TOBIUO JAPAN Journal

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

【選手プロフィール】立石諒(NECGSC玉川/慶應義塾大学)

立石諒(たていし・りょう)

TATEISHI


生年月日:1989年6月12日
出身地:神奈川県
所属:NECGSC玉川/慶応義塾大学(4年)
コーチ:高城直基
身長:182cm
体重:73kg
足のサイズ:28.5cm
血液型:AB型
出身校:湘南工科大学付属高校(2008年卒)


国際大会:
2006年 ジュニアパンパシフィック選手権(マウイ)
2007年 世界競泳(千葉)
2008年 北京オープン
2009年 日豪対抗(キャンベラ)
2009年 世界選手権(ローマ)
2009年 東アジア大会(香港)
2010年 パンパシフィック選手権(アーバイン)
2010年 アジア大会(広州)

主な戦績:
2006年ジュニアパンパシフィック選手権 100m平泳ぎ 銀メダル
2006年ジュニアパンパシフィック選手権 200m平泳ぎ 金メダル
2008年北京オープン 100m平泳ぎ 1位
2008年北京オープン 200m平泳ぎ 1位
2009年日豪対抗 100m平泳ぎ 1位
2009年日豪対抗 200m平泳ぎ 1位
2009年世界選手権 400mメドレーリレー 7位
2009年東アジア大会 50m/100m/200m平泳ぎ 3冠
2010年パンパシフィック選手権 50m平泳ぎ 5位
2010年パンパシフィック選手権 100m平泳ぎ 4位
2010年W杯東京大会 50m平泳ぎ 銅メダル
2010年W杯東京大会 100m平泳ぎ 金メダル
2010年アジア大会 50m平泳ぎ 銀メダル
2010年アジア大会 100m平泳ぎ 金メダル

ベストタイム:
50m平泳ぎ 27”47
100m平泳ぎ 59”48
200m平泳ぎ 2’08”25

立石選手の軌跡:
2006年ジュニアパンパシフィック選手権では100mで銀、200mで金メダルを獲得。その勢いで2007年日本選手権では北島選手に次ぐ2位に入った。翌年1月に行われた北京五輪プレ大会では、100m・200m平泳ぎの2冠を果たし五輪代表入りへ名乗りを上げるが、4月の北京五輪代表選考会では、惜しくも3位となり代表権を逃した。2009年日本選手権では50m・100mの2冠、2010年には50m・100m・200mの3冠を達成。今年こそ国際大会での活躍が期待される。

立石諒プロフィール(PDF)

【選手プロフィール】北島康介(日本コカ・コーラ)

北島康介(きたじま・こうすけ)

KITAJIMA


生年月日:1982年9月22日
出身地:東京都
所属:日本コカ・コーラ
コーチ:デビッド・サロ
身長:178cm
体重:72kg
足のサイズ:27cm
血液型:B型
出身校:本郷高校(2001年卒)→日本体育大学(2005年卒)


国際大会:
2000年シドニー五輪
2001年世界選手権(福岡)
2001年東アジア大会(大阪)
2002年世界短水路選手権
2002年アジア大会(釜山)
2002年パンパシフィック選手権(横浜)
2003年世界選手権(バルセロナ)
2004年アテネ五輪
2005年世界選手権(モントリオール)
2006年パンパシフィック選手権(ビクトリア)
2006年アジア大会(ドーハ)
2007年世界選手権(メルボルン)
2007年世界競泳(千葉)
2008年北京五輪
2010年パンパシフィック選手権(アーバイン)
2010年アジア大会(広州)

主な戦績:
2000年 シドニー五輪 100m平泳ぎ 4位
2001年 世界選手権 100m平泳ぎ 銅メダル
2002年 アジア大会 100m/200m平泳ぎ 2冠
2002年 パンパシフィック選手権 100m・200m平泳ぎ 2冠
2003年 世界選手権 100m平泳ぎ 金メダル
2003年 世界選手権 200m平泳ぎ 銀メダル
2004年 アテネ五輪 100m/200m平泳ぎ 金メダル
2004年 アテネ五輪 400mメドレーリレー 銅メダル
2005年 世界選手権 50m平泳ぎ 銅メダル
2005年 世界選手権 100m平泳ぎ 銀メダル
2005年 世界選手権 400mメドレーリレー(平泳ぎ) 銅メダル
2006年 アジア大会 100m/200m平泳ぎ/400mメドレーリレー 3冠
2007年 世界選手権 100m平泳ぎ 銀メダル
2007年 世界選手権 200m平泳ぎ 金メダル
2007年 世界選手権 400mメドレーリレー 銀メダル
2008年 北京五輪 100m/200m平泳ぎ 2冠
2008年 北京五輪 400mメドレーリレー 銅メダル
2010年 パンパシフィック選手権 100m/200m平泳ぎ 2冠

ベストタイム:
50m平泳ぎ 27”30(日本記録)
100m平泳ぎ 58”91(日本記録)
200m平泳ぎ 2’07”51(日本記録)

北島選手の軌跡:
初代表は2000年シドニー五輪。高校3年で挑んだ同大会で4位に入ると、北島の勢いは加速した。2001年、福岡で行われた世界選手権では100m平泳ぎで銅メダルを獲得。2002年のアジア大会では、200m平泳ぎで自身初となる世界新記録を樹立した。翌2003年の世界選手権では100mで初の金メダルを獲得。そして迎えた2004年アテネ五輪。国民の期待を一身に受けたこの大会で、平泳ぎ2冠を達成した。2008年北京五輪では2種目2連覇の偉業を成し遂げ、史上最高の平泳ぎスイマーとして世界の水泳史にその名を刻む。

北島康介プロフィール(PDF)

アップデート

昨日はネットワークの問題でうまく写真をアップできませんでしたが、寺川選手と酒井選手の写真を本日アップしました。

選手プロフィールどんどん更新して行きます。明日は第5弾。男子平泳ぎです!

【選手プロフィール】酒井志穂(ブリヂストンSS)

酒井志穗(さかい・しほ)

SAKAI


生年月日:1990年12月1日
出身地:福岡県
所属:ブリヂストンSS/九州産業大学(3年)
コーチ:河端篤志
身長:159cm
体重:54kg
足のサイズ:23cm
血液型:A型
出身校:九州産業大学付属高校(2009年卒)


国際大会:
2004年 ジュニアパンパシフィック選手権(ハワイ)
2006年 ジュニアパンパシフィック選手権(ハワイ)
2008年 ジュニアパンパシフィック選手権(グアム)
2009年 日豪対抗(キャンベラ)
2009年 世界選手権(ローマ)
2009年 ユニバーシアード(ベオグラード)
2010年 パンパシフィック選手権(アーバイン)
2010年 アジア大会(広州)

主な戦績:
100m/200m背泳ぎ 短水路世界記録保持者
2008年日本高校選手権 100m/200m背泳ぎ 優勝
2008年JO夏季 CS50m/100m/200m背泳ぎ 優勝
2009年世界選手権 100m背泳ぎ 4位
2009年世界選手権 400mメドレーリレー(背泳ぎ) 7位
2009年ユニバーシアード 50m/100m背泳ぎ 金メダル
2009年W杯ストックホルム大会 100m背泳ぎ 金メダル
2009年W杯ストックホルム大会 200m背泳ぎ 銅メダル
2009年W杯ベルリン大会 100m/200m背泳ぎ 金メダル 短水路世界新
2010年パンパシフィック選手権 100m背泳ぎ 7位
2010年パンパシフィック選手権 200m背泳ぎ 4位
2010年W杯東京大会 200m背泳ぎ 銅メダル
2010年アジア大会 100m/200m背泳ぎ銀メダル

ベストタイム:
50m背泳ぎ 27”88
100m背泳ぎ 59”14
200m背泳ぎ 2’07”81
100m背泳ぎ 55’23(短水路世界記録)
200m背泳ぎ 2’00”18(短水路世界記録)

酒井選手の軌跡:
2008年4月、高校3年で挑んだ五輪選考会。惜しくも北京五輪出場は叶わなかった。しかし、人一倍負けん気の強い酒井選手の闘争心に火がついたのは間違いなかった。2009年には50mで世界選手権行きの切符を手にし、本大会では代役で出場した100mを日本新記録で4位入賞。だがメダルを狙ったレースで、まだ納得の行く結果ではなかった。この年のW杯ベルリン大会では持ち味のバサロキックを生かし、100m・200mで驚異的な短水路世界記録を樹立。今年こそ、そのしなやかなキックで世界を驚かせたい。

酒井志穂プロフィール(PDF)

【選手プロフィール】寺川綾(ミズノスイムチーム)

寺川綾(てらかわ・あや)

TERAKAWA


生年月日:1984年11月12日
出身地:大阪府
所属:ミズノスイムチーム
コーチ:平井伯昌
身長:173cm
体重:59kg
足のサイズ:25cm
血液型:O型
出身校:近畿大学付属高校(2003年卒)→近畿大学(2007年卒)


国際大会:
2001年 世界選手権(福岡)
2001年 東アジア大会(大阪)
2002年 アジア大会(釜山)
2002年 パンパシフィック選手権(横浜)
2003年 世界選手権(バルセロナ)
2004年 アテネ五輪
2005年 ユニバーシアード(イズミール)
2005年 東アジア大会(マカオ)
2007年 ユニバーシアード(バンコク)
2007年 世界競泳(千葉)
2009年 日豪対抗(キャンベラ)
2009年 世界選手権(ローマ)
2010年 パンパシフィック選手権(アーバイン)
2010年 ワールドカップ(東京)
2010年 アジア大会(広州)

主な戦績:
2003年ユニバーシアード 50m/100m背泳ぎ 銅メダル
2003年ユニバーシアード 200m背泳ぎ 銀メダル
2004年アテネ五輪 200m背泳ぎ 8位
2005年ユニバーシアード 50m/100m/200m背泳ぎ 金メダル
2005年東アジア大会 50m背泳ぎ 銀メダル
2005年東アジア大会 100m/200m背泳ぎ金メダル
2007年ユニバーシアード 50m/100m背泳ぎ金メダル
2009年世界選手権 200m背泳ぎ8位
2010年パンパシフィック選手権 50m/100m背泳ぎ銀メダル
2010年W杯東京大会 50m背泳ぎ 銀メダル
2010年W杯東京大会 100m/200m背泳ぎ金メダル
2010年アジア大会 50m背泳ぎ 銀メダル
2010年アジア大会 200m背泳ぎ 銅メダル

ベストタイム:
50m背泳ぎ 27”73(日本記録)
100m背泳ぎ 59”13(日本記録)
200m背泳ぎ 2’08”49

寺川選手の軌跡:
2001年に初の代表入りを果たすとその勢いは五輪へとつながった。2004年、ライバル伊藤華英選手を破りアテネ五輪代表入り。だが200m背泳ぎでは決勝に残ったものの、惜しくもメダルには届かなかった。その後、自分の力を出し切れない時期が続き、2008年北京五輪への切符を得ることは出来なかったが、北京五輪後、日本代表ヘッドコーチとなった平井伯昌氏の門を叩くとその才能を再び開花させ始めた。ベスト記録を次々に更新し、国際大会でメダル争いをする準備は整ってきた。

寺川綾プロフィール(PDF)

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pachapo