TOBIUO JAPAN Journal

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

#FINA World Swimming Championships (25m) 2018 in Hangzhou 2日目決勝結果

スピード感のあるレースが魅力の短水路(25m)。その短水路世界一決定戦であるFINA World Swimming Championships (25m) 2018(中国・杭州)の2日目の決勝種目が終了しました。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

初日、男子200mバタフライで世界記録を樹立して優勝した瀬戸大也選手に続けとばかりに、2日目もトビウオジャパンが大活躍!


予選で1分46秒02の短水路日本記録を更新していた女子4×50mメドレーリレーは、予選と同じ竹村幸選手、寺村美穂選手、今井月選手、そして佐藤綾選手の4人で決勝に挑み、全員が予選の記録を更新。トータルも1分44秒90の短水路日本新記録で4位入賞です!


女子200mバタフライ決勝には、小林奈央選手と長谷川涼香選手のふたりが挑みました。
前半は小林選手が攻め、後半に強い長谷川選手は徐々に順位を上げていく展開に。ラスト50mの時点で3位まで順位を押し上げた長谷川選手は、2分04秒04で銅メダルを獲得しました!
小林選手は後半に粘りを見せますが、2分06秒24の8位という結果となりました。



「今年いちばん納得のいくレースができた試合だったと思います。タイムはもう少し出したかった気持ちはありますが、それでもメダルが獲れたことはとてもうれしいです」(長谷川選手)


続く男子100m平泳ぎでは、小関也朱篤選手が登場。
準決勝後に話していた「自己ベスト、そして金メダルを目指す」との言葉通り、小関選手らしさを存分に発揮したスピード感のあるレースを披露し、56秒13の短水路日本新記録を樹立して3位表彰台を獲得! 銅メダルを手にしました。


「正直に言うと非常に悔しい思いで一杯です。ですが、しっかり課題もクリアできて、タイムは良かったと思います。また明日の3日目には200mもありますので、そこでも自己ベストとメダルをしっかり意識して臨みたいと思います」(小関選手)


女子100m背泳ぎの決勝に8位で進出していた諸貫瑛美選手は、前半から周囲のスピードについていこうと果敢に攻める泳ぎを見せて、57秒18の8位入賞です。


この日の決勝レースを締めくくりは混合4×50mリレー。予選で1分30秒32の短水路日本記録を更新した、松井浩亮選手、中村克選手、佐藤綾選手、今井月選手の4人。決勝では第1泳者に中村選手を置いてスタート。

その中村選手は第1泳者の責任を存分に果たす21秒03で第2泳者の松井選手に引き継ぎます。松井選手は20秒90で、第3泳者の佐藤選手は23秒62、そしてアンカーの今井選手は23秒96でそれぞれ泳ぎ切り、予選の記録をさらに更新する、1分29秒51の短水路日本新記録樹立して4位入賞を果たしました!


女子100m自由形の準決勝に出場した青木智美選手は53秒27で13位、男子100mバタフライ準決勝では、川本武史選手が49秒94の6位で決勝に進出! 井田憲吾選手は自己ベストとなる50秒54で10位となりました。



2日目には日本新記録が5つ樹立され、世界記録が1、日本記録が12(うちタイ記録2)の、新記録の数は合計13となりました。

短水路世界一決定戦は中盤戦に突入です!
引き続き世界の頂点を目指して戦うトビウオジャパンへのご声援、よろしくお願いします!


スタートリスト・リザルトはこちらから!

ナショナル合宿(男子)が始まりました!

今日から20日まで鈴鹿スポーツガーデンでナショナル合宿(男子)が始まりました。
今回は選手86名が参加し、大所帯となりました。
また、今回はイギリスチームも4名参加しています。

S__8151138


開始式では畑井宏道ヘッドコーチ(コナミ北浦和)より、
礼儀の大切さ、感謝の気持ちを忘れずに練習に取り組んで下さい。
というお話がありました。


初対面の選手も多いため、緊張感が漂う中、全体で水中練習を行いました。
S__8151136



また早速、トレーナーより、陸上トレーニングの指導がありました。
S__8151110_0


これから8日間、切磋琢磨しつつ、仲間と一緒に生活することで
多くのことを学んでいって欲しいと思います!


ナショナル合宿(女子)が始まりました!



今日から静岡県富士水泳場と鈴鹿スポーツガーデン水泳場の2会場で、ナショナル合宿が始まりました!
今年は富士会場は女子選手、鈴鹿会場は男子選手と男女別での開催です。


富士会場の様子です!
全員無事に集合し、まずは開始式が行われました。

ヘッドコーチを務める大畑コーチからは、目配り・気配り・心配りをして競技力だけでなく、人間力も向上して欲しいと伝えていました。
EC07ABEA-05FC-4BE1-8E16-E606BB250ADA



ECAD44BB-7E8C-4086-AF44-BDD36D250A0A



次は主任コーチの紹介です。
◯高校生自由形:谷川誠コーチ(須磨学園高)
◯中学生自由形:西条健二コーチ(東京SC)
◯自由形長距離・400m個人メドレー:岡本徹コーチ(枚方SS)
◯平泳ぎ:山本成洋コーチ(大阪水泳学校)
◯バタフライ:栗原直樹コーチ(セントラル府中)
◯個人メドレー:小野潤一コーチ(コナミ西葛西)
CA42E59B-0C34-4316-A210-830D1F60CCAE



今年度の女子キャプテンの紹介です。
女子キャプテンとして任命されたのは、宮坂倖乃選手(コナミ北浦和・高3)です。キャプテンからは沢山の方々の協力があって合宿を行なえているので感謝の気持ちを忘れないで欲しい。また中学生から高校生が参加をしているので、コミュニケーションをとりながら切磋琢磨して練習に励んで欲しいと力強く発言してくれました。
C3E93015-ECAD-4E20-B713-CF238EFD0748



開始式終了後は猪股トレーナーに補強&ストレッチを行い、早速水中練習となりました。
DDCBE16E-FC55-4278-AB8C-73C75EB97D71



水中前後は全員揃って、キャプテンの号令と共に挨拶で一礼です。とてもきれいにできていました。423A07B2-3FC8-4D1B-B44A-4874CEDBCD8C



講習会では味の素による栄養講習です。合宿期間中はもちろん、普段の生活・レース前後には何を口にするのが良いかを学びました。また栄養バランスのとれたメニュー作成も頭を抱えながら作成していました。
BC5D69EB-51E8-43D0-87DC-6DCD0589D6C8


F17BECF9-9474-418B-AB87-DDD0EAB70DA4



合宿期間中はさまざまな講習会を実施します。たくさんのものを学び、吸収し、所属に持ち帰って欲しいと思います。合宿は今日から20日の8泊9日で行われます!




#FINA World Swimming Championships (25m) 2018 in Hangzhou 2日目予選結果

短水路(25m)世界一決定戦、第14回FINA World Swimming Championships (25m) 2018(中国・杭州)。2日目の予選競技が終了しました。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan



2日目の予選は、女子4×50mメドレーリレーからスタート。
竹村幸選手、寺村美穂選手、相馬あい選手、佐藤綾選手の4人で挑み、1分46秒02の短水路日本新記録で3位通過です!

女子100m自由形予選には、青木智美選手が出場。「昨日の疲れが少しあった」としつつも、53秒54の13位で、男子100mバタフライの川本武史選手、井田憲吾選手のふたりは、それぞれ50秒台で泳いで順調にそれぞれ準決勝に駒を進めています。

女子200mバタフライは、長谷川涼香選手が2分05秒19の4位、小林奈央選手が2分05秒28の5位でそれぞれ決勝に進出。

混合4×50mリレーは、松井浩亮選手、中村克選手、佐藤綾選手、今井月選手が1分30秒32の短水路日本新記録を樹立して、全体の4位で決勝に進んでいます。


女子800m自由形では、後藤真由子選手が8分19秒93の8位で決勝に進出しました。森山幸美選手は、8分22秒23の9位です。

男子200m自由形の吉田冬優選手は1分47秒07の30位という結果でした。

予選から日本記録が2つ誕生した2日目。決勝競技での記録更新にも期待がかかります。

大会2日目の決勝には、男子100m平泳ぎの小関也朱篤選手が登場。日本記録を更新しての金メダルを目指します。女子100m背泳ぎには、諸貫瑛美選手が出場。自己ベスト更新を目指して、前半から積極的なレースを期待しましょう!


決勝競技は、現地時間の19時、日本時間の20時からスタートです!

世界のトップアスリートたちとしのぎを削るトビウオジャパンへのご声援、よろしくお願いします!


スタートリスト・リザルトはこちらから!

#FINA World Swimming Championships (25m) 2018 in Hangzhou 1日目結果

短水路(25m)における世界一決定戦となる、FINA World Swimming Championships (25m) 2018(中国・杭州)が開幕しました!
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

初日から、大記録が誕生です!


男子200mバタフライ決勝。予選で1分49秒87の好タイムを出していた瀬戸大也選手が、その記録をさらに更新。ライバルであるチャド・レクロス選手(南アフリカ)に100分の8秒差で勝利し、1分48秒24の短水路世界新記録(アジア新記録・大会新記録・日本新記録)で金メダルを獲得しました!



「短水路のレースとはいえ、世界で誰も出したことがないタイムで泳げたということは、とても自信になります。しかも元世界記録保持者に競り勝っての世界記録で優勝なので、すごくうれしいです。400m個人メドレーでも世界記録を出して、2つの新記録を達成したいですね」(瀬戸選手)


男子200m個人メドレーでは藤森太将選手が、目標としていた1分51秒台には届きませんでしたが、1分52秒73で銅メダルを獲得!


「メダルを獲得できたのはすごくうれしいです。でも、目標としていたタイムに届かず、まだまだ力不足を感じています。100m個人メドレーでは、前半から攻めていって優勝を狙います」(藤森選手)


瀬戸選手、藤森選手の活躍に刺激を受けた青木智美選手、佐藤綾選手、今井月選手、五十嵐千尋選手の4人の選手たちは、女子4×100mリレーで3分31秒68の短水路日本新記録を樹立して4位入賞です!


さらに、男子4×100mリレーでは、第1泳者の中村克選手が46秒22の短水路日本新記録を樹立! そのあとを関海哉選手、松井浩亮選手、吉田冬優選手が引き継ぎ、惜しくも日本記録には届きませんでしたが、3分07秒87の6位入賞を果たします。


女子50m平泳ぎの予選で30秒20の短水路日本新記録をマークした寺村美穂選手。準決勝でも全く同じタイムで泳ぐと、オーストラリアのジェシカ・ハンセン選手と8位同着となり、スイムオフ。そのスイムオフではハンセン選手に敗れて決勝進出はなりませんでした。それでも、この日3回目のレースで30秒14をマークして短水路日本新記録をさらに更新しました。


そのほかの決勝種目では、女子400m個人メドレーで清水咲子選手が4分31秒07で6位、高橋美帆選手が4分35秒62の8位となりました。


男子100m背泳ぎ準決勝に出場の入江陵介選手は、50秒45の10位。


男子100m平泳ぎ準決勝では、小関也朱篤選手が56秒42の好タイムで3位決勝進出を決めています。渡辺隼人選手は57秒51の15位という結果に。


女子100m背泳ぎ準決勝は、諸貫瑛美選手が57秒32で8位決勝進出。赤瀬紗也香選手は57秒48で惜しくも9位となりました。


初日は世界記録が1、日本記録が7(うちタイ記録2)、合計8つの新記録が生まれました。


短水路世界一決定戦はまだまだ始まったばかり。引き続き世界の頂点を目指して戦うトビウオジャパンへのご声援、よろしくお願いします!


スタートリスト・リザルトはこちらから!

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pachapo