TOBIUO JAPAN Journal

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

#JAPANSWIM2019 3日目決勝結果

日本一決定戦、第95回日本選手権水泳競技大会 競泳競技(JAPAN SWIM 2019)の3日目が終了。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

3日目にも、韓国・光州で行われる世界水泳選手権の代表内定選手が誕生です!


男子200m自由形の決勝は、4×200mリレーのメンバー選考もかかる大事なレース。そんなプレッシャーのなか、50mをターンしてからするすると松元克央選手(セントラルスポーツ)が抜け出します。150mを1分18秒90でターンすると、さらにそこからラストスパートをかけて一気に他を引き離してフィニッシュ! 1分45秒63の派遣標準記録を突破する自己ベストでこの種目2連覇を達成です!


「派遣標準記録が切れて安心する気持ちと、自己ベストも出せてうれしい気持ちもたくさんあります。昨年、100mから150mまでのラップタイムが遅いと感じていたので、そこを意識して練習してきました。その成果が出たと思います」(松元選手)


続く決勝種目は、女子1500m自由形。スタートから積極的な飛び出しを見せたのは小堀倭加選手(セントラル戸塚/日本大学)。前半の800mを自己ベストからプラス6秒というハイペースで折り返してもなお、スピードは衰えません。疲れが出始める1000mを過ぎても粘る小堀選手は、最後までトップを守りきって16分11秒00の自己ベストでこの種目初優勝です!


「800mもベストラップでしたし、前半から勇気を持っていけました。途中から森山(幸美・山本光学/SWANS)選手が追い上げてきて苦しかったですけど、優勝したいという気持ちで粘ることができました」(小堀選手)


男子50m平泳ぎの決勝は、100mを制したスピードが持ち味の小関也朱篤選手(ミキハウス)が、27秒01で実力を見せつける優勝を果たします。


女子100m背泳ぎでは、酒井夏海選手(スウィン美園/武南高校)が前半から積極的なレースを展開。59秒98で、酒井選手がただひとり1分を切るタイムをマークして優勝しました!


男子100m背泳ぎは、この種目の第一人者であり、長く日本代表を牽引し続けている入江陵介選手(イトマン東進)が53秒53で、この種目8回目の優勝です!


「納得いくタイムではありませんが、悪かったところはしっかりと反省して、次の200mに生かせるように準備していきます」(入江選手)


男子と同様に、4×200mリレーの選考のかかる女子200m自由形決勝。前半を56秒74というハイペースで折り返した白井璃緒選手(東洋大学/JSS宝塚)は、苦しいところでもしっかり粘りを見せて1分57秒16で初優勝を果たしました!


「もう少しタイムは出したかったですけど、優勝できて良かったです。まずは1分56秒台を出せるようにして、それを安定させて、さらに1分55秒台を狙っていけるように練習していきます」(白井選手)


この日最後の決勝種目である女子100m平泳ぎ。最初から接戦は予想されていましたが、ラスト25mで関口美咲選手(木下グループ)、鈴木聡美選手(ミキハウス)、深澤舞選手(新潟医療福祉大)、寺村美穂選手(セントラルスポーツ)、青木玲緒樹選手(ミズノ)の5人が、まさに横一線となる展開に。

タッチ差の勝負を制したのは、関口選手。1分07秒70で涙の初優勝です! 2位は、100分の5秒差の1分07秒75で鈴木選手が入りました。


「周りは意識せず、自分のペースで泳ごうと思っていて、そのとおりにいけたと思います。辛いときもありましたが、そんなときにたくさんの人が私を支えてくれました。支えてくれた人たちに、こうして結果で恩返しできて良かったです」(関口選手)


この日唯一の準決勝種目だった男子200mバタフライは、12月の世界短水路水泳選手権で世界記録ホルダーとなった瀬戸大也選手(ANA/JSS毛呂山)が1分55秒07のトップ通過。2位は田中大貴選手(山梨学院大学)が1分57秒07で続き、大阪将史選手(ダッシュ新潟)が1分57秒10で3位で決勝進出です。8位の矢島優也選手(全日空商事/スウィン大宮)が1分57秒33と、2位以下は大混戦の様相を呈しています。


3日目が終了し、新記録は初日の日本新記録が1つのままですが、夏の世界水泳選手権の代表が徐々に決まり始めています。後半戦のスタートとなる4日目には5種目の予選競技、そして3種目の決勝競技が行われます。激しくなる代表権争いに注目しましょう!



スタートリスト・リザルトはこちらです!

大会公式HPはこちらです!

#JAPANSWIM2019 3日目予選結果

韓国・光州で開催される世界水泳選手権の代表選考会を兼ねた第95回日本選手権水泳競技大会 競泳競技(JAPAN SWIM 2019)の3日目の予選競技が終了しました。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

この日の予選は3種目。

男子50m平泳ぎの予選を27秒52のトップで通過したのは、山中祥輝選手(ティラド)。100分の1秒差の27秒53で、2日目の100mを制した小関也朱篤選手(ミキハウス)が続きます。


6位で決勝に駒を進めた谷口卓選手(日大豊山高校)は、予選から27秒65の日本高校新記録を樹立しています!

1位から8位までの差は、たった0秒24。横一線の決勝レース。誰が勝つのか楽しみです!

男子200mバタフライには、昨年12月の世界短水路水泳選手権(中国・杭州)で、短水路世界記録を樹立した瀬戸大也選手(ANA/JSS毛呂山)が「フィーリングは良かったので、準決勝も良い泳ぎをして決勝につなげたい」と、1分56秒14のトップで準決勝に進出。


2位は梅本雅之選手(レッドクイーン)が1分57秒35で、3位には日本体育大学の寺田拓未選手が続いています。

坂井聖人選手(セイコー)は1分57秒84の4位、昨年の日本代表である幌村尚選手(早稲田大学)は1分57秒93の6位でそれぞれ準決勝に進んでいます。


最後の予選種目は、男子800m自由形。1位通過は、7分59秒13で平井彬嗣選手(郵船ロジスティクス)。7分59秒61で平井選手の後に続くのは、今大会好調の吉田啓祐選手(日本大学)。

3位以下は、江原騎士選手(自衛隊/フィッツ竜王)、竹田涉瑚選手(オーエンス)と実力者が続いて、きっちりと決勝進出を決めています。この種目の決勝は明日に行われます。

3日目の準決勝・決勝競技は、16時00分からスタート!
大接戦が予想される男子50m平泳ぎは誰が栄冠を手にするのか。さらに4×200mリレーの選考もかかる男女の200m自由形では、最大4枠のなかに誰が入り込めるのか。
個人での派遣標準記録突破の期待が懸かる、男女の100m背泳ぎと女子100m平泳ぎ、そして女子1500m自由形。これらの種目には、ぜひともレベルの高い記録での争いを見せてほしいところです。

7種目もの決勝競技が行われる3日目。注目のカードが目白押しです!

世界に向けた第一歩を踏み出すトビウオジャパンの選手たちへ、皆さんのご声援をお願いします!

TV中継は以下の予定です。※放送時間は変更になる場合もあります。

3日目 / 4月4日(木)
総合テレビ - 16:05 ~ 18:00
BS 8K - 16:00 ~ 18:00

4日目 / 4月5日(金)
総合テレビ - 16:05 ~ 18:00
BS 8K - 16:00 ~ 18:00

5日目 / 4月6日(土)
総合テレビ - 16:00 ~ 18:00
BS 8K - 16:00 ~ 18:00

6日目 / 4月7日(日)
総合テレビ - 16:00 ~ 18:00
BS 8K - 16:00 ~ 18:00

7日目 / 4月8日(月)
総合テレビ - 16:05 ~ 18:00
BS 8K - 16:00 ~ 18:00

大会公式HPはこちらです!

大会リザルトはこちらです!

#JAPANSWIM2019 2日目決勝結果

日本一決定戦、第95回日本選手権水泳競技大会 競泳競技(JAPAN SWIM 2019)の2日目が終了。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

2日目には、韓国・光州で行われる世界水泳選手権の代表内定選手が出ました!

最初の決勝種目の女子200m個人メドレー。接戦が予想されていたなか、大橋悠依選手(イトマン東進)は背泳ぎでトップを奪うと、そのまま最後までリードを守りきってフィニッシュ。「タイムには納得いっていません」と話しますが、2分09秒27で派遣標準記録を突破しての優勝を勝ち取りました!


「順調にここまできていましたし、自己ベストも狙っていたのでタイムが出なかったのは悔しいです。世界水泳選手権ではしっかりと自己ベストを出して結果を残せるように、これからもトレーニングしていきます」(大橋選手)


2位に入ったのは、バタフライから攻めていった大本里佳選手(イトマン)。大本選手は2分09秒91の自己ベストをマークしての派遣標準記録突破! 世界水泳選手権の初代表に内定しています。


「自己ベストも出せて、代表権も獲れて本当にうれしいです。去年に比べてレベルの高い練習ができたことが、結果を残せた要因だと思っています」(大本選手)

男子100m平泳ぎは、小関也朱篤選手(ミキハウス)と渡辺一平選手(TOYOTA)の接戦に。前半でリードを奪った小関選手を渡辺選手が後半一気に追い込みます。


100分の4秒の差を制したのは、小関選手でした。59秒54で優勝を果たしました。渡辺選手は59秒58の2位ながら自己ベストを更新! ふたりとも200mでも好勝負を演じてくれそうです!


女子100mバタフライも、男子平泳ぎに負けず劣らず大接戦のレースとなりました。
普段は後半勝負を仕掛けるところ、前半から攻めたのは長谷川涼香選手(東京ドーム/日本大学)。そこを落ち着いて自分のペースを守り、後半に長谷川選手に迫り、タッチ差の58秒39で勝利したのは、牧野紘子選手(東京ドーム/早稲田大学)でした。


「昨年は代表に入れなくて悔しい思いをしました。それをバネに今年はしっかりと練習できたので自信を持って臨めました」(牧野選手)


長谷川選手は58秒55の2位ながら、「スピードが出ているので200mの前半も楽に速く入れそう。自信になりました」と手応えを感じていました。


大会2日目の準決勝種目は5つ。

男子100m背泳ぎは入江陵介選手(イトマン東進)が「決勝で52秒台を出す手応えを得ました」と53秒32でトップ通過。2番手は54秒34で金子雅紀選手(イトマン東進)が続きます。



女子100m平泳ぎでは、青木玲緒樹選手(ミズノ)がただひとり7秒台をマーク。1分07秒48の1位で決勝に駒を進めます。2番手には、この日200m個人メドレーの決勝も泳いだ寺村美穂選手(セントラルスポーツ)が、3番手には関口美咲選手(木下グループ)と続いています。2位から8位までの7人が1分08秒台と、決勝では接戦が予想されます。



女子100m背泳ぎは、酒井夏海選手(スウィン美園/武南高校)が1分00秒65でトップ。諸貫瑛美選手(ミキハウス)が続き、3位の小西杏奈選手(サイサン/ガスワン)から8位までの6人が1分01秒前半と、こちらも決勝では混戦必至です。



個人だけではなく、4×200mリレーの代表権も懸かる男女の200m自由形の準決勝。男子は江原騎士選手(自衛隊/フィッツ竜王)が1分48秒40で1位通過。2位には昨年の覇者である松元克央選手(セントラルスポーツ)が1分48秒44で、今大会400m自由形で優勝した吉田啓祐選手(日本大学)が1分48秒45の3位となっています。



女子のトップは、白井璃緒選手(東洋大学/JSS宝塚)。1分58秒06の好タイムをマークしています。青木智美選手(あいおいニッセイ/ATSC.YW)、五十嵐千尋選手(T&G/JSS)、そして若手高校2年生の池本凪沙選手(コパン宇治/近畿大附属高)が4番手で決勝に進んでいます。




さらに女子1500m自由形予選は、OWSとのデュアルスイマーとして活躍する森山幸美選手(山本光学/SWANS)が16分23秒65で予選を1位で通過。2位には佐藤千夏選手(スウィン大教/早稲田大学)が、3位通過は高校2年生ながら400mを制した難波実夢選手(MGニッシン)が続き、昨年に急成長を果たした小堀倭加選手(セントラル戸塚/日本大学)は4位で決勝に駒を進めました。



2日目を終えて、新記録は初日の日本新記録が1つ。明日の3日目には7種目の決勝競技が行われます。激しくなる代表権争いに注目しましょう!

スタートリスト・リザルトはこちらです!

大会公式HPはこちらです!

#JAPANSWIM2019 2日目予選結果

日本一、そして夏の一大イベント世界水泳選手権(韓国・光州)の日本代表を決める、第95回日本選手権水泳競技大会 競泳競技(JAPAN SWIM 2019)の2日目の予選競技が終了。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

女子200m自由形からスタートした予選競技。1位で準決勝に進んだのは白井璃緒選手(東洋大学/JSS宝塚)。ただひとりだけ2分を切る、1分58秒74で好調な泳ぎを見せてくれました。


予選2位の青木智美選手(あいおいニッセイ/ATSC.YW)が2分00秒62で、五十嵐千尋選手(T&G/JSS)が2分00秒67でその後に続きます。準決勝では、派遣標準記録を視野に入れたタイムで争われることでしょう。


女子100m背泳ぎは酒井夏海選手(スウィン美園/武南高校)が「まずまずのタイムでした」と1分00秒81でトップ通過。「準決勝では59秒台で泳いでおきたい」と、明確な目標を据えて挑みます。

男子100m背泳ぎでは、入江陵介選手(イトマン東進)が安定感のある泳ぎを披露。54秒19で余裕を持って1位通過です。「大きな泳ぎができています。派遣標準記録を頭に入れながら準決勝を泳ぎたいと思います」。


女子100m平泳ぎは、青木玲緒樹選手(ミズノ)が1分08秒24でトップ。2番手は1分08秒54で関口美咲(木下グループ)、3番手に鈴木聡美(ミキハウス)が1分08秒73で続いています。


リレー代表枠の争いにもなる男子200m自由形。昨年この種目を制した松元克央選手(セントラルスポーツ)が、ライバルでもある江原騎士選手(自衛隊/フィッツ竜王)と同タイムの1分49秒12の2位に決勝に進出。


この種目のトップ通過は、中村海渡選手(東洋大学)。1分48秒97で、一躍リレーメンバーでの代表入りに名乗りを上げました。

1日目の準決勝・決勝競技は、16時30分からスタート!
上記種目の準決勝競技に加え、女子200m個人メドレー、男子100m平泳ぎ、女子100mバタフライの3種目の決勝競技が行われます。



果たして、派遣標準記録を突破して、夏の世界大会への切符を手にする選手は現れるのでしょうか?

世界に向けた第一歩を踏み出すトビウオジャパンの選手たちへ、皆さんのご声援をお願いします!

TV中継は以下の予定です。※放送時間は変更になる場合もあります。

2日目 / 4月3日(水)
総合テレビ - 16:05 ~ 18:00
BS 8K - 16:00 ~ 18:00

3日目 / 4月4日(木)
総合テレビ - 16:05 ~ 18:00
BS 8K - 16:00 ~ 18:00

4日目 / 4月5日(金)
総合テレビ - 16:05 ~ 18:00
BS 8K - 16:00 ~ 18:00

5日目 / 4月6日(土)
総合テレビ - 16:00 ~ 18:00
BS 8K - 16:00 ~ 18:00

6日目 / 4月7日(日)
総合テレビ - 16:00 ~ 18:00
BS 8K - 16:00 ~ 18:00

7日目 / 4月8日(月)
総合テレビ - 16:05 ~ 18:00
BS 8K - 16:00 ~ 18:00

大会公式HPはこちらです!

大会リザルトはこちらです!

#JAPANSWIM2019 1日目決勝結果

日本一決定戦、第95回日本選手権水泳競技大会 競泳競技(JAPAN SWIM 2019)の1日目が終了。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

初日から日本新記録コールが鳴り響きました!

男子50mバタフライ決勝。予選から接戦が予想される展開でしたが、スタートから一気に抜け出したのは井田憲吾選手(自衛隊)。昨年、自身が更新した日本記録をさらに上回る、23秒27の日本新記録を樹立して優勝しました!


「自分の泳ぎに集中して、1年間やってきたことを思い出しながら全力を出し切りました。100mでは持ち味を生かして前半から突っ込んで、後半しっかり粘りきれるようなレースをしたいと思います」(井田選手)


男子の400m自由形は、この種目の第一人者である江原騎士選手(自衛隊/フィッツ竜王)が先行します。


このまま江原選手が逃げ切るかと思われましたが、若手の吉田啓祐選手(日本大学)が、じりじりと江原選手との差を詰めていき、300mを過ぎてからラストスパート。ラスト50mで1秒近くあった差を一気に縮めて逆転。3分47秒10で初優勝を果たしました!


「自己ベストで優勝できてとてもうれしいです。後半も去年よりバテずに泳ぎ切れたので、成長したことを実感できました。でもこの記録ではまだまだので、世界で戦えるようなタイムを出せるようになりたいです」(吉田選手)


女子400m自由形では、この種目の7連覇を目指す五十嵐千尋選手(T&G/JSS)が100mを59秒66で入る積極性を見せます。


その五十嵐選手の横にピタリとついていく、高校2年生の難波実夢選手(MGニッシン)。250mで五十嵐選手を捉えると、最後は身体ひとつもの差をつけてフィニッシュ! 


3月末に行われた全国JO杯春季大会で、短水路ながら4分01秒21という好タイムをマークした勢いそのままに、4分09秒39で初優勝です。


「タイムはもっと出したかったので悔しいですけど、優勝できたことはとてもうれしいです。得意なキックが泳ぎに生かせているので調子は良いと思います。800m、1500mでは派遣標準記録を切って、日本代表に入れるように頑張ります」(難波選手)


この日の準決勝は3種目。
女子100mバタフライを58秒56の1位で決勝に進出したのは、牧野紘子選手(東京ドーム/早稲田大学)。「自己ベストで泳げたので、決勝もベストを更新できるように頑張ります」と気合い十分です。
2番手は、昨年のパンパシフィック水泳選手権、アジア競技大会代表の相馬あい選手(中京大学)が58秒60で続き、長谷川涼香選手(東京ドーム/日本大学)が58秒71の3位で決勝に駒を進めています。



男子100m平泳ぎの準決勝は、小関也朱篤選手(ミキハウス)が余裕を持った泳ぎで59秒65のトップ通過。日本雄也選手(アクア/近大クラブ)が、自己ベストとなる59秒91の2位で続きます。
予選で59秒62の自己ベストをマークした渡辺一平選手(TOYOTA)は、1分00秒12の4位で決勝に進んでいます。



そして女子200m個人メドレーは、大橋悠依選手(イトマン東進)が2位以下に2秒近くの差をつける2分10秒51の1位で決勝に進出。年明けから好調を維持している大本里佳選手(イトマン)は2分12秒03の2位、3番手には今井月選手(コカ・コーラ/東洋大学)が2分12秒44で続きます。




さらに清水咲子選手(ミキハウス)、寺村美穂選手(セントラルスポーツ)、横田早桜選手(筑波大学)までが2分12秒台というハイレベルなレース。明日の決勝では混戦が予想される面白いレースになりそうです。



初日は日本新記録が1つ誕生しました。2日目以降も記録更新に期待しつつ、激しくなる代表権争いに注目です!

スタートリスト・リザルトはこちらです!

大会公式HPはこちらです!

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pachapo