TOBIUO JAPAN Journal

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

『感謝の夕べ』Japan Aquatics Award 2016が開かれました

本日、都内にて「感謝の夕べ Japan Aquatics Awards 2016」が開催されました。
日本水泳連盟そして水泳5競技(競泳、シンクロ、水球、飛込、OWS)の発展を日頃より支えて下さっているスポンサーの皆様、メディアの皆様への感謝の意をお伝えするとともに、2016年に活躍した選手たちの表彰式も行われました。
IMG_0810

競泳、シンクロ、飛び込み、OWSの4競技から27名の選手が優秀選手賞を受賞しました。また、6名の選手がアリーナスプリント賞を受賞しました。

最優秀選手賞はリオデジャネイロオリンピックで金メダルを獲得した萩野公介選手(東洋大)と金藤理絵選手(Jaked Elite Team/ぎふ瑞穂SG)が受賞。
先日、プロスイマーとなることを宣言した萩野選手は2017年世界選手権、そして2020年東京オリンピックへの抱負を語りました。
IMG_0894

金藤選手は「多くの方々に支えられて金メダルを取ることができた。」と感謝の意を述べました。
IMG_0903

また、新人賞は坂井聖人選手が受賞。
IMG_0947

優秀コーチにはリオデジャネイロ五輪、男子ヘッドコーチの梅原孝之コーチと女子ヘッドコーチの竹村吉昭コーチが選ばれました。
IMG_0838

そして特別賞は、加藤健志コーチが受賞しました。
IMG_0969


先日の大会で早くも、世界記録、日本記録が更新され、2017年の世界選手権そして2020年の東京オリンピックへ向けて幸先の良いスタートを切ったトビウオジャパン。2017年以降も選手たちの活躍から目が離せません。引き続き、ご支援ご声援をよろしくお願いいたします。

下記、競泳競技とOWS競技の受賞者一覧です。
【最優秀選手賞】
萩野公介(東洋大学)
金藤理絵(Jaked Elite Team/ぎふ瑞穂SG)

【優秀選手賞】
中村克(イトマン東進)
入江陵介(イトマン東進)
坂井聖人(早稲田大学)
瀬戸大也(JSS毛呂山/早稲田大学)
小関也朱篤(ミキハウス)
渡辺一平(早稲田大学)
藤森太将(ミキハウス)
松田丈志(セガサミー)
江原騎士(自衛隊体育学校)
小堀勇氣(ミズノ)
平井康翔(朝日ネット)
池江璃花子(ルネサンス亀戸/淑徳巣鴨高校)
五十嵐千尋(日本体育大学)
清水咲子(ミキハウス)
星奈津美(ミズノ)
S03_7285


【アリーナスプリント賞】
塩浦慎理(イトマン東進)
中村克(イトマン東進)
中尾駿一(岡山大学)
池江璃花子(ルネサンス亀戸/淑徳巣鴨高校)
大内紗雪(ダンロップ藤沢/市立明治中学)
内田美希(東洋大学)
S03_7302

Kosuke Kitajima Cup 2017が開催されました!

今週末、東京辰巳国際水泳場にて『Kosuke Kitajima Cup 2017/東京都選手権』が開催されました。
海外チラシJP-011

大会のハイライトは何と言っても、渡辺一平選手(早稲田大)の男子200m平泳ぎでの世界新記録です!
従来の記録を0.34秒更新する、2分06秒67の驚異的な記録が樹立されました!
まだまだトーレニングの最中でコンディショニングは万全ではないため、本人も「びっくり!」の記録だったようです。日本選手権でのさらなる記録更新に期待がかかります!
IMG_3121

大会初日の女子200m自由形では池江璃花子選手(ルネサンス亀戸)が1分56秒33の日本新記録をマーク!女子400m個人メドレーでは牧野紘子選手(東京ドーム)が自己ベストを大幅に更新する4分36秒61の高校新記録を更新しました。

大会2日目は女子200m個人メドレーで池江璃花子選手(ルネサンス亀戸)が2分09秒98の高校新記録を更新!2位に入った今井月選手(コカ・コーラ)も従来の高校記録を上回りましたが悔しさをにじませてました。
IMG_3122

女子200mバタフライでも牧野紘子選手(東京ドーム)と長谷川涼香選手(東京ドーム)がともに2分06秒台の好記録で泳ぐなど若手選手の活躍が目立ちました。

4種目を制した瀬戸大也選手(早稲田大)や50m、100m自由形を制した塩浦慎理選手(イトマン東進)も強化が順調に進んでいるようです。

4月の日本選手権まで3ヶ月余り。この時期では貴重な長水路でのレースで課題を明確にし、強化を継続して行います!

公式結果はこちらから
Kosuke Kitajima Cup 2017

【OWS】全豪選手権5kmで南出・森山選手が4位入賞!

最終日は5kmのタイムトライアルが行われました。
FullSizeR
日本では馴染みがないですが、30秒ごとに選手が1人ずつスタートし、5kmのタイムを争うレース。
対人の要素がなくなる為、純粋に泳力を把握することができます。

日本からは野中大暉・南出大伸・森山幸美選手が出場
IMG_7922

IMG_7921

IMG_7928
昨日レースを終えた新倉選手もレースに向けた準備をサポート。

結果は南出・森山選手が4位入賞!
IMG_7925

IMG_7926
野中選手も16位と健闘しました。

今大会は海外のトップ選手も出場しており、今後につながる良い遠征となりました。
IMG_7931
帰国後はW杯、そして世界選手権に向けてより一層強化して参ります。

日本からのご声援ありがとうございました!



【OWS】全豪選手権5km(U18)で新倉選手が優勝!

DSC_2098
2日目の本日は5km(U18)のレースが行われました。

昨日10kmが行われ、翌日には5kmというタフなスケジュール。

日本からは新倉選手が出場。
DSC_2061
新倉選手らしく、レースの序盤から積極的に飛び出すと、同年代のAUS選手は誰も追いつけず…

昨日の疲れが残っているにも関わらず、後続を一切引き寄せずそのままゴール。

2位に3分以上差をつけての断トツ優勝となりました!!
DSC_2099
昨日の4位入賞に続き、しっかり結果を残しました。


最終日の明日は5kmのタイムトライアルが実施され、南出・野中・森山選手が出場します。


最後まで日本チーム一丸となって頑張ります!

【OWS】全豪選手権10kmで森山選手が有力選手を抑えて2位!

IMG_7816
本日から全豪選手権が開催し、初日は10kmがおこなわれました。

男子はリオ五輪でレースを引っ張ったオーストラリアのJarrod選手も出場する中、
断トツ、トップに出たのは世水代表経験を持つカナダのEric選手。
IMG_7819
その後ろの第一パックを南出選手が3周目まで引っ張るレース展開に。

しかし最後の1周で後方の選手に抜かれ、南出選手9位、野中選手11位という結果でした。


続いて女子のレースがスタート
IMG_7818
森山・新倉選手は5・6番に位置しレースを引っ張りました。

ラスト1周で森山が猛追し、見事2位でゴール
IMG_7817
近年オーストラリアを引っ張っているLee選手とカナダ五輪代表Horner選手を抑えての2位!

新倉選手もカナダ五輪代表選手を抑え4位に入賞しました。


明日はU18の5kmが行われ、日本からは新倉選手が出場します。
引き続き応援の程宜しくお願い致します!!




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pachapo