TOBIUO JAPAN Journal

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

#日本選手権25m 2日目決勝結果

初日に新記録が5つ誕生した第63回日本選手権(25m)水泳競技大会。2日目には2個の新記録が樹立されました!

男子50m平泳ぎでは、まさに日本最速決定戦にふさわしいスピードレースが展開され、小関也朱篤選手(自衛隊)が25秒91の短水路日本新記録を樹立して優勝しました!



女子100m自由形では、最後の競り合いを制した五十嵐千尋選手(T&G)が52秒84の好タイムで優勝! 男子の同種目は50mの折り返しからスルスルと前に出た中村克選手(イトマン東進)が46秒49で優勝を飾りました。





女子50m平泳ぎでは、青木玲緒樹選手(ミズノ)がただひとり30秒を切る29秒92で優勝です。



女子100m背泳ぎは、高橋美紀選手(林テレンプ)が初日に2種目を制した勢いそのままに、この種目でも57秒73で制して3冠です! 男子は入江陵介選手(イトマン東進)が、日本記録にあと100分の1秒と迫る49秒66の好記録をマークして優勝。入江選手は200mと合わせてこれで2冠です!





女子200m個人メドレーは、東京五輪代表の大本里佳選手(ANA)が安定した泳ぎを披露して2分08秒59で制しました。男子の同種目は、序盤から抜け出した瀬戸大也選手(TEAM DAIYA)が1分52秒93で優勝し、昨日優勝した2種目と合わせて、個人メドレー3冠達成です!





女子100mバタフライは、50mを制した相馬あい選手(ミキハウス)がそのスピードを生かしてこの種目も56秒68で優勝です! 男子は横一線の展開でしたが、ラスト25mのターンでグッと前に出た水沼尚輝選手(新潟医療福祉大学職員)が49秒55で優勝し、昨日の50mと合わせて2冠を果たしました。また、2位の田中優弥選手(新潟医療福祉大学職員)、3位の川本武史選手(TOYOTA)も49秒台と、ハイレベルな争いを見せてくれました。





初日に200mと800mを制した難波実夢選手(MGニッシン/近畿大学)が、女子400m自由形も中盤から強さを見せて3分59秒47と、日本記録にあと100分の6秒に迫る好記録で優勝を飾りました! 難波選手はこれで3冠となりました。また、同レースで4位ながら、4分04秒93で泳いだ中学生3年生の竹澤瑠珂選手(東京SC/武蔵野中学)が短水路日本中学新記録を樹立しました!





男子400m自由形は激しく順位が入れ替わる展開。スタートから飛び出した江原騎士選手(SWANS/フィッツ)に対し、中盤でトップに立ったのは竹田涉瑚選手(オーエンス)。その竹田選手をラスト50mで抜いて優勝をさらったのが、200mを制した松元克央選手(セントラルスポーツ)でした。記録は3分39秒54。竹田選手は3分40秒05で2位となりました。



女子200m平泳ぎでは、渡部香生子選手が2分19秒51で優勝を果たし、今大会3冠を達成しました! 男子200m平泳ぎでは、今シーズン飛躍的に記録を伸ばしてきている武良竜也選手(ミキハウス)が2分03秒37で優勝を飾りました!





たった2日間でしたが、新記録は合計7個誕生する素晴らしいレースが続きました。

そして難波選手と日本雄也選手(アクアティック/近大クラブ)に、今大会で最も高いFINAポイントを獲得した選手に贈られるJOC杯が贈られました。




これからも目標に向けて頑張り続ける選手たちへのご声援をお願いします!

スタートリスト・リザルトはこちらです!

予選、決勝ともに日本水泳連盟公式YouTubeチャンネルで放送しています!

#日本選手権25m 1日目決勝結果

学生たちの熱戦が繰り広げられた東京辰巳国際水泳場で、今回は25mの短水路で行われる第63回日本選手権(25m)水泳競技大会が開幕! 初日から新記録が5も誕生しました!

タイムレース決勝で行われた男子1500m自由形。スタートからレースを牽引していた竹田涉瑚選手(オーエンス)が、日本記録を大幅に上回るペースを刻み続けます。後半に入って徐々に日本記録との差がなくなっていきますが、ラスト100mでスパートをかけて、14分30秒88の短水路日本新記録で優勝を果たしました!



さらにこの日最後の男子100m平泳ぎの決勝では、従来の記録を0秒34も更新する55秒77で、日本雄也選手(アクアティック/近大クラブ)が優勝。ガッツポーズで歓声に応えました。



女子400m個人メドレーでは、全国中学で活躍した中学生の中嶋碧選手(ナントSC)と成田実生選手(金町SC)が素晴らしい泳ぎを披露。前半のバタフライから飛び出した中嶋選手を追うように、成田選手が続きます。その後徐々に順位を上げていった成田選手が平泳ぎでトップに立ち、そのまま逃げ切り4分30秒83の短水路日本中学新記録を樹立して優勝を飾りました!



女子200mバタフライは、先週の日本学生選手権を制した林希菜選手(イトマン/同志社大学)が今大会も好調を維持。2分03秒55の短水路日本学生新記録で優勝です!



女子50mバタフライは、相馬あい選手(ミキハウス)が日本記録に迫る25秒07の好記録で優勝。そして、2位に入った山本茉由佳選手(ルネサンス/日本大学)が、25秒55の短水路日本学生新記録を樹立しました!





この日、1日で100mと400mの個人メドレーと200mバタフライの3種目に出場した瀬戸大也選手(TEAM DAIYA)は、200mバタフライは本多灯選手(ATSC.YW/日本大学)に優勝を譲りましたが、100m個人メドレーは51秒96で、400m個人メドレーでは4分00秒49でそれぞれ優勝を果たして2冠を達成しました。



男子200mバタフライの本多選手は、ひとりだけ1分50秒を切る、1分49秒84のこちらも好タイムをマークしての優勝でした。



女子100m個人メドレーを58秒44、女子100m平泳ぎを1分04秒53で制して2冠を果たしたのは渡部香生子選手((株)USM)でした。また、高橋美紀選手(林テレンプ)は女子50m背泳ぎを26秒55で制した勢いそのままに、女子50m自由形も24秒22で制してこちらも2冠です!



女子200m自由形を1分55秒42で優勝した難波実夢選手(MGニッシン/近畿大学)は、タイムレース決勝の女子800m自由形も終始リードを守り切って8分15秒47で優勝を果たしました。



男子200m自由形では、松元克央選手(セントラルスポーツ)が1分42秒33で、2位以下に2秒近くの差を付ける快泳を見せて優勝。



男子50m背泳ぎは古賀淳也選手(スウィンSS)が23秒16で、男子50mバタフライは水沼尚輝選手(新潟医療福祉大学職員)が22秒40と、ライバルの川本武史選手(TOYOTA)との勝負を100分の2秒差で制して優勝です。





男子50m自由形は、得意なスタートから一気に抜け出した松井浩亮選手(新潟医療福祉大学職員)が21秒18で優勝を果たし、女子200m背泳ぎは赤瀬紗也香選手(ANAAS/JSS)が2分04秒72で制しました。





男子200m背泳ぎは内藤良太選手(八州電業社/スウィン大宮)と最後まで接戦を演じ、ラスト25mで逆転した入江陵介選手(イトマン東進)が1分49秒82で優勝。内藤選手も1分49秒93の好タイムをマークして2位に入りました!



たった2日間の今大会。最終日も新記録の誕生を期待しましょう!
全力を尽くして泳ぐ選手たちへのご声援をお願いいたします!

スタートリスト・リザルトはこちらです!

予選、決勝ともに日本水泳連盟公式YouTubeチャンネルで放送しています!

2021年度強化コーチ会議

2021年度強化コーチ会議が10月11日にオンラインにて開催されました。
梅原新委員長の元、2024年のパリオリンピックに向けて、どのような強化方針で行くかが
伝えられ、2021年度下期の強化施策や2022年度の選考方法についても説明がありました。


水泳連盟のHPにも、2022年選考方法が掲載されておりますので、
ぜひ、ご確認ください。


2022年度選手選考方法


2021年度インターナショナル・ナショナル選手標準記録突破者リスト

#インカレ2021 4日目決勝結果

連日熱い戦いが繰り広げられてきたインカレ2021も、とうとう最終日を迎えました。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

女子400m個人メドレーは、バタフライから飛び出した柏崎清花選手(法政大学)が4分40秒82で先行逃げ切りで優勝。満足いく結果で最後のインカレを笑顔で終えました。



男子400m個人メドレーには、井狩裕貴選手(近畿大学)と本多灯選手(日本大学)の東京五輪代表選手ふたりが出場。しかし、そのふたりを下して優勝したのは1年生の田渕海斗選手(明治大学)でした。最後の自由形で逆転し、本多選手の追撃を振り切って4分11秒80の自己ベストを更新して優勝を果たしました!



女子100m自由形は、後半にスルスルと抜け出してきた神野ゆめ選手(中京大学)が、1年生ながら54秒91の自己ベストで優勝しました!



男子100m自由形は、最後まで横一線の展開に。最後は持ち味の後半を生かして勝負した、という関海哉選手(日本大学)が、7レーンから49秒18で逆転での優勝を果たしました。



女子100m背泳ぎでは1分01秒28で秀野由光選手(神奈川大学)が、誰が勝ってもおかしくないこのレースをタッチ差で制しました。



男子100m背泳ぎは、200mを制して勢いに乗っていた近畿大学の井野竜佳選手が、目標としていた54秒台をマークする、54秒53で優勝して2冠達成です!



女子200m平泳ぎでは、100mを自己ベストで制した宮坂倖乃選手(明治大学)が、こちらも2分24秒04の自己ベストをマーク。自身も納得の泳ぎで優勝して今大会2冠を飾りました!



男子200m平泳ぎでは、佐藤翔馬選手と深沢大和選手の慶應義塾大学コンビが大活躍。100mでもワンツーフィニッシュでしたが、こちらでも佐藤選手が2分08秒46、深沢選手が2分09秒21でワンツーフィニッシュを飾りました!



今大会を締めくくる、4×200mリレー。
女子は抜きつ抜かれつ、日本大学と早稲田大学が接戦を演じます。最後はアンカーの池江璃花子選手(日本大学)が1分58秒54のラップタイムをマークして早稲田大学を引き離してフィニッシュ。第1泳者の小堀倭加選手(日本大学)が、200m自由形の優勝タイムを上回る1分58秒70という好タイムをマークしていたことも加わり、日本大学が8分00秒49の大会新記録を樹立して優勝しました!



男子は第1泳者の眞野秀成選手(日本大学)がトップで引き継ぎ、尾﨑健太選手、本多灯選手(共に日本大学)がそれぞれつないで、最終泳者の吉田啓祐選手へ。その吉田選手も安定した泳ぎを見せて、終始危なげないレースを展開した日本大学が7分15秒22で優勝を果たし、フリーリレー2種目ともに男女アベック優勝を飾りました!



男子総合優勝は、491.5点で日本大学が2年ぶりに王座奪還。女子総合優勝は361.0点で昨年に続き神奈川大学が優勝して2連覇を成し遂げました。



4日間にも及ぶ熱戦を繰り広げた選手たちへのあたたかいご声援、ありがとうございました!

総合成績はこちらから!

スタートリスト・リザルトはこちらです!

予選は日本水泳連盟公式YouTubeチャンネルで放送しています!

決勝はジャパンオープン2021はCSテレ朝チャンネル・ABEMAで! 放送予定やABEMAのリンクはこちらからどうぞ!

#インカレ2021 3日目決勝結果

大学生スイマーたちが躍動するインカレ2021。3日目が終了し、レースも、学校対抗戦も熱い戦いが続いています。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

3日目の決勝は女子200m自由形からスタート。
1レーンでスタートから飛び出したのは白井璃緒選手(東洋大学)。前半に奪った1秒以上のアドバンテージを生かし、そのまま逃げ切って1分59秒94でこの種目4連覇を成し遂げました!



4人が横並びでラスト50mの勝負となった男子200m自由形では、吉田啓祐選手(日本大学)が逆転で1分48秒42で優勝。2位は1分48秒62で石崎慶祐選手(日本大学)が入り日本大学がワンツーフィニッシュ。3位に田中大寛選手(早稲田大学)が1分48秒81で入りました。



女子100mバタフライでは、池江璃花子選手(日本大学)が前半をただひとり26秒台で折り返します。そのまま逃げ切るかと思われましたが、ラスト15mで猛追してきたのが飯塚千遥選手(筑波大学)。ふたりがなだれ込んでフィニッシュ。結果は100分の1秒差で飯塚選手が逆転勝利。記録は58秒62でした。池江選手は58秒63の2位に、3位には長谷川涼香選手(日本大学)が58秒71で入りました。



男子100mバタフライは田中大貴選手(山梨学院大学)が23秒86のトップで折り返し、そのまま逃げ切って大会記録に迫る51秒13の自己ベストで初優勝を飾りました!



女子200m個人メドレーは、前半のスピードを生かして1分01秒05で100mを折り返した松本信歩選手(早稲田大学)が逃げ切って2分11秒43で優勝。1年生ながら上級生を抑えての快泳でした!



男子200m個人メドレーは、宮本一平選手(法政大学)が1分58秒54で優勝。本命は400mとしながらも、大学4年生で意地の初優勝を勝ち取りました!



女子800m自由形と男子1500m自由形はタイムレース決勝。女子は、400mに続いて小堀倭加選手(日本大学)と難波実夢選手(近畿大学)のふたりがレースを牽引。700mをターンしたところで小堀選手がスピードを上げますが、ラスト50mでキックを入れてギアを上げた難波選手が逃げ切り、8分32秒53で優勝。小堀選手は8分34秒15の2位となりました。



男子は井本一輝選手(中央大学)が、スタートから日本記録を3秒近く上回るハイペースを刻みます。ペースが落ち着き始めた中盤になって、スルスルと上がってきて1000mで逆転したのが尾﨑健太選手(日本大学)。そのまま安定したペースを刻み、15分13秒08で初優勝を果たしました! 井本選手は後半も粘り、15分14秒75の2位に入っています。



女子4×100mメドレーリレーでは、又木愛紗選手、一戸真央選手、そして西村麻亜選手の3人でつないだ300mの時点でリードを奪った日本体育大学が、アンカーの森菜々子選手が他校の追撃から逃げ切って4分04秒55で優勝! 日本体育大学を追いかけた東洋大学と明治大学が、4分04秒70で同着で2位となりました。



男子4×100メドレーリレーでは、逃げる東洋大学が300mの時点で2位以下に2秒以上の差を付けており、体勢は決したかと思われましたが、最後の自由形で日本大学の関海哉選手が猛追。最後の最後、残り5mで並んだふたりはほぼ同時にタッチ。結果は、日本大学が逆転勝利。日本大学の記録が3分35秒50、2位となった東洋大学の記録は3分35秒53と、その差はたった100分の3秒でした。



名勝負が多く見られた3日目。最終日もきっと熱い戦いを見せてくれることでしょう! 最後まで戦い抜く選手たちへのご声援をお願いします!

スタートリスト・リザルトはこちらです!

予選は日本水泳連盟公式YouTubeチャンネルで放送しています!

決勝はジャパンオープン2021はCSテレ朝チャンネル・ABEMAで! 放送予定やABEMAのリンクはこちらからどうぞ!

月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pachapo