TOBIUO JAPAN Journal

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

インターナショナル合宿②

インター合宿2日目。

グアム合宿組は無事に出発していきました。こちらJISS組は、それぞれのペースでしっかりとトレーニングを行っています。

イアン・ソープ(豪州)、エド・モーゼス(米国)、リビー・トリケット(豪州)の復活やアーロン・ピアソル(米国)の引退など選手の出入りが激しく起こっている世界の動向も気になりますが、日本の選手たちも、世界中の選手と戦うための準備をしています。

本日は、午前に古賀選手(埼玉スウィン)、午後に寺川選手(ミズノ)がテレビ朝日「GetSports」で放送中の世界水泳特集の取材に応えていました。

さすがはディフェンディング・チャンピオン。古賀選手、しっかりした受け答えをしていました。
inter3

インターナショナル合宿スタート!

本日からJISSにてインターナショナル合宿がスタートしました。

合宿が始まるとJISSもとても賑やかです。丸々2週間の長丁場ですが、良い環境で良い練習をして、良い結果に繋げて欲しいと思います。

明日はグアム組が出発です!

写真は中京大学の面々。
inter1

東京都選手権

今週末に辰巳国際水泳場で行われていた東京都選手権。

トビウオジャパンに名を連ねている選手達も多く出場しました。4月に向けて、まだまだ強化の過程ですが、ベストに近い好記録で泳いでいる選手も見られました。いくつか記録を掲載しておきましょう。

末永雄太(Tアリーナ)
100m平泳ぎ 59.93①
200m平泳ぎ 2:10.28①
・100mは今期世界ランク4位の好記録です。

藤井拓郎(KONAMI)
100mバタフライ 52.56①
・2年前のこの試合で日本記録を樹立した種目。さすがは実力者。安定しています。100m平泳ぎでも2位に入りました。

金田和也(金田SC)
200mバタフライ 1:56.89①
・アジア大会に行けなかった悔しさを晴らすため、虎視眈々とトレーニングしているようです。

上田春佳(東京SC)
100m自由形 55.39①
200m自由形 1:59.98①
・200mでは唯一の2分切り。冬場の故障の後、女子自由形陣のエースはまた順調に回復しているようです。

寺川綾(ミズノ)
100m背泳ぎ 59.91①
200m背泳ぎ 2:09.59①
・安定しています。この時期でも100mで1分を切ってくる選手は、世界を見渡してもそうはいなそうです。

藤野舞子(FBインターナショナル)
400m個人メドレー 4:43.97①
・400m自由形、800m自由形と合わせて3冠。来シーズンに向けて着々とやっています。

明日からはいよいよインターナショナル合宿もJISSとグアムの2ヵ所で始まります。来週末には関西選手権と九州カップ。各地で大きいレースが行われます。

勝負は4月。そこに向けて、皆、頑張っています!

From Sydney!

一昨日の夜、オーストラリア遠征組は、ほぼ定刻通り成田を出発しました。

途中、鹿児島の新燃岳噴火と豪州クイーンズランド州のサイクロンの影響で迂回空路をとり約2時間遅れとなりましたが、翌4日現地時間9:30、シドニーに到着しました。

空港では現地でのお世話をしてくださるキャンピージ和加子さんをはじめ、ニューサウスウェールズ(NSW)水連会長Peter Lozan氏、同イベントマネジャーMatt Adair氏のお出迎えを頂き元気に挨拶をさせて頂きました。
DSC_0105


ホテルから練習プールへは徒歩7~8分と近く好立地で、内容的にも環境は申し分ありません。

既に練習も始まっており、選手からは「水温が高い」、「コースロープがゆるい」、「プールの水がしょっぱい」、「日差しがきつい」などの声もありますが、普段とは違う環境の中で練習をするというのも遠征を行う意義でもあります。どのような環境の中でもタフな練習ができてこそ、タフな選手になれるのでしょう!

きっと帰国する頃には真っ黒に日焼けしているかもしれません。辰巳では東京都選手権でトップレベルの凌ぎを削っていますが、オーストラリアでも負けずに頑張ってくれることでしょう!
DSC_0107


オーストラリア遠征

オーストラリア遠征(ニューサウスウェールズ・オープン選手権)の代表選手たち20名が昨日オーストラリアへ向かいました。

写真は男子キャプテンの鏡見選手(豊川高校/名古屋SC)と女子キャプテンの宮澤選手(鹿児島実業高校/アクアアカデミーNbSC)。
AUS2


平井ヘッドコーチからは、過去にジュニアの遠征の翌年、翌々年にオリンピック代表になった選手たちの名前を上げ、選手たちも刺激を受けているようでした。
AUS3


勢いのある中高生の選手たち。この中から飛び級で世界選手権、オリンピックの代表選手が出ることにも期待です。まずは国際大会でベストを更新することを目指して頑張ってほしいところです。
AUS1

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pachapo