TOBIUO JAPAN Journal

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

ユニバーシアード大会6日目

ユニバーシアード大会6日目が終了いたしました。
本日ははじめに、女子800m自由形決勝が行われました。
予選は混戦模様でしたが、決勝は前半から小堀倭加選手が引っ張っていくレース展開となりました。
また、佐藤千夏選手もそれに続く形となりました。
結果、小堀倭加選手が8:34.30で優勝、佐藤千夏選手が8:38.19で3位となりました。

大会6日目_190710_0020


大会6日目_190710_0019


大会6日目_190710_0018


大会6日目_190710_0017


大会6日目_190710_0014


大会6日目_190710_0013


大会6日目_190710_0006


女子50m平泳ぎ準決勝では深澤舞選手が31.69の12位となり、決勝への進出は果たせませんでした。

大会6日目_190710_0015

男子100mバタフライ決勝では、石川愼之助選手が52.05で優勝、田中優弥選手が52.32で5位となりました。

大会6日目_190710_0016


大会6日目_190710_0005


男子50m自由形では松井浩亮選手が22.12の2位で決勝に進出しました。
大会6日目_190710_0003


女子200mバタフライ準決勝では2:11.14の6位で決勝進出となりました。

男子4×200mフリーリレーは中村海渡選手、吉田啓祐選手、関海哉選手、溝畑樹蘭選手の4人で7:18.97の6位となりました。

本日までのメダルは金5個、銀5個、銅6個 計16個となっております。
最終日、本日の流れを閉ざすことなく、ラストスパートをかけたいと思います!!

ユニバーシアード大会5日目

ユニバーシアード大会5日目が終了いたしました。

本日最初の競技は女子200m自由形準決勝 柏崎清花選手で2:03.69の15位で決勝に進出することができませんでした。

大会5日目_190709_0017


次に男子100mバタフライ準決勝は田中優弥選手が52.26の4位、石川愼之助選手が52.33の5位で決勝への進出を決めました。1位から8位までの選手が0.5秒以内にひしめき合っているため、明日の決勝はタッチ勝負となるでしょう。

大会5日目_190709_0019


大会5日目_190709_0015


大会5日目_190709_0020


大会5日目_190709_0016


大会5日目_190709_0013


女子200m平泳ぎ決勝では渡部香生子選手が2:24.18で3位となり銅メダルを獲得いたしました。
主将としてのプレッシャーの中、気持ちのこもったレースで意地を見せました。

大会5日目_190709_0009


大会5日目_190709_0010


大会5日目_190709_0005


大会5日目_190709_0006



女子50m背泳ぎ準決勝では古林毬菜選手が29.22の15位で残念ながら決勝へは進めませんでした。

大会5日目_190709_0012


女子100mバタフライ決勝では、相馬あい選手が58.89で惜しくも4位となりました。
この悔しさは最終日に行われるメドレーリレーにぶつけることでしょう。


大会5日目_190709_0008



男子50m平泳ぎ準決勝では、塩入龍斗選手が27.86の12位、日本雄也選手が27.93の13位で決勝に進出することができませんでした。

大会5日目_190709_0004


大会5日目_190709_0003


大会5日目_190709_0002


大会5日目_190709_0001



メダルは金3個、銀5個、銅5個の計13個となりました。
ユニバーシアード大会もあと残すところ2日となりました。
ラストスパートで再度、メダルラッシュとなるよう、頑張ります!
応援、宜しくお願いいたします!

ユニバーシアード大会4日目

ユニバーシアード大会4日目が終了いたしました。
本日最初の競技は女子1500m自由形決勝でした。
小堀倭加選手が16:16.33で優勝いたしました。
また、佐藤千夏選手も健闘し、16:30.04の4位となりました。
大会4日目_190708_0014


大会4日目_190708_0022


大会4日目_190708_0021


大会4日目_190708_0020


次に女子200m個人メドレー決勝が行われました。
今井月選手が2:12.25で銅メダルを獲得することができました。

大会4日目_190708_0009


大会4日目_190708_0010


大会4日目_190708_0016



男子100m自由形準決勝では、川根正大選手が50.07の15位、関海哉選手が50.09の16位で残念ながら決勝に進むことができませんでした。

大会4日目_190708_0013


大会4日目_190708_0012



女子100mバタフライ準決勝では、相馬あい選手が59.07で4位で決勝進出、持田早智選手が59.62で9 位となり、残念ながら決勝へは進めませんでした。


女子100m背泳ぎ決勝では古林毬菜選手が1:01.27で6位でした。

男子200mバタフライ決勝は幌村尚選手が1:55.94で2位、寺田拓未選手が1:55.99の3位で表彰台に2名上がることができました。

大会4日目_190708_0002


大会4日目_190708_0004



女子200m平泳ぎ準決勝では、渡部香生子選手が2:26.22で8位となり、決勝に進出いたしました。
深澤舞選手は2:30.25で13位となり、決勝に駒を進めることができませんでした。

大会4日目_190708_0011


女子4×200mフリーリレーでは、柏崎清花選手、小堀倭加選手、今井月選手、持田早智選手の4名で泳ぎ8:07.02の4位となりました。

大会4日目_190708_0005


これまでの合計、金3個、銀5個、銅4個の計12個となりました。
今日の流れを途絶えさせることなく、最終日まで突っ走ります!!

ユニバーシアード大会3日目

ユニバーシアード大会3日目が終了いたしました。
今日は男子1500m自由形決勝から始まりました。
出場した吉田惇哉選手は15:19.65で6位となりました。
大会3日目_190707_0019


次に行われた女子200m個人メドレー準決勝では今井月選手が2:12.88で4位となり、
明日の決勝に進出いたしました。
大会3日目_190707_0018


大会3日目_190707_0036


女子100m平泳ぎ決勝では深澤舞選手が1:07.22で2位、渡部香生子選手が1:07.28で3位となり、2名が表彰台に乗ることができました。

大会3日目_190707_0016


大会3日目_190707_0033


大会3日目_190707_0021


大会3日目_190707_0022


男子200mバタフライ準決勝では、幌村尚選手が1:57.08で3位、寺田拓未選手が1:57.47で4位となり、
決勝への切符を手にしました。

大会3日目_190707_0024

大会3日目_190707_0026


男子200m個人メドレー決勝では溝畑樹蘭選手が1:58.88で優勝いたしました。
また、竹内智哉選手が2:00.34で4位となりました。

大会3日目_190707_0017



 
女子100m背泳ぎ準決勝では古林毬菜選手が1:01.14で全体の6位となり、決勝へ進出いたしました。

大会3日目_190707_0031


男子50m背泳ぎ準決勝では細川公平選手が25.71で16位となりました。

大会3日目_190707_0035

本日までに金メダル2つ、銀メダル4つ、銅メダル2つの計8個です。
メダル獲得数1位のアメリカを追いかけ、明日も頑張っていきたいと思います!

ユニバーシアード大会2日目

ユニバーシアード競技大会2日目が終了しました。
本日最初の競技は男子50mバタフライ決勝 田中優弥選手が出場しました。
23.35秒の日本学生新記録を樹立し、準優勝いたしました。
田中選手のコメント
『表彰台にのれて嬉しかったですが、あと0.03秒で優勝できたのでその部分は悔しいです。この悔しさは100mバタフライで果たしたいと思います。』

大会二日目_190706_0027


大会二日目_190706_0028



次に女子100m自由形 準決勝が行われ山本茉由佳選手、西津亜紀選手が出場いたしました。
山本茉由佳選手 57.61秒 16位/西津亜紀選手 56.10秒 9位で決勝に進出することができませんでした。


女子50mバタフライでは相馬あい選手が26.38秒で銀メダルを獲得することができました。
また、20分前に女子100m自由形のレースを終えて参加した山本茉由佳選手は27.03秒で8位でした。

大会二日目_190706_0011


大会二日目_190706_0012


相馬選手のコメント
『入場直前にキャップが破れるというハプニングにも動じることなく、自分らしいレースをすることができました。』


続いて、男子100m平泳ぎ決勝では日本雄也選手が59.72秒で3位に入賞いたしました。

大会二日目_190706_0009


日本選手のコメント
『目標にしていたものが実現できてよかったです』


女子100m平泳ぎ 準決勝では渡部香生子選手が1:07.15秒 準決勝2位、深澤舞選手が1:07.79秒 準決勝5位で決勝進出を決めております。

大会二日目_190706_0019


大会二日目_190706_0022

こちらも表彰台を狙っていける順位に居ます。明日のレースに期待がかかります。


男子200m個人メドレー 準決勝では、竹内智哉選手が2:00.34秒で3位、溝畑樹蘭選手が2:00.16秒の2位で決勝に進出をしています。

女子200m背泳ぎ 決勝では古林毬菜選手が2:13.02秒で8位となりました。
男子200m自由形 準決勝では、レース直前に繰り上げが決まり、吉田啓祐選手が10分で準備をし準決勝に挑みましたが、1:49.75秒の11位で決勝に進むことができませんでした。また中村海渡選手も1:50.00秒で14位となりました。

本日は多くの選手がBEST記録を更新しました。
70621


明日以降もこの波に乗っていけるようにしたいです。
応援、宜しくお願いいたします。



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pachapo