TOBIUO JAPAN Journal

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

今週の予定

五輪候補合宿中の写真を掲載します。

ロンドン五輪での期待が活躍される選手とコーチたちです。
IMG_1989


明後日には世界短水路選手権に出場するメンバーはドバイへ出発です!
今年最後の国際大会。15日から始まるレースでの活躍が期待されます。

そしてその翌日からは、ロンドン五輪そしてリオ五輪の核となるであろう世代のジュニアエリート合宿がJISSにて行われます!


第10回FINA世界短水路選手権出場者
<男子> 6名
岸田 真幸(アリゾナ大学/キングソフト)
藤井 拓郎(KONAMI)
入江 陵介(近畿大学/イトマンSS)
山口 雅文(ミズノスイムチーム)
冨田 尚弥(中京大学)
高安 亮(KONAMI)

<女子> 5名
藤野 舞子(FBインターナショナル)
竹村 幸(近畿大学/イトマンSS)
松島 美菜(日本大学/セントラルスポーツ)
金藤 理絵(東海大学)
杉野 紘子(同志社大学/枚方SS)

五輪候補・準候補合宿

昨日、無事に終了しました。

計15名の選手とその担当コーチが、今後のサポート計画を練るためヘッドコーチ及び科学、コンディショニング、ストレングスの3分野の専門家と個別ディスカッションすることが主な目的でした。それぞれアジア大会やパンパシのレース映像を見ながら、課題点を挙げ、それに対する施策を練っていきます。

まだまだ立ち上げの段階で時間がかかる部分もありますが、ひとりひとり充実したディスカッションを行うことが出来、それぞれが今後取り組むべき方向性が見えてきました。ロンドン五輪でのメダルを目指して、底上げと重点強化の両輪で強化を進めていきます。

写真はディスカッション中。映像を見ている場面です。

20101203114408

感謝の夕べ

DVC00033本日「(財)日本水泳連盟 感謝の夕べ」が行われ、今年行われた2つの国際大会(パンパシフィック選手権とアジア大会)で活躍した選手・コーチたちが表彰されました。

感謝の夕べ。

選手が活躍できたのも、コーチを含め裏方で支えてくださっている方々の力あってのもの。本日招かれた選手たちは、表彰されるとともにこうして支えてくださった方々に感謝の意を表しました。

本当に多くの方々に支えられているのだと、改めて実感です。

今年も残すところ1か月を切ってしまいましたが、現在進行中の五輪候補・準候補合宿そしてジュニアエリート合宿、インターナショナル強化合宿、ナショナル強化合宿と合宿が続きます。またその間、今年最後の大きな国際大会であるFINA世界短水路選手権も12月15日(水)~19日(日)にUAE・ドバイで行われます。

2010年の師走。トビウオジャパンはまだまだ忙しい!

五輪候補・準候補合宿スタート!

昨日より五輪候補・準候補合宿がスタートしました。

先日発表したメンバーがJISS/味の素NTCに集まり、チーム「ニッポン」マルチ・サポート事業を有効活用していくための個別ディスカッションやそのためのデータ集めを行っています。各選手ともこの合宿を通して、ロンドン五輪でメダルを獲得する為それぞれの課題を抽出し、その課題に対する対処法を探っていきます。

本当の重点強化というのは、初の試みとなるので、まだまだ勝手がわからない部分もあるようですが、アジア大会での反省を活かして、「これから2年間で何が出来るのか?」を考えていきます。

ご声援ありがとうございました

白熱のアジア大会も競泳競技は終了。帰国後、選手たちはそれぞれの所属へと戻って行きました。

今大会では中国の底力をまざまざと見せつけられた状況で、選手たちも来年の上海世界選手権、再来年のロンドンオリンピックへと今まで以上の努力をしていかなければならないという危機感を持っているようです。もちろん現場のコーチやスタッフは、選手と同じかそれ以上に危機感を感じています。

ロンドンオリンピックまであと2年弱。残された時間は限られていますが、今大会での経験が無駄にならないよう、また一つ一つ積み上げていくことが重要です。

その第一歩として、まずは来週12月2日より五輪候補・準候補選手を招集し、今後のトレーニングプランを練っていきます。本年度の五輪候補・準候補選手は下記の通り。

五輪候補 (9名)
・北島 康介 100m・200m平泳ぎ
・松田 丈志 200mバタフライ
・高桑 健  200m個人メドレー
・入江 陵介 200m背泳ぎ
・寺川 綾  100m背泳ぎ・4x100mメドレーリレー
・酒井 志穂 200m背泳ぎ
・鈴木 聡美 100m・200m平泳ぎ・4x100mメドレーリレー
・加藤 ゆか 4x100mメドレーリレー
・上田 春佳 4x100mメドレーリレー

五輪準候補 (6名)
・坂田 龍亮 200mバタフライ
・古賀 淳也 100m背泳ぎ
・立石 諒  100m平泳ぎ
・堀畑 裕也 400m個人メドレー
・金藤 理絵 200m平泳ぎ
・松島 美菜 100m平泳ぎ

※本年度の国際大会(パンパシまたはアジア大会)にて派遣標準記録S及びIを突破した選手が五輪候補、派遣標準記録IIを突破した選手が五輪準候補

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pachapo