TOBIUO JAPAN Journal

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

本日のトビウオジャパンinグアム

本日のトビウオジャパン。

今回は4泊5日の短い合宿ですが、チームの雰囲気はいい感じです。

練習①!
guam3


練習②!
guam4


テレビ朝日さんがこちらに来て、連日取材も受けています!
guam2


チーム全員集合写真!
guam1

世界選手権代表チーム始動!

選考会が終わり、おととい世界選手権代表選手が発表されました。会見でケガの状態を説明した北島康介選手(アクエリアス)を除く代表チームは、早速集合し、合宿が始まりました。

今年もチームの立ち上げは、ここグアムから始まります!

アジア大会につづき、冨田尚弥選手(中京大学)の体操からスタート。
guam1


練習は各コース2〜3名ずつ。写真は練習メニューを確認する寺川綾選手(ミズノ)、冨田選手、伊藤華英選手(セントラルスポーツ)。
guam2


食事の様子です。入江陵介選手(イトマン)、立石諒選手(NECグリーン)、堀畑裕也選手(日本体育大学)と今回帯同して下さっているJISSの栄養士柴崎さん。
guam3


そしてナショナルチームのキャプテン松田丈志選手(コスモス薬品)と副キャプテン藤井拓郎選手(KONAMI)!
guam4


最年少が大学3年生と近年になく年齢幅の少ないコンパクトなチームです。頼もしいこの二人が、チームを引っ張ります!

【お知らせ】インターナショナル・ナショナル選手標準記録突破申請用紙について

毎年、作成しておりますインターナショナル・ナショナル選手標準記録に関して
従来競技会結果を基に競泳委員会にて調査をし、作成してまいりましたが
名前表記等の間違いが多く、皆様にご迷惑をおかけいたしましたので
昨年度から、申告制としております。

つきましては、添付にあるインターナショナル・ナショナル選手標準記録
突破申請用紙を利用して、該当大会終了後1週間以内に、
競泳委員会宛て(国立スポーツ科学センター内地下1階競泳テクニカルルーム)
お送りいただきますよう、お願い申し上げます。

対象大会(長水路)
1.選考会
2.ジャパンオープン
3.全国中学水泳競技大会
4.日本高等学校選手権水泳競技大会(インターハイ)
5.日本実業団水泳競技大会
6.全国JOCジュニアオリンピックカップ夏季水泳競技大会
7.日本学生選手権水泳競技大会(インカレ)
8.国民体育大会水泳競技大会
9.日水連派遣の国際大会

【PDFダウンロード】インターナショナル・ナショナル選手標準記録突破申請用紙
【PDFダウンロード】インターナショナル・ナショナル選手標準記録突破申請用紙 -記入例-

提出・問合せ先
味の素ナショナルトレーニングセンター
JISS内競泳プールテクニカルルーム
競泳委員会
FAX: 03-3900-6152
メール: jisspool@gmail.com

【お知らせ】平成23年度JISSプール利用について

競泳国際大会代表選手選考会(2011)が終了いたしましたので、JISSプールの利用に関してお知らせいたします。

対象選手優先順位(4/12~)
①世界選手権代表(競泳・水球)
②平成23年度日本水泳連盟インターナショナル・ナショナル選手標準記録突破者
 
利用については別途、規則がありますので、利用を希望される方は下記メールまでお問い合わせください。

連絡先:競泳テクニカルルーム
メール:jisspool@gmail.com
FAX:03-3900-6152
担当 :村松 さやか

【お知らせ】ユニバーシアード大会および世界ジュニア選手権の選考に関するお知らせ

ユニバーシアード大会は、OWSを含み38名の選手を国際大会代表選手選考会およびジャパンオープンの2大会の決勝レースにおけるランキングタイムをコンバインドし、派遣標準記録突破者の最上位および次位から選考する。それ以外の種目およびリレー要員は総合的判断で選考する。尚、ユニバーシアード大会は大会参加辞退を事前にアンケートを行う。

世界ジュニア選手権の参加有資格者は、FINAルールに準ずる女子14歳〜17歳・男子15歳〜18歳(2011年12月31日を起算とする)とし、高校3年生の過年生、および大学生は認めない。各種目の上位者でインターナショナルC以上を突破した者、また、メドレーリレー出場のため、各種目100mの上位1名を選考する。尚、突破者に対して大会参加辞退のアンケートを行う。

※ジュニアの最高峰の大会なので3回ルールは適用しない

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pachapo