TOBIUO JAPAN Journal

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

【世界短水路速報1日目】藤野が8位、男子3種目で決勝へ

12月15日よりドバイ(UAE)で始まったFINA世界短水路選手権。日本からは11名の選手が参加しています。

予想されていた通り、初日からかなりハイレベルな争いです。予選から相当頑張らないと、準決勝・決勝に進めません。その中でトビウオジャパンの選手たちもしっかり喰らいついています。

初日行われた決勝では、藤野舞子選手(FBインターナショナル)が400m個人メドレーで8位入賞。またこの日行われた男子100m背泳ぎ、100m平泳ぎ、100mバタフライの準決勝3種目で入江陵介選手(イトマンSS)が8位、冨田尚弥選手(中京大学)が6位、岸田真幸選手(キングソフト)が2位でそれぞれ決勝に進出しています。入江選手は9位と100分の1秒差という僅差の争いをものにし、滑り込み決勝進出。今日この3種目の決勝が行われます。

今大会最初の入賞を果たした藤野選手
maiko


【第1日目の結果】
女子50m平泳ぎ
松島 美菜(セントラルスポーツ) 31.61 20位
金藤 理絵(東海大学) 32.34 34位

男子100m背泳ぎ
入江 陵介(イトマンSS) 51.32 8位 決勝進出・ベスト
山口 雅文(ミズノスイムチーム) 52.13 15位

女子200mバタフライ
杉野 紘子(枚方SS) 2:07.81 13位 ベスト

男子100m平泳ぎ
冨田 尚弥(中京大学) 57.97 6位 決勝進出・ベスト

女子100m背泳ぎ
竹村 幸(イトマンSS) 59.55 21位

男子100mバタフライ
岸田 真幸(キングソフト) 50.58 2位 決勝進出
高安 亮(コナミ) 51.31 13位

女子400m個人メドレー
藤野 舞子(FBインターナショナル) 4:36.16 8位

ジュニアエリート合宿2日目 PM

グループディスカッションのあと、場所をプールに移して、今度はスタートクリニックです。

JISS科学サポートスタッフによるスタートクリニック
JISSの窪さん、市川さん、マルチサポート事業の岩原さん、足立さんのご協力で行われました。
elite12


窪さんの指導にも熱が入ります。
elite13


動作解析を専門分野とする方々のアドバイスをいただき、種目ごとに分かれて講習を受けました。背泳ぎ担当の足立さん。
elite15


そして撮った映像を解析していきます。
elite14


そして本日の締め。

平井ヘッドコーチ講義
日本代表平井ヘッドコーチに来ていただき、オリンピックでの経験、北島選手の中高時代のお話、ジュニアエリートの選手たちが今後目指すべきところをお話しいただきました。昼に選手たちがディスカッションした「理想の選手像」に通じるところがあり、いろいろな言葉が選手たちの耳にも残ったようです。
elite16

理想の選手像

午後は3つの講習でした。そのひとつめがこれ!

グループディスカッション
26名の選手が5グループに分かれてグループディスカッションを行います。テーマは「理想の選手像」!
elite10


与えられた時間は40分。各グループとも思い思いの理想像を描いていきます。elite8


ホワイトボードにそのアイデアを書き込んでいきます。
elite7


そして発表。
elite9


グループでひとつの理想像をつくりあげるのは、なかなか難しいですが、それぞれが「競泳選手として強くなるためにどうあるべきか?」ということをしっかり考えるきっかけになったようです。

ジュニアエリート合宿2日目 AM

ジュニアエリート合宿の中日。

今日は一日中、研修続きでした。内容は盛りだくさんですが、とても充実していたようです。ラインナップは以下の通り。

トレーナーによる柔軟性、体組成フィードバック
小泉トレーナーから昨日のチェック結果のフィードバックをしていただきました。結果をどう見て、どう今後の競技力向上と傷害予防に役立てていくかという内容でした。
elite5


トレーナーによるストレッチ&補強講習
辻端トレーナーから傷害を予防するためのストレッチや、泳ぎにも重要なバランスをよくするためのエクササイズを教わりました。
elite6


午前中はここまで。

ジュニアエリート合宿初日

本日よりJISS/味の素NTCにてジュニアエリート合宿がスタートしました。

3日間のみの合宿で、研修が主な目的です。初日の今日は、上野競泳委員長からの講義に始まり、パンパシにも帯同していただいた半谷ドクターによるドーピング講習と問診、そしてトレーナーによる体組成チェックが行われました。

まだまだ若い中高生ですが、アジア大会では中国チームのこの世代の選手たちは大躍進しました。今回集まっているジュニアエリートの選手たちは、そんな中国の選手たちにも負けず劣らずのポテンシャルを秘めています。

この3日間で様々なことを学んで、所属に持ち帰ってもらいたいと思います。

畑井ヘッドコーチから合宿の目的を。
elite1


それを聞く選手・コーチたち。みんな真面目に聞いています!
elite2


トレーナーさんからは柔軟性・体組成の測定と姿勢チェックをしていただきました。
写真は高橋選手(イトマン京都/京都外大西高校)と辻端トレーナー。
elite3


こちらは小堀選手(能美SC/金沢高校)。
elite4

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pachapo