TOBIUO JAPAN Journal

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

#国際大会代表選手選考会 2日目結果

写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

パリ五輪への切符を懸けた戦いも2日目。この日は高校生たちの若い力が大爆発です!

男子400m個人メドレーの決勝。瀬戸大也選手(CHARIS&Co.)と田渕海斗選手(NECGSC溝の口/明治大学)のふたりがバタフライから飛び出し、レースを牽引していきます。最後の自由形に入ると、後半に力を溜めていた松下知之選手(スウィン宇都宮/宇都宮南高校)が爆発。ラスト50mで瀬戸選手と田渕選手を抜き、派遣標準記録を突破する4分10秒04で1位を獲得しました!

女子100mバタフライは、全員がほぼ横一線の展開を見せます。その中で頭ひとつ抜け出したのは、池江璃花子選手(横浜ゴム/ルネサンス)。最後まで逃げ切るかと思われましたが、ラスト10mでその池江選手を逆転し、自己ベストとなる56秒91をマークした、高校2年生の平井瑞希選手(ATSC.YW/日大藤沢高校)が勝利をもぎ取りました!
池江選手も準決勝からタイムを落としたものの、57秒30で2位に入り、派遣標準記録を突破しました。

また、さらに3位の松本信歩選手(東京ドームS/早稲田大学)は、準決勝で自身が出した記録を更新する、57秒31の日本学生新記録を樹立しました!

自己ベストを更新する選手が多かった、男子100m平泳ぎ。決勝でも上位の選手はベストを更新する快泳を披露。勝負強さを見せて接戦を制したのは、谷口卓選手(中京大学)。59秒43の自己ベストで1位を勝ち取りました! 花車優選手(イトマン東京)と渡辺一平選手(TOYOTA)が59秒47で同着2位。59秒50で3位の深沢大和選手(東急/TSSあざみ野)まで、たったの100分の7秒差とい大接戦でした。

男子50mバタフライの決勝では、後半の強さが持ち味の水沼尚輝選手(新潟医療福祉大学職員)が23秒26の自己ベストをマーク。1位を勝ち取り、メインに据える100mに向けて好スタートを切りました。


この日の準決勝種目は4つ。男子200m自由形では1分47秒63で柳本幸之介選手(イトマン東京/日本大学)がトップで決勝へ。女子100m平泳ぎでは、1分05秒76の好タイムで泳いだ青木玲緒樹選手(ミズノ)が1位で決勝進出。男子100m背泳ぎでは入江陵介選手(イトマン東進)が53秒89で、女子200m自由形では小堀倭加選手(あいおいニッセイ/相模原市水泳協会)が1分58秒72でそれぞれ1位で決勝進出を果たしています。

パリ五輪への一発勝負。積み重ねてきたすべてを出し切り、全力で賭して戦う選手たちへのご声援をお願いします!

スタートリスト・リザルトはこちらです!

#国際大会代表選手選考会 1日目結果

写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

いよいよ開幕を迎えた競泳の国際大会代表選手選考会。一発勝負の今大会、初日から白熱したレースが繰り広げられています!

最初の決勝種目となったのが、女子400m自由形。予選から好調の様子だった小堀倭加選手(あいおいニッセイ/相模原市水泳協会)がスタートから先行。それに難波実夢選手(JSS/近畿大学)が続きます。300mまでふたりでレースを牽引。勝負のラスト100m、派遣標準記録ラインと同じくらいの位置でラストスパートをかけます。
350mで前に出たのは、難波選手。小堀選手も負けじと粘り、ふたり並んでフィニッシュ。4分06秒10で勝ったのは難波選手でした。小堀選手は4分06秒20の2位という結果でした。

続く男子400m自由形の決勝。スタートから飛び出したのは黒川紫唯選手(イトマン富田林/近畿大学)。ただ、すぐに井本一輝選手(イトマン東京/中央大学)がトップを奪い、そこから最後まで逃げ切って1位を獲得! 記録は3分49秒69でした。

最後の決勝種目となった男子50m背泳ぎ。スタートから飛び出した古賀淳也選手(スウィンSS)を後半追い上げて逆転した三浦玲央選手(筑波大学)が、25秒26で1位に輝きました。


また、女子100mバタフライ準決勝は池江璃花子選手(横浜ゴム/ルネサンス)が57秒03のトップで決勝へ進出。若手の平井瑞希選手(ATSC.YW/日大藤沢高校)が57秒13で続いています。

男子100m平泳ぎの準決勝では、深沢大和選手(東急/TSSあざみ野)が59秒41の自己ベストでトップ通過。59秒62で2番手の谷口卓選手(中京大学)もベスト更新と、好調の選手も多く決勝が楽しみです。

パリ五輪への一発勝負。積み重ねてきたすべてを出し切り、全力で賭して戦う選手たちへのご声援をお願いします!

スタートリスト・リザルトはこちらです!

2023年度ジュニアブロック韓国遠征


2023年度ジュニアブロック韓国遠征が昨日からスタートしました!
全国11ブロックから選手4名とコーチ1名が代表として選出され海外試合に参加します。
今年は韓国で行われる金泉全国水泳大会に出場します!

代表選手団は昨日HPSCに集まり、顔合わせと練習・アイスブレイクを行い交流を深めました。

集合時のミーティングでは、村松常務から激励のお言葉と良いことも悪いこともたくさん経験してタフさを身につけて欲しいというメッセージもいただきました。
IMG_0348



本遠征のキャプテンは…
大島統偉選手(日本大学豊山高)と駿河藍選手(盛岡南高)が務めます!
IMG_0353

開始式終了後は早速水中練習です。各自ストレッチを行いました。
IMG_0367

夜はミーティングです。
戸練淳ヘッドコーチから遠征目標等についてお話がありました。初の顔合わせとなる選手も多いことからアイスブレイクも行いました!
IMG_0356


IMG_0368

3月11日は出国日です。釜山空港に向けて出発です!
IMG_0361

空港では大韓水泳連盟の金一波副会長にお出迎えいただきご挨拶いただきました。

IMG_0363

煌びやかなバスにのり、金泉市に移動しました!

IMG_0366

IMG_0369


昨日は大会会場で前日ウォーミングアップを行いました。来週行われるオリンピック選考会と同じ会場です!

IMG_0407

IMG_0395
今日からいよいよレースがスタートします!
ジュニアスイマーの応援を宜しくお願いします‼︎

IMG_0406
IMG_0405


アジアエージグループ選手権 明日から大会スタート!


アジアエージグループの選手団は、昨日フィリピンのクラークに無事に到着しました!
IMG_0253

昨日、今日は大会会場で現地調整しました。メインプールは半屋外で開放感のあるプールになっています。
IMG_0252


ホテルからプールへはミニバスで移動します! IMG_0254
IMG_0255
IMG_0256
今日はオープニングセレモニーがあり、競泳の中澤桃菜選手と飛込の乘松飛羽選手が日本チーム代表して参加しました🎌

IMG_0260
IMG_0259

明日からいよいよ大会がスタートします。 世界で戦うジュニアスイマーの応援を宜しくお願いします!!
 IMG_0258
GO!ニッポン!!

第11回アジアエージグループ選手権直前合宿


昨年12月に開催予定であったアジアエージグループ選手権は2月開催に延期となり、2月19日~23日に直前合宿をHPSCで行っていました。

本遠征のヘッドコーチは小林春吉コーチ(初芝SS)が務めます。
男子キャプテンは松山育選手(サンケイSTスイミングスクール)
女子キャプテンは平良吏美華選手(沖縄SS)
の2名がチームを引っ張ります!
IMG_0217



合宿初日はアイスブレイクとして他己紹介を行いました。
お互いのことを知る時間となりました!
IMG_0220


IMG_0221


合宿期間中は起床後に施設の周りを散歩して、体をおこしました。
IMG_0236


2日目と5日目はトレーナー講習会
練習前、練習後のストレッチやコンディショニングの整え方について学びました。
大会でも所属に帰っても継続して取り組むことが大切ですね。
IMG_0223


IMG_0225


IMG_0232


4日目はチームで応援の方法や内容を話し合いました。
IMG_0226


IMG_0227


IMG_0228


昨日は、梅原委員長がこれからの日本代表を担う選手たちへの激励と国際大会出場に向けたモチベーションがあがるお話しをいただきました。
IMG_0235


日が経つにつれてお互いの距離が縮まってきました!
IMG_0222


IMG_0240


IMG_0231


ここからは練習の様子を↓
IMG_0241


IMG_0229


IMG_0230


IMG_0218


IMG_0237


IMG_0238


今日日本を出国し、大会が開催されるフィリピンへ移動します。
大会2月26日~29日の4日間で開催されます。
若きトビウオ選手たちの応援を宜しくお願いします!




月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pachapo