TOBIUO JAPAN Journal

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

#FINA World Swimming Championships (25m) 2018 in Hangzhou 4日目決勝結果

11日に開幕したFINA World Swimming Championships (25m) 2018(中国・杭州)も、後半戦となる4日目の競技が終了しました。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

この日最初の決勝種目は、男子4×50mリレー。メンバーは予選と同じでしたが、中村克選手と松井浩亮選手の泳順を入れ替えて臨みました。

第1泳者の中村選手は21秒16の短水路アジア新記録、日本新記録でスタートし、松井選手も勢いに乗って21秒01で引き継ぎます。第3泳者の川本武史選手も21秒06、そしてアンカーを務めた関海哉選手も21秒46の好タイムでフィニッシュ。予選よりもタイムを上げて、1分24秒69の6位入賞を果たしました!


200mに続くメダル獲得を目指した、男子100m個人メドレー決勝の藤森太将選手。周囲の選手たちとともにスタートから一気にスピードに乗るレース展開を見せ、51秒53で3位! ふたつ目の銅メダルを獲得しました!


「自己ベストを出すことができなくて、少しふがいない結果に終わってしまったかなと思っています。周囲のスピードに、少し焦って力んでしまったのはありました。でも、最低限メダルを獲れたことはうれしいです」(藤森選手)


女子100m個人メドレーには、お互いに自己ベストで決勝に進んだ今井月選手と大本里佳選手の二人が登場。得意な平泳ぎでするすると2番手に上がってきた今井選手は、そのまま自由形でも順位を落とすことなく泳ぎ切り、57秒85の自己ベストで銀メダル獲得です!


「メダルを狙いにいって獲れたレースだったので良かったんですけど、日本記録を出したかったので、ちょっと悔しさが残るレースでした。世界試合での表彰式ははじめてなのですごく気持ち良かったですし、やっぱり真ん中に乗ってみたいなって思いました」(今井選手)


大本選手は59秒18の8位入賞。「決勝で戦えたことはプラスになりますし、明日の200mに向けた自信にもなりました」と明日の200m個人メドレーに気持ちを切り替えていました。


この日、トビウオジャパンが決勝を懸けて戦った準決勝種目は3つ。
男子50mバタフライ準決勝は、安江貴哉選手が日本記録に迫る22秒52の4位で、川本選手は22秒74の7位でそれぞれ決勝進出!


女子50m背泳ぎの竹村幸選手は26秒31の全体4位で決勝に進み、「明日はもともと目標にしていた25秒台を狙って、1本決めて行きたい」と決勝の抱負を力強く話してくれました。


女子100m平泳ぎでは、渡部香生子選手が1分05秒09で自己ベストに迫る泳ぎを見せて8位決勝進出を決めています。泳ぎの感覚も良く「必ずベストを出して、少しでも順位を上げられるように精一杯頑張りたいと思います」と決勝に向けた意気込みを話してくれました。


メダルを獲得して勢いに乗りたい今井選手でしたが、1分06秒22の位でこちらは惜しくも準決勝敗退です。


4日目にも短水路日本新記録が1つ誕生し、新記録は全部で15(世界記録1、日本記録14(うちタイ記録2))となりました。


勢いに乗ってどんどん記録を更新するトビウオジャパンへのトビウオジャパンへのご声援、よろしくお願いします!

スタートリスト・リザルトはこちらから!

ナショナル合宿(女子) 三役激励訪問

ナショナル合宿は3日目を迎えました。今日は気温は低いですが、晴天で富士山はとてもきれいに見ることができました。

ABF70CB6-0D33-4EE4-99D9-1DF1AC6ED338



素晴らしい景色のもとで朝は体操を行っています!
54B1F2CE-838E-4649-8062-D136672D4133



昨日は全員に配布をしたトレーナーBOOKを利用し、トレーナー講習(実技)をおこないました。
C7C2C263-9F0E-4B39-8FB7-A1CFD0F0EE9E


B03E1729-3E34-42D1-9863-9130345EE638


405188F1-2DCD-45F8-99FE-0FC2709C71B5


昼食は皆で食べます!!
7F409239-897C-4D5D-B377-3CC62FD69596


12510C7A-0F76-4CCF-A5EA-19EB846D2613


8D555868-4129-41DF-B310-CB7AC4D7B748


E3DD739C-05C4-4CF9-88C6-3033DB38A12A



ジャージや水着を提供くださっているアシックスジャパン(株)の方がお見えになりました!
F21970D8-97F1-4224-961A-CE0926CD167C




そして(公財)日本水泳連盟からは青木剛会長、泉副会長、坂元専務
(一社)静岡県水泳連盟からは鳥居会長
富士市からは森田副市長、スポーツ振興課の杉山さんが合宿の激励訪問してくださり、選手へお言葉をいただきました。また静岡県水泳連盟からは選手へいちごを、富士市からは静岡みかんの差し入れをいただきました。本当にありがとうございます!!!


(公財)日本水泳連盟 青木剛会長
E2C79CBC-4FF9-41A8-8DDC-76670F7B36FB


(一社)静岡県水泳連盟 鳥居会長
5CAC3017-F181-4BAC-BDC1-E31861C739B3


森田副市長
BB0360D3-E72C-451B-9719-3F8DFBB7C08A


いただいた静岡ブランドのいちご「紅ほっぺ」と静岡みかん
79B40A04-02B5-4FFA-BC91-9059763911F9


7C05D094-9513-41DB-BF63-6C97BE6480F3


夕食時に美味しくいただきました!!

さまざまな協力があっての合宿です。感謝の気持ちを忘れず、トレーニングに励んでほしいと思います!!



#FINA World Swimming Championships (25m) 2018 in Hangzhou 4日目予選結果

短水路世界一決定戦、第14回FINA World Swimming Championships (25m) 2018(中国・杭州)の4日目の予選が終了しました。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

男子4×50mリレーからスタートした4日目。松井浩亮選手、中村克選手、関海哉選手、そして川本武史選手のメンバーで予選に挑みました。松井選手は21秒41、中村選手が21秒00、席選手は22秒01で、川本選手が21秒40でそれぞれ泳ぎ、1分25秒82のトータル7位で決勝進出です。

女子50m背泳ぎでは、竹村幸選手が26秒53の6位で準決勝に進出。諸貫瑛美選手は27秒50の24位という結果となりました。


男子50mバタフライには、川本選手と安江貴哉選手が出場。安江選手は22秒78の5位で、川本選手はリレー直後のレースではありましたが22秒83の9位で、それぞれ準決勝へ駒を進めました。


女子100m平泳ぎは、今大会最初のレースを迎えた渡部香生子選手が1分05秒62の10位で、今井月選手が1分06秒35の16位で、こちらもそれぞれ順当に準決勝に進んでいます。

吉田冬優選手、竹内智哉選手、瀬戸大也選手、藤森太将選手の4人で挑んだ男子4×200mリレー。吉田選手が1分46秒15でスタートし、竹内選手がそれを1分45秒62で引き継ぎます。瀬戸選手が1分44秒56、そしてアンカーの藤森選手が1分46秒32のトータル7分02秒65でフィニッシュ。全体の9位で惜しくも決勝進出を逃しました。

女子400m自由形は、800mで8位入賞を果たした後藤真由子選手が4分06秒81の15位、五十嵐千尋選手が4分06秒21の14位という結果でした。


午後の準決勝、決勝競技には、この日の予選を勝ち抜いた男子4×50mリレー、竹村選手、川本選手、安江選手、そして渡部選手らが登場。さらに男子100m個人メドレー決勝に藤森選手、女子100m個人メドレーには大本里佳選手と、100m平泳ぎの準決勝にも出場する今井選手が出場します!



準決勝、決勝競技は現地時間の19時、日本時間の20時からスタートです!

世界のトップアスリートたちとしのぎを削るトビウオジャパンへのご声援、よろしくお願いします!


スタートリスト・リザルトはこちらから!

#FINA World Swimming Championships (25m) 2018 in Hangzhou 3日目決勝結果

11日に開幕したFINA World Swimming Championships (25m) 2018(中国・杭州)も、3日目の競技が終了しました。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

連日好記録をマークするトビウオジャパン。この日も世界の舞台で自分たちの力をしっかりと出し切るレースを披露してくれました!


男子200m平泳ぎの決勝で、小関也朱篤選手は前半から積極的に飛ばすKirill Prigoda(ロシア)に並んで、世界記録を上回る58秒22で折り返します。後半も持ち味の大きな泳ぎをキープして2分02秒18の4位入賞を果たしました。


「メダルを狙ったレースでの4位だったので、この結果をしっかり受け止めたいと思っていますし、長水路のレースで挽回したい気持ちになりました。まだ大会は終わっていないので、頭を切り換えて残りの種目に臨みます」(小関選手)

さらに男子100mバタフライでは川本武史選手が前半から積極的に攻めて、50mを日本記録よりも速い23秒16で折り返します。後半、少し疲れも見えましたが粘りを見せて、50秒07の6位入賞です。


「前半はそれほどきつくなかったんですが、75mの時点で自分の位置を把握したとき、少し焦りが出てラスト25mで力んでしまったのかなと思います。もう一度レースを見直して、課題を明確にして取り組んでいきたいと思います」(川本選手)

女子200m背泳ぎでは、赤瀬紗也香選が2分03秒92の7位、諸貫瑛美選手は2分05秒80の8位、女子800m自由形決勝に臨んだ後藤真由子選手は、8分22秒10の8位となりました。



この日を締めくくる混合4×50mメドレーリレー決勝には、竹村幸選手に100mと200mでメダリストとなった小関選手、川本選手に佐藤綾選手の4人で挑みました。

第1泳者の竹村選手が26秒03で飛び出し、小関選手が25秒64、川本選手が21秒95で続き、最後の佐藤選手が24秒05で締めて、トータル1分37秒67の短水路日本新記録を樹立! 4位入賞です。


「日本記録も出せたので、また明日につながる良いレースができたと思います。予選のメンバーも含めると6人、みんなで泳げたことが楽しかったです」(竹村選手)

「メダルまで本当に惜しかったな、というのが率直な感想です。でも、日本記録を出せたことはすごく良かったと思います」(小関選手)

「予選で僕たちの代わりに泳いでくれた選手がいたから、こうして日本記録で終われましたので感謝したいと思っています」(川本選手)

「今回も4位でメダルを逃してしまったんですけど、でもみんなで日本記録で泳げてとても良かったです」(佐藤選手)


準決勝は4種目行われ、男子100m個人メドレーで藤森太将選手が51秒50の全体4位で決勝進出!


女子100m個人メドレーは今井月選手と大本里佳選手のふたりが、それぞれ自己ベストを更新! 今井選手は58秒04の2位、大本選手は58秒60の6位で決勝進出を決めています!


男子50m自由形は、中村克選手が21秒26の12位、松井浩亮選手が21秒30の13位に、スイムオフを勝ち抜いて女子50mバタフライ準決勝に出場した平山友貴奈選手は、25秒82の14位という結果でした。




3日目は短水路日本新記録が1つ誕生! これで今大会前半戦だけで世界記録が1、日本記録が13(うちタイ記録2)となりました。

盛り上がりを見せる短水路世界一決定戦。引き続き世界の頂点を目指して戦うトビウオジャパンへのご声援、よろしくお願いします!


スタートリスト・リザルトはこちらから!

#FINA World Swimming Championships (25m) 2018 in Hangzhou 3日目予選結果

短水路世界一決定戦、第14回FINA World Swimming Championships (25m) 2018(中国・杭州)の3日目の予選が終了しました。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

男子100m個人メドレーの予選は、200mで銅メダルを獲得した藤森太将選手が出場。52秒35の8位で準決勝に進出です。


女子50mバタフライ予選は、平山友貴奈選手が26秒14で同着16位のスイムオフ。相馬あい選手は26秒34の20位でした。
平山選手は、スイムオフでは25秒74の自己ベストを更新して勝利! 準決勝に駒を進めることができました。

男子50m背泳ぎでは、江戸勇馬選手が24秒24の全体27位という結果でした。

女子100m個人メドレーは、今井月選手と大本里佳選手のふたりが同じ組に登場。平泳ぎでするすると抜け出した今井選手は58秒99の好タイムで全体の3位、大本選手は自己ベストの59秒48の全体7位でそれぞれ準決勝に進んでいます。

男子50m自由形に出場した中村克選手と松井浩亮選手は、それぞれ21秒33、21秒34で準決勝進出を決めました。

女子200m背泳ぎは、赤瀬紗也香選手が2分03秒87の5位、諸貫瑛美選手が2分03秒93の自己ベストを更新しての6位で午後の決勝に駒を進めます。

男子200m平泳ぎは、昨日の100mで銅メダルに輝いた小関也朱篤選手が余裕を持った泳ぎで、2分03秒41の5位で決勝に進出。高橋幸大選手は2分04秒68の11位という結果でした。


予選競技最後の種目は、混合4×50mメドレーリレー。竹村幸選手、新山政樹選手、安江貴哉選手、佐藤綾選手の4人で挑み、それぞれ26秒47、26秒03、22秒43、24秒07でつなぎ、1分39秒00の全体6位で決勝進出です。

午後の決勝競技には、男子100mバタフライ決勝に川本武史選手が、女子800m自由形の決勝に後藤真由子選手が登場! 午前中の予選を突破した赤瀬選手、諸貫選手、小関選手たちも、日本記録、そしてメダルを懸けて戦います!



決勝競技は、現地時間の19時、日本時間の20時からスタートです!

世界のトップアスリートたちとしのぎを削るトビウオジャパンへのご声援、よろしくお願いします!

スタートリスト・リザルトはこちらから!

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pachapo