TOBIUO JAPAN Journal

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

全米選手権 前半戦終了

アメリカのオリンピック選考会は4日目が終了し、続々と代表選手が決定しています。
若手、ベテラン含めロンドン五輪とは違った顔ぶれが代表に名を連ねています。

DSC04678

【第1日目】
男子400m個人メドレー

昨年の世界選手権で3位に入ったChase Kalisz選手(22)が4:09.54で優勝。2位にはラストの自由形を57.38でカバーしてRyan Locthe選手(31)をかわしたJay Litherland選手(20)が4:11.02で入りました。ちなみにLitherland選手の母親は日本人で、日本語が喋れるようです。

男子400m自由形
ハイペースなレース展開となった400m自由形は、1500mも強いConnor Jaeger選手(25)が後半に強さを見せ3:43.79で優勝。Conor Dwyer(27)選手が3:44.66で2位となり代表権を獲得しました。

女子400m個人メドレー
世界選手権で同種目2位のMaya Dirado(23)選手が強さを見せ、4:33.73で優勝。ロンドン五輪でこの種目銀メダルを獲得しているElizabeth Beisel(23)選手が4:36.81で2位に入りました。

【第2日目】
女子100mバラフライ

3月のNCAAで短水路の全米記録を更新し勢いのあるKelsi Worrell選手(21)が56.48の自己ベストで優勝。ロンドン五輪金メダリストで2015年3月に第一子を授かり母親となったDana Vollmer選手(28)が57.21で見事代表チームへ返り咲きました。

男子100m平泳ぎ
準決勝で58.94の全米新記録を樹立したKevin Cordes選手(22)が59.18で優勝。Cody Miller選手(24)59.26で2位となりました。決勝では5人が59秒台。17歳のMichael Andrew選手も予選から59秒を3連発と健闘しました。

女子400m自由形
大本命のKatie Ledecky選手(19)が前半1:56.28の驚異的なペースで入り、3:58.98で優勝。2位のLeah Smith 選手(21)も4:00.65の好記録で泳ぎました。

【第3日目】
男子200m自由形

大接戦となった200m自由形、19歳の若手Townley Haas選手が1:45.66で優勝しました。2位には400m自由形で既に代表権を獲得しているConor Dwyer選手(27)が100分の1秒差の1:45.67で入りました。3位のJack Conger 選手(21)も1:45.77と好記録。Ryan Lochte選手(31)が1:46.62で4位に滑り込みました。

女子100m背泳ぎ
Olivia Smoliga選手(21)が59.02で優勝。2位にはKathleen Baker選手(19)が59.29で入りました。ロンドン五輪金メダリストのMissy Franklin選手(21)は7位に終わりました。

男子100m背泳ぎ
上位4名が52秒台とハイレベルな争いとなった100m背泳ぎでは、短水路全米記録保持者のRyan Murphy選手(20)が52.26で優勝。2013年の世界選手権銀メダリストDavid Plummer選手(30)が52.28で2位となり悲願の代表入り。ロンドン五輪金メダリストのMatt Grevers選手(31 )は3位となり代表権を逃しました。

女子100m平泳ぎ

昨年のユニバーシアードで、同種目銀メダルを獲得しているLilly King選手(19)が1:05.20まで記録を伸ばし初優勝。Katie Meili選手(25)が1:06.07で2位となりました。

【第4日目】
女子200m自由形

この種目でも、Katie Ledecky選手(19)が強さを見せ、1:54.88で優勝。2位にはMissy Franklin選手(21)が1:56.18で入りました。400mで代表権を獲得しているLeah Smith選手(21)が1:56.63で3位。ロンドンオリンピック金メダリストのAllison Schmitt選手(26)は1:56.72で4位となりました。

男子200mバタフライ
予選・準決勝・決勝と順当に記録を上げたMichael Phelps選手(30)が1:54.84で優勝し、5度目のオリンピック出場を決めました。次いで、Tom Shields選手(24)が1:55.81で初のオリンピック代表権を獲得。

女子200m個人メドレー

400mで優勝しているMaya Dirado選手(23)が2:09.54で200mでも優勝。昨年の世界選手権代表Melarie Margalis選手(24)が最後の自由形で3人をかわし2:10.11で2位に入りました。


大会結果はこちらから
U.S. Olympic Team Trials

リオデジャネイロ五輪 日本代表エントリー情報公開

第31回オリンピック競技大会(2016/リオデジャネイロ)競泳日本代表のエントリー種目が公開されました。

tobiuo


詳細は日本水泳連盟ホームページをご確認ください。
日本代表エントリー種目一覧

リオデジャネイロオリンピックまであと37日!

【OWS】今年の国体に向けて

今年より国民体育大会にオープンウォーター(OWS)競技が正式種目として加わりました。
OWSは競泳の泳力と、レース中に状況判断を行い自分自身で戦略を立てられる力が必要となる競技です。そのため、普段はプールでの泳力強化を行っています。レーンロープで区切られた競泳とは大きく異なるため、実戦のOWSレースに出場することで戦略を立てる能力を養います。
写真1


OWSのレースは各地で行われ、日本水泳連盟のHPにも、日本国内で行われる水泳連盟の認定大会が掲載されています。
OWS大会一覧

今回オリンピック出場権を獲得した平井康翔選手(朝日ネット)、貴田裕美選手(コナミスポーツ)も国内外問わず積極的にOWSレースに出場し、力をつけてきました。貴田選手はブラジルへ移動する前にも、中海OWSや国体リハーサル大会など3週連続でレースに出場しオリンピック本番に向けて調整を行います。

OWS競技自体まだまだ新しい競技の為、FINAでは新たにウェットスーツ着用のルールが適用される予定です。今回の国体でもウェットスーツの着用が試験的に認められる予定です。
OWS競技ウェットスーツ着用に関する規則

代表選手の取り組みも含め、引き続きOWSの情報も発信していきます!

【OWS】世界ジュニア選手権代表選手が強化を行っています

リオデジャネイロオリンピック前の7月16日~18日にオランダのホールンで開催される、世界ジュニアOWS選手権に日本のジュニア選手たちが出場します。

代表メンバーは競泳の練習もある中、海での練習も積極的に行っています。
福井県での練習の様子。
写真1


和歌山県での様子。
写真2


日曜日には鳥取県で開催された中海OWS大会に出場しました。
写真3


今大会日本選手団最年少の中村葵選手
写真4


宮本選手は見事3位になりました。
写真5


来週末も海での練習を行い、本番に備えます。
東京五輪での活躍が期待されるジュニアメンバーの応援も宜しくお願い致します!

世界ジュニア選手権日本代表選手団はこちら
OWS日本代表メンバー|世界ジュニア選手権

セッテコリ杯が終了しました!

セッテコリ杯が終了しました。

大会3日目に渡部香生子選手が200m平泳ぎで優勝!
長谷川純矢選手は専門種目外ですが50mバタフライで自己ベストを更新しました。
海外勢は、地元イタリアのFederica Pellegrini選手が女子200m自由形で1:54.55の好記録で泳いでいます!

c71ae832da6446719338d72370ebcf18_M
(写真:大会HPより)

【2日目】
女子50m平泳ぎ

渡部香生子(JSS立石/早稲田大学) 31.93 B決勝②

【3日目】
男子50mバラフライ

長谷川純矢(ミキハウス) 24.13 ⑥

女子200m平泳ぎ
渡部香生子(JSS立石/早稲田大学) 2:24.20 ①

男子100m自由形
塩浦慎理(イトマン東進) 49.92 ⑧

渡部選手はスペイン・グラナダへ移動し、オリンピック本番まで高地合宿を行います。塩浦慎理選手と長谷川純矢選手は帰国し、国内にて最終強化を行います。
image

大会結果はこちらから
LIII Trofeo Internazionale Sette Colli

リオデジャネイロオリンピックまであと39日!

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pachapo
  • ライブドアブログ