TOBIUO JAPAN Journal

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

【競泳】 #世界水泳2019 2日目予選結果

初日から日本新記録が誕生して好発進のトビウオジャパン。韓国・光州での世界水泳2019の2日目予選が終了しました。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

2日目の予選には、4種目に5人の選手たちが出場。

女子100m背泳ぎ予選は、酒井夏海選手が前半を28秒台で折り返す積極性を見せて、1分00秒05の10位で準決勝に進出!


男子100m背泳ぎ予選では、バックストロークレッジの不具合などのトラブルがあったものの、入江陵介選手が53秒38で順当に5位で準決勝に駒を進めています。


女子100m平泳ぎ予選は青木玲緒樹選手が1分06秒81の5位で予選を通過。1位から6位までが1分06秒台と接戦の様相を呈しています。


男子200m自由形は、昨日の男子4×100mリレーで引き継ぎながら好タイムをマークしていた松元克央選手が1分46秒51の7位で準決勝へ。


江原騎士選手は、果敢に前半から攻めていきますが、1分47秒46の20位で惜しくも予選敗退となりました。


今朝の予選を通過した酒井選手、入江選手、青木選手、松元選手が準決勝を戦い、昨日の準決勝を突破した女子200m個人メドレーの大橋悠依選手と大本里佳選手、そして男子100m平泳ぎの小関也朱篤選手が決勝でメダルを懸けて争います。




今大会初メダル獲得なるか。注目の準決勝・決勝は20:00からスタートです!

◆競泳2日目:予選結果◆
・女子100m背泳ぎ 予選
酒井夏海 1分00秒05 10位 準決勝進出
・男子100m背泳ぎ 予選
入江陵介 53秒38 5位 準決勝進出
・女子100m平泳ぎ 予選
青木玲緒樹 1分06秒81 5位 準決勝進出
・男子200自由形 予選
江原騎士 1分47秒46 20位
松元克央 1分46秒51 7位 準決勝進出

スタートリスト・リザルトはこちらから!

【競泳】 #世界水泳2019 1日目決勝結果

韓国・光州で開催されている世界水泳2019の初日が終了しました。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

最初の準決勝種目は、女子100mバタフライ。予選で自己ベストを出していた牧野紘子選手は、決勝でも果敢に記録を狙いますが「ラスト10mでバテてしまった」と58秒49の16位となりました。



男子100m平泳ぎの準決勝に進んだ小関也朱篤選手は、予選と同じく世界記録保持者のAdam Peaty選手(イギリス)の隣で泳ぎます。
そのPeaty選手が前半から飛ばし、56秒88という驚異的な世界記録を樹立するなか、落ち着いて自分のレースに集中する小関選手。後半に大きな泳ぎで伸びてきて58秒89でフィニッシュ。全体の4位で決勝に進出です!



大橋悠依選手と大本里佳選手のふたりが臨んだ女子200m個人メドレーの準決勝。こちらも世界記録を持つKatinka Hosszu選手(ハンガリー)と同じ組でしたが、ペースを惑わされることなく泳ぎ切り、大本選手は2分09秒68の5位で、大橋選手は2分10秒04の6位でそれぞれ決勝に駒を進めました。




そして、女子の4×100mリレーの決勝。予選で日本記録を更新して波に乗る日本チームは、第1泳者を青木智美選手、第2泳者に佐藤綾選手、第3泳者に白井璃緒選手で、アンカーに大本選手という泳順で臨みました。
青木選手は54秒62、佐藤選手は予選に続く53秒台となる53秒91、白井選手は54秒23で引き継ぎます。アンカーの大本選手は30分前に200m個人メドレーのレースを終えたばかりでしたが、54秒03で泳ぎ切り、惜しくも日本記録には届きませんでしたが、3分36秒79の7位入賞を果たしました!


大会2日目には、女子100m背泳ぎに酒井夏海選手、男子100m背泳ぎに入江陵介選手、女子100m平泳ぎに青木玲緒樹選手が、そして男子200m自由形には松元克央選手と江原騎士選手の二人が出場します!

Go! トビウオジャパン!!

◆競泳1日目:準決勝・決勝結果◆
・女子100mバタフライ 準決勝
牧野紘子 58秒49 16位
・男子100m平泳ぎ 準決勝
小関也朱篤 58秒89 4位 決勝進出!
・女子200m個人メドレー 準決勝
大本里佳 2分09秒68 5位 決勝進出!
大橋悠依 2分10秒04 6位 決勝進出!
・女子4×100mリレー 決勝
青木智美・佐藤綾・白井璃緒・大本里佳 3分36秒79 7位
(54秒62・53秒91・54秒23・54秒03)

スタートリスト・リザルトはこちらから!

【競泳】 #世界水泳2019 1日目予選結果

いよいよ開幕した、韓国・光州で行われる世界水泳2019!
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

五輪を翌年に控え、日本のみならず世界各国がこの試合に向けて万全の状態で臨んでいることが、初日の予選から好タイムが飛び出していることからも伺えます。

トビウオジャパンは、7種目の予選に出場。
先陣を切ったのは、女子200m個人メドレーの大本里佳選手と大橋悠依選手。大本選手は2分10秒50の5位、大橋選手は2分11秒09の9位でそれぞれ準決勝に進出!



女子100mバタフライは、牧野紘子選手が予選から自己ベストをマーク! 58秒33の16位で準決勝進出です。長谷川涼香選手は58秒71の19位でした。



男子50mバタフライの水沼尚輝選手は23秒74の21位に、女子400m自由形の五十嵐千尋選手は「少し緊張してしまった」と4分13秒81の20位となりました。



男子100m平泳ぎ予選は、小関也朱篤選手が58秒91と自己ベストに近いタイムをマークして3位で準決勝へ。準決勝では「自己ベストは出したいですね」と気合いを入れ直します。


女子4×100mリレーの予選は、大本里佳選手・青木智美選手・佐藤綾選手・白井璃緒選手の4人で挑み、それぞれ好タイムで引き継いでいきます。結果、予選から3分36秒17の日本新記録を樹立して、5位で夜の決勝に進みました!


男子は中村克選手・塩浦慎理選手・松元克央選手・難波暉選手が4×100mリレーに臨みました。新しい引き継ぎスタートの感覚も良かったと話していましたが、3分14秒16の9位で残念ながら予選敗退となりました。


準決勝・決勝は、20:00からスタートです!

◆競泳1日目:予選結果◆
・200m個人メドレー 予選
大本里佳 2分10秒50 5位 準決勝進出
大橋悠依 2分11秒09 9位 準決勝進出
・100mバタフライ 予選
長谷川涼香 58秒71 19位
牧野紘子 58秒33 16位 準決勝進出
・50mバタフライ 予選
水沼尚輝 23秒74 21位
・400自由形 予選
五十嵐千尋 4分13秒81 20位
・100m平泳ぎ 予選
小関也朱篤 58秒91 3位 準決勝進出
・女子4×100リレー 予選
大本里佳・青木智美・佐藤綾・白井璃緒 3分36秒17 5位 決勝進出 日本新記録!
(54秒21・54秒01・53秒98・53秒97)
・男子4×100mリレー 予選
中村克・塩浦慎理・松元克央・難波暉 3分14秒16 9位
(48秒48・48秒92・47秒95・48秒81)

スタートリスト・リザルトはこちらから!

【競泳】明日からレースが始まります!

7月12日から始まった世界水泳2019ですが、明日21日から競泳のレースが始まります!!
選手村は宿泊も食事面も不自由なく、選手らはリラックスした様子で過ごしています。

昨日はミーティングを行い、選手の抱負とモチベーションビデオを観ました!
0719



前日となる今日はメインプールで瀬戸キャプテンを中心にワンパを行いました!!
0720



いよいよ明日からレースが始まります!
0720(2)


0720(3)


チーム目標の「全員決勝進出」、そして1人でも多くの金メダル、メダル獲得を目指して…
さぁいくぞ!! Go!トビウオジャパン!!
0715



選手らの応援をよろしくお願いします!!


大会リザルトはこちらから ↓
世界水泳選手権(2019/韓国・光州) 大会リザルト


世界選手権(韓国・光州)まであと…1日
東京オリンピックまであと…371日




【OWS】ミックス5km終了

IMG_2341
ミックス5kmが終了いたしました。

ミックス5kmは男女混合で1人1.25kmを泳ぐリレーとなっております。
IMG_2340

IMG_2339
4選手が一同に準備

日本は、貴田選手→豊田選手→新倉選手→野中選手の順で泳ぎました。
IMG_2338


IMG_2342
男女混合で泳順も自由な為、
女子でいかに男子に離されないか、男子でいかに離せるかがキーとなります。

IMG_2337
選手の引継ぎは、水上で、次の泳者の肘より上の部をタッチすることで認められます。

1.25kmとOWS選手にとっては距離が短い為、
純粋に4名のスピード力が必要です。


日本チームは14位でゴール。
今大会、アメリカやドイツが素晴らしいレースをし、学ぶことも多いリレーとなりました。

日本チームとして強化すべき点が明らかとなった世界選手権でした。

明後日21日からは競泳がスタートします!
引き続きトビウオジャパンの応援の程宜しくお願い致します!!

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pachapo