TOBIUO JAPAN Journal

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

#インカレ2021 2日目決勝結果

7日に開幕した学生水泳選手たちの祭典、インカレ2021の2日目が終了! この日は大会記録が誕生しています!
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

最初の決勝種目だった女子の400m自由形。東京五輪代表の小堀倭加選手(日本大学)と難波実夢選手(近畿大学)が終始レースを引っ張ります。
最後、前に出ていた小堀選手のスパートについていく難波選手。ラストはふたり並んでタッチ。結果はなんと4分07秒96の大会新記録で同着優勝。驚きの表情とともに、ふたりで喜びを分かち合いました。



男子400m自由形では、吉田啓祐選手(日本大学)が前半から攻めます。後半に入って黒川紫唯選手(近畿大学)が追い上げていきますが、0秒40差で吉田選手が逃げ切り、3分48秒40で2年ぶりの優勝を飾りました。



女子200mバタフライは前半からリードを奪った林希菜選手(近畿大学)が、そのまま逃げ切って2分06分91の好記録で初優勝を果たします。



男子200mバタフライでは、東京五輪で同種目銀メダルを獲得した本多灯選手(日本大学)が、実力そのままに1分54秒45で2連覇。田中大貴選手(山梨学院大学)も追い上げましたが、0秒1届かずの1分54秒55の2位となりました。



女子200m背泳ぎは「後半の強みを生かせた」と又木愛紗選手(日本体育大学)が、2分12秒45で初優勝を果たします。



男子200m背泳ぎでは井野竜佳選手(近畿大学)が1分58秒19で、1年生時に制したとき以来となる優勝を飾って喜びを爆発させました。



女子100m平泳ぎは、前半から得意なスピードを生かして抜け出した宮坂倖乃選手(明治大学)が1分06秒73の自己ベストをマークして優勝を果たします。



男子100m平泳ぎは、東京五輪代表の佐藤翔馬選手(慶應義塾大学)が、ただひとり1分を切る59秒58と、大会記録に100分の3秒に迫る記録で2連覇を飾りました。



この日の最終種目となったのは、男女の4×100mリレー。
女子はスタートからリードを奪った中京大学、早稲田大学を第3泳者の池江璃花子選手が逆転し、アンカーの持田早智選手がそのまま逃げ切って3分40秒28で日本大学が3年ぶりに優勝しました。



男子はトップが頻繁に入れ替わる接戦に。最後はアンカーを務めた東京五輪代表の関海哉選手が逆転し、3分17秒02で日本大学が優勝です。



総合優勝争いも激しさが増してきました。全力を尽くして泳ぐ選手たちへのご声援をお願いいたします!

スタートリスト・リザルトはこちらです!

予選は日本水泳連盟公式YouTubeチャンネルで放送しています!

決勝はジャパンオープン2021はCSテレ朝チャンネル・ABEMAで! 放送予定やABEMAのリンクはこちらからどうぞ!

#インカレ2021 1日目決勝結果

熱い夏も終わりに近づきましたが、辰巳国際水泳場ではまだまだ熱い戦いが続いています! 10月7日(木)から、大学生たちが1年に一度、自分のために、チームのために死力を尽くして戦う第97回日本学生選手権水泳競技大会 競泳競技(インカレ2021)が開幕しました!
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

初日は男女の50m自由形のみ行われました。

女子の50m自由形では日本大学が表彰台を独占。25秒02で優勝したのは池江璃花子選手(日本大学)。初優勝に喜んでいた次の瞬間には、2位に25秒16で山本茉由佳選手、3位に持田早智選手(共に日本大学)が25秒22で入ったのを知り、みんなで喜びを分かち合いました。



男子50m自由形では、初優勝を狙う東京五輪代表の関海哉選手(日本大学)と大会3連覇を狙う川根正大選手(中央大学)が接戦を繰り広げます。勝ったのは後半スルスルと抜け出した川根選手が22秒25で優勝して、3連覇を達成。関選手は22秒41で2位、3位には22秒51で今野太介選手(早稲田大学)が入りました。



大会2日目から、本格的なチーム戦がスタート。どのレースも見逃せない戦いになることでしょう!
全力を尽くして泳ぐ選手たちへのご声援をお願いいたします!

スタートリスト・リザルトはこちらです!

予選は日本水泳連盟公式YouTubeチャンネルで放送しています!

決勝はジャパンオープン2021はCSテレ朝チャンネル・ABEMAで! 放送予定やABEMAのリンクはこちらからどうぞ!

【日本新更新!】女子4×50mフリーリレー

相模原市で行われているサマーチャレンジ記録会は本日2日目を迎えました。
昨日4×50mフリーリレーで男女ともに日本新記録を樹立し、女子は今日も同じメンバー、同じ泳順でリレーに出場しました。

昨日のタイムを0秒15更新となる、1分39秒67で2日連続の日本新記録となりました!!
日本新記録更新おめでとう☆

*左から五十嵐選手・池江選手・酒井選手・大本選手
A5621928-F8F7-4027-B629-996D33577E0E



今大会で4名の選手が自己ベストを更新!
<自己ベスト更新者>
◯本多灯 選手:200mバタフライ(1:54.23)
◯小堀倭加 選手:50m自由形(0:26.73)
         100m自由形(0:56.57)
◯増田葵 選手:100m自由形(0:56.33)
◯五十嵐千尋 選手:50m自由形(0:24.98)*リレー第1泳者



7月4日の今日は……
池江璃花子選手の21歳のお誕生日です!
お誕生日おめでとう!!!
4C6AB853-FDB6-4A3C-AC09-4AA2BA970500



今大会では相模原市水泳協会の皆様をはじめ、たくさんのスタッフのご協力とご尽力があり大会出場をすることができました。コロナ感染対策も徹底され、スムーズな競技進行とたくさんのおもてなしで日本新記録も樹立することができました。関係者の皆さん、本当にありがとうございました。


オリンピック開幕まで20日をきりました。代表選手たちは体調には十分に気をつけて本番で最高のパフォーマンスを発揮できるよう、残りの日々を過ごして欲しいと思います。



東京オリンピック(競泳競技)まで…あと20日




【男女で日本新!】4×50mフリーリレー

7月2日(土)~3日(日)にさがみはらグリーンプールで行われている、サマーチャレンジ記録会に一部の代表選手が出場しています。

大会初日の今日は4×50mフリーリレーで男女揃って日本新記録を樹立しました!
男女ともに2019年オーストラリアシドニー大会以来の2年ぶりの更新となります!!

<女子>
日本新記録▷ 1-39-82
1泳:五十嵐千尋 選手
2泳:池江璃花子 選手
3泳:酒井夏海 選手
4泳:大本里佳 選手
C2BFA70A-FD66-491D-8AE3-291F768720A1
*第1泳者、五十嵐選手の記録24-98は自己ベストでした!


<男子>
日本新記録▷ 1-27-48
1泳:塩浦慎理 選手
2泳:難波暉 選手
3泳:関海哉 選手
4泳:中村克 選手
60673F17-7A3F-480B-8E6E-38F86B623B60



そして今日7月3日は……
武良竜也選手の25歳の誕生日です☆
相模原市水泳協会様のご厚意で電光掲示板にメッセージをいただきました!
武良選手おめでとう!!
51DDC418-4CE1-4D04-A90F-BD3706CAF88A


明日も大会は続きます。
引き続き選手らの応援を宜しくお願いします!
Go!JAPAN!!


東京オリンピック(競泳競技)まで.....あと21日


#JAPANOPEN2021 4日目決勝結果

6月3日からスタートしたジャパンオープン2021も最終日! 最後まで選手たちは力泳を見せてくれました。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

女子50m自由形では五十嵐千尋選手(JAPAN)が好調を維持して25秒13で優勝。これで今大会3冠を飾りました! 大本里佳選手(JAPAN)は25秒39の3位となっています。



男子50m自由形には4人のチームJAPANが出場し、塩浦慎理選手(JAPAN)が22秒11の2位に入りました!
中村克選手(JAPAN)が22秒41の4位、松元克央選手(JAPAN)は22秒48の5位、そして難波暉選手(JAPAN)が22秒51の6位という結果となりました。



女子200m背泳ぎでは、50m、100mに続いて小西杏奈選手(JAPAN)がスピードを生かしたレースを展開し、2分11秒60で優勝を果たしました! 小西選手は今大会3冠達成です! 3位には2分12秒21で小堀倭加選手(JAPAN)が入り、大橋悠依選手(JAPAN)が2分12秒30で4位となっています。



男子200m背泳ぎは入江陵介選手(JAPAN)がさすがの安定感を発揮。疲労があるなかでも1分55秒97をマークして優勝です。2位には萩野公介選手(JAPAN)が1分56秒62で、3位には砂間敬太選手(JAPAN)が1分56秒85で入りました。



女子100mバタフライは、伸びやかな泳ぎを見せた池江璃花子選手(JAPAN)が58秒03で優勝! 2位には長谷川涼香選手(JAPAN)が58秒59で入りました。寺村美穂選手(JAPAN)は専門外ながら59秒81をマークして8位となりました。



男子100mバタフライでは予選からハイレベルな記録を叩き出した水沼尚輝選手(JAPAN)が51秒17で優勝! 川本武史選手(JAPAN)も手応えを掴める52秒48の6位となっています。



女子200m平泳ぎは渡部香生子選手(JAPAN)と青木玲緒樹選手(JAPAN)が好レースを展開。結果、渡辺選手が2分24秒61で優勝し、青木選手は2分25秒18の2位となりました。



そして今大会を締めくくる男子200m平泳ぎ決勝。佐藤翔馬選手(JAPAN)が最初からレースをリード。後半疲れがでましたが、粘りの泳ぎで2分08秒32で優勝です! 武良竜也選手(JAPAN)は2分10秒85で3位に入りました。



4日間全力を出し切った選手たちへのご声援、ありがとうございました!
トビウオジャパンは、いよいよ東京五輪に向かいます! 引き続き、世界に向かって泳ぐ選手たちへの応援をお願いします!

スタートリスト・リザルトはこちらです!

日本水泳連盟公式YouTubeチャンネルはこちらです!

決勝競技はジャパンオープン2021はCSテレ朝チャンネル・ABEMAで! 放送予定やABEMAのリンクはこちらからどうぞ!

月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pachapo