、楽しいチームだけではいけません。オリンピック代表選手という自覚をさらに高める為に、JOCの上田氏をお招きしインテグリティ教育の講習会を実施しました。
代表選手としての役割、自分自身のあるべき姿、SNSの怖さについて実例をあげながらお話ししてくださいました。SNSが主流となった今、発信内容によってはポジティブに捉える人、そうでない人がいます。選手の皆さんにはその点をしっかり考慮して、双方がポジティブとなるような情報を発信して欲しいと思います。
IMG_6181



今日の講習会では、アテネ五輪800m自由形で金メダリストの柴田亜衣氏が選手へお話しをしてくださいます!
合宿も明日で最終日!!


東京オリンピック(競泳競技)まで.....あと101日








オリンピック(2020/東京) 代表選手が決定しました!

4月3日(土)~10日(土)に行われた日本選手権において、第32回オリンピック競技大会(2020/東京)の代表選手33名が決定しました!
大会翌日の今日からHPSCで第一次合宿が行われています。


合宿初日の講話では青木剛 会長をお招きし、選手たちは日本競泳界の歴史を学びました。
IMG_6135


IMG_6137


戦前戦後と過酷な状況の中でも長きに渡り、活躍してきた選手がいたからこそ今の競泳界があります。
その方たちの敬意と日本代表選手という自覚を持ち、これからの競泳界を盛り上げていって欲しいと思います。
チームとしてはスタートしたばかりです。初代表、初オリンピック出場の選手がたくさんいますので、お互いにコミュニケーションをとりながら15日まで合宿を行います。

GO!TEAM JAPAN!!
IMG_6140
※撮影時のみマスクを外しております。



第32回オリンピック競技大会 競泳日本代表派遣選手団名簿
https://swim.or.jp/committee_news/18102/


#JAPANSWIM2021 8日目決勝結果

東京五輪の代表選手選考を兼ねた第97回日本選手権水泳競技大会 競泳競技も、最終日となりました。選手たちは最後の瞬間まで、世界を目指して全力を尽くす泳ぎを見せてくれました!
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

男子50m自由形決勝は、スタートが得意な松井浩亮選手(新潟医療福祉大学職員)が頭ひとつ飛び出します。そこから塩浦慎理選手(イトマン東進)、中村克選手(イトマン東進)、難波暉選手(新東工業愛知/TYR)らが一気に追い込む。ラスト5mでスッと前に出て21秒97をマークして優勝したのは、中村選手でした。100mに続いて2冠達成です! 2位には難波選手が22秒02で、3位には松井選手が22秒04で入りました。



女子50m自由形は、浮き上がりからグングンスピードに乗る池江璃花子選手(ルネサンス/日本大学)が最後まで押し切って優勝! 24秒84で、準決勝で樹立した日本学生記録を更新する好タイムでした。
2位には大本里佳選手(ANAイトマン)が25秒00で入り、五十嵐千尋選手(T&G/JSS)が25秒07で3位となりました。



今大会最終種目となったのが、男子1500m自由形決勝。スタートから飛び出し、日本記録を上回る記録でペースを刻み続けたのが竹田涉瑚選手(オーエンス)でした。後半になるにつれて場内も徐々に拍手の音が大きくなっていきます。1000mをこえたところで疲れが見え始めるも、粘る竹田選手。ラスト50mで最後の力を振り絞ってスパート。キックを入れ、テンポを上げきってフィニッシュ。結果は14分55秒70で大会2連覇を達成しました!



この日は特種目の50m予選決勝も行われました。
女子50mバタフライは、池江選手が25秒56の日本学生新記録で優勝。これで池江選手は50m、100mの自由形とバタフライの4冠を果たしました! 男子50mバタフライでは、100mで2位だった川本武史選手(TOYOTA)が23秒17の日本新記録を樹立して優勝です!



女子50m背泳ぎは高橋美紀選手(林テレンプ)が28秒19で、男子50m背泳ぎでは入江陵介選手(イトマン東進)が24秒90でそれぞれ優勝。入江選手は今大会3冠です!





女子50m平泳ぎでは鈴木聡美選手が日本記録まであと0秒07に迫る30秒71で優勝。男子50m平泳ぎは、日本雄也選手(アクアティック/近大クラブ)が27秒30でそれぞれ優勝を飾りました!





4月3日から開幕したJAPAN SWIM。8日間にも及ぶ戦いにも終止符が打たれました。大会を通して樹立された新記録は、全部で12(うちタイ記録1)。
全力を出し切った選手たち。その経験は必ずや自分の将来につながっていくことでしょう。

8日間、選手たちへのご声援、ありがとうございました!

スタートリスト・リザルトはこちらです!

予選は日本水泳連盟公式YouTubeチャンネルで放送しています!

決勝はNHKで生中継! 放送予定はこちら!

#JAPANSWIM2021 7日目決勝結果

世界最高峰の舞台への第一歩、第97回日本選手権水泳競技大会 競泳競技。7日目の決勝競技が終了。この日も代表権を熾烈な争いが繰り広げられました!
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

男子100mバタフライ決勝は、準決勝で日本タイ記録を叩き出した川本武史選手(TOYOTA)が、50mの折り返しでは頭ひとつ抜け出す展開。
ターン後も川本選手がリードを保ちますが、徐々に水沼尚輝選手(新潟医療福祉大学職員)、松元克央選手(セントラルスポーツ)、小堀勇気選手(ミズノ)までが追い込んできます。ラスト10mで前に出て勝利を手にしたのは、水沼選手。51秒03で派遣標準記録を突破して優勝です!
2位はラスト少し失速したものの粘りを見せた川本選手が51秒25で入り、こちらも派遣標準記録を突破しました!





女子100m背泳ぎは、100mを制した小西杏奈選手(ガスワン/サイサン)が前半から攻めます。周囲を一気に引き離しにかかります。勝負のラスト50m。得意のバサロキックから浮き上がってスピードに乗る小西選手。最後までそのリードを保って2分09秒47で優勝。2冠達成です!



400mに続き、派遣標準記録の突破が期待された女子800m自由形決勝。400mで熱戦を演じた難波実夢選手(MGニッシン/近畿大学)と小堀倭加選手(セントラル戸塚/日本大学)に、佐藤千夏選手(スウィン大教/早稲田大学)も加わる三つ巴の戦いに。
最初に勝負が動いたのは500m。難波選手と小堀選手の二人が仕掛けて佐藤選手を引き離しにかかります。それでも二人の差は全くない状態。残り200mで先に小堀選手が仕掛けますが、難波選手も負けじと食らいつきます。最後まで全く差がつかない二人は、ほぼ同時にフィニッシュ。8分26秒61で優勝を勝ちとったのは難波選手でした。小堀選手は8分26秒67の2位。400mに続いて二人とも派遣標準記録を突破しました!





この日の準決勝は、男女の50m自由形。男子はスタートが得意な松井浩亮選手(新潟医療福祉大学職員)が22秒08でトップ通過。2位通過は坂井孝士郎選手(塚口SS)が22秒09で、中村克選手(イトマン東進)が22秒14の3番手で決勝に進出しています。
女子は池江璃花子選手(ルネサンス/日本大学)が24秒87の日本学生新記録を樹立して1位で決勝へ。大本里佳選手(ANAイトマン)、五十嵐千尋選手(T&G/JSS)と続き、ハイレベルな決着に期待です。



4月3日に開幕した今大会も、気づけば最終日。
残り1日、選手たちへのご声援をお願いします!

スタートリスト・リザルトはこちらです!

予選は日本水泳連盟公式YouTubeチャンネルで放送しています!

決勝はNHKで生中継! 放送予定はこちら!

月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pachapo