TOBIUO JAPAN Journal

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

ブラジルで好記録

ゴールデンウィーク最終日。皆さん、良いトレーニングが出来ているでしょうか。

リオデジャネイロ(ブラジル)でMaria Lenk Trophyという大会が行われ、ブラジルのほか北島選手も所属しているUSCを拠点にしている選手を中心に参加しているようです。

この大会の女子100m平泳ぎで米国のRebecca Soni選手を1'05"79、また2位のJessica Hardy選手も1'06"13の好記録です。また、男子200mバタフライではブラジルのKaio Almeida選手が1'55"22で松田選手、坂田選手に次ぐ、今シーズン世界ランキング3位の好記録です。

米国では5月12日〜15日にシャーロットGPがあり、Michael Phelps選手やRyan Lochte選手など世界選手権代表選手たちが参加するようです。

トビウオジャパンもほぼフルメンバーで参加するヨーロッパGPにも錚々たる顔ぶれが集まってくるようです。上海、そしてロンドンでの戦いを見据えて、プラスになるレースをしていきたいところ。
ヨーロッパGPの主な参加選手はこちら

ライバルたちも着々と動いています。目が離せないですね。

【選手プロフィール】冨田尚弥(中京大学)

冨田尚弥(とみた・なおや)

TOMITA


生年月日:1989年4月22日
出身地:愛知県
所属:中京大学(4年)
コーチ:草薙健太
身長:174cm
体重:73kg
足のサイズ:28cm
血液型:A型
出身校:豊川高校(2008年卒)


国際大会:
2009年 日豪対抗(キャンベラ)
2009年 ユニバーシアード(ベオグラード)
2009年 世界選手権(ローマ)
2010年 パンパシフィック選手権(アーバイン)
2010年 アジア大会(広州)
2010年 世界短水路選手権(ドバイ)

主な戦績:
2009年日本選手権 200m平泳ぎ 2位
2009年ユニバーシアード 200m平泳ぎ 銀メダル
2010年日本選手権 200m平泳ぎ 3位
2010年パンパシフィック選手権 200m平泳ぎ 4位
2010年日本学生選手権 100m/200m平泳ぎ 2冠
2010年W杯北京大会 100m平泳ぎ 銀メダル
2010年W杯シンガポール大会 100m平泳ぎ 銀メダル
2010年W杯シンガポール大会 200m平泳ぎ 金メダル
2010年W杯東京大会 100m平泳ぎ 銅メダル
2010年W杯東京大会 200m平泳ぎ 金メダル(短水路日本記録)
2010年アジア大会 200m平泳ぎ 金メダル
2010年世界短水路選手権 200m平泳ぎ 金メダル(短水路日本記録)
2011年国際大会代表選考会 200m平泳ぎ 優勝

ベストタイム:
100m平泳ぎ 1’00”60
200m平泳ぎ 2’08”25

冨田選手の軌跡:
インターハイでは平泳ぎで2冠するなど実力者だったが、その才能が覚醒したのは2009年だった。日本選手権の200m平泳ぎ予選で自己ベストを一気に5秒更新すると、決勝でも更に2秒を上げ世界選手権代表入り。その後は代表にも定着し、2010年はアジア大会で金メダルを獲得。その年の短水路シーズン、W杯でも活躍し、世界短水路選手権ではアテネ五輪銀メダリストのギュルタ選手(ハンガリー)との接戦を制し金メダルを獲得。冨田の名前は一気に世界に知れ渡った。

冨田尚弥プロフィール(PDF)

【選手プロフィール】立石諒(NECGSC玉川/慶應義塾大学)

立石諒(たていし・りょう)

TATEISHI


生年月日:1989年6月12日
出身地:神奈川県
所属:NECGSC玉川/慶応義塾大学(4年)
コーチ:高城直基
身長:182cm
体重:73kg
足のサイズ:28.5cm
血液型:AB型
出身校:湘南工科大学付属高校(2008年卒)


国際大会:
2006年 ジュニアパンパシフィック選手権(マウイ)
2007年 世界競泳(千葉)
2008年 北京オープン
2009年 日豪対抗(キャンベラ)
2009年 世界選手権(ローマ)
2009年 東アジア大会(香港)
2010年 パンパシフィック選手権(アーバイン)
2010年 アジア大会(広州)

主な戦績:
2006年ジュニアパンパシフィック選手権 100m平泳ぎ 銀メダル
2006年ジュニアパンパシフィック選手権 200m平泳ぎ 金メダル
2008年北京オープン 100m平泳ぎ 1位
2008年北京オープン 200m平泳ぎ 1位
2009年日豪対抗 100m平泳ぎ 1位
2009年日豪対抗 200m平泳ぎ 1位
2009年世界選手権 400mメドレーリレー 7位
2009年東アジア大会 50m/100m/200m平泳ぎ 3冠
2010年パンパシフィック選手権 50m平泳ぎ 5位
2010年パンパシフィック選手権 100m平泳ぎ 4位
2010年W杯東京大会 50m平泳ぎ 銅メダル
2010年W杯東京大会 100m平泳ぎ 金メダル
2010年アジア大会 50m平泳ぎ 銀メダル
2010年アジア大会 100m平泳ぎ 金メダル

ベストタイム:
50m平泳ぎ 27”47
100m平泳ぎ 59”48
200m平泳ぎ 2’08”25

立石選手の軌跡:
2006年ジュニアパンパシフィック選手権では100mで銀、200mで金メダルを獲得。その勢いで2007年日本選手権では北島選手に次ぐ2位に入った。翌年1月に行われた北京五輪プレ大会では、100m・200m平泳ぎの2冠を果たし五輪代表入りへ名乗りを上げるが、4月の北京五輪代表選考会では、惜しくも3位となり代表権を逃した。2009年日本選手権では50m・100mの2冠、2010年には50m・100m・200mの3冠を達成。今年こそ国際大会での活躍が期待される。

立石諒プロフィール(PDF)

【選手プロフィール】北島康介(日本コカ・コーラ)

北島康介(きたじま・こうすけ)

KITAJIMA


生年月日:1982年9月22日
出身地:東京都
所属:日本コカ・コーラ
コーチ:デビッド・サロ
身長:178cm
体重:72kg
足のサイズ:27cm
血液型:B型
出身校:本郷高校(2001年卒)→日本体育大学(2005年卒)


国際大会:
2000年シドニー五輪
2001年世界選手権(福岡)
2001年東アジア大会(大阪)
2002年世界短水路選手権
2002年アジア大会(釜山)
2002年パンパシフィック選手権(横浜)
2003年世界選手権(バルセロナ)
2004年アテネ五輪
2005年世界選手権(モントリオール)
2006年パンパシフィック選手権(ビクトリア)
2006年アジア大会(ドーハ)
2007年世界選手権(メルボルン)
2007年世界競泳(千葉)
2008年北京五輪
2010年パンパシフィック選手権(アーバイン)
2010年アジア大会(広州)

主な戦績:
2000年 シドニー五輪 100m平泳ぎ 4位
2001年 世界選手権 100m平泳ぎ 銅メダル
2002年 アジア大会 100m/200m平泳ぎ 2冠
2002年 パンパシフィック選手権 100m・200m平泳ぎ 2冠
2003年 世界選手権 100m平泳ぎ 金メダル
2003年 世界選手権 200m平泳ぎ 銀メダル
2004年 アテネ五輪 100m/200m平泳ぎ 金メダル
2004年 アテネ五輪 400mメドレーリレー 銅メダル
2005年 世界選手権 50m平泳ぎ 銅メダル
2005年 世界選手権 100m平泳ぎ 銀メダル
2005年 世界選手権 400mメドレーリレー(平泳ぎ) 銅メダル
2006年 アジア大会 100m/200m平泳ぎ/400mメドレーリレー 3冠
2007年 世界選手権 100m平泳ぎ 銀メダル
2007年 世界選手権 200m平泳ぎ 金メダル
2007年 世界選手権 400mメドレーリレー 銀メダル
2008年 北京五輪 100m/200m平泳ぎ 2冠
2008年 北京五輪 400mメドレーリレー 銅メダル
2010年 パンパシフィック選手権 100m/200m平泳ぎ 2冠

ベストタイム:
50m平泳ぎ 27”30(日本記録)
100m平泳ぎ 58”91(日本記録)
200m平泳ぎ 2’07”51(日本記録)

北島選手の軌跡:
初代表は2000年シドニー五輪。高校3年で挑んだ同大会で4位に入ると、北島の勢いは加速した。2001年、福岡で行われた世界選手権では100m平泳ぎで銅メダルを獲得。2002年のアジア大会では、200m平泳ぎで自身初となる世界新記録を樹立した。翌2003年の世界選手権では100mで初の金メダルを獲得。そして迎えた2004年アテネ五輪。国民の期待を一身に受けたこの大会で、平泳ぎ2冠を達成した。2008年北京五輪では2種目2連覇の偉業を成し遂げ、史上最高の平泳ぎスイマーとして世界の水泳史にその名を刻む。

北島康介プロフィール(PDF)

アップデート

昨日はネットワークの問題でうまく写真をアップできませんでしたが、寺川選手と酒井選手の写真を本日アップしました。

選手プロフィールどんどん更新して行きます。明日は第5弾。男子平泳ぎです!

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pachapo