TOBIUO JAPAN Journal

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

【競泳】 #世界水泳2019 5日目予選結果

韓国・光州で開催されている世界水泳2019の5日目予選が終了しました。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

連日レースが続いている大本里佳選手は、女子100m自由形に出場して54秒89の26位となりました。


男子200m背泳ぎには、入江陵介選手と砂間敬太選手のふたりが出場。入江選手は1分57秒60の7位で準決勝に進出。「準決勝は56秒台中盤か前半がラインになると思う」と気を引き締めていました。砂間選手は1分58秒40の19位という結果でした。



女子200m平泳ぎでは、青木玲緒樹選手が2分25秒93で11位準決勝進出。準決勝は「100mをターンしてから上げていきたい」と意気込みます。


男子200m平泳ぎには、小日向一輝選手と渡辺一平選手が登場。小日向選手は2分09秒92の14位、渡辺選手は2分09秒68の9位タイでそれぞれ順当に準決勝に駒を進めました。



この日予選の最後は、女子4×200mリレー。白井璃緒選手・五十嵐千尋選手・青木智美選手・池本凪沙選手の4人で挑み、7分56秒00の8位で夜の決勝進出を果たしました。


大会5日目の決勝競技は、バタフライで銀メダルを獲得して勢いに乗るトビウオジャパンのキャプテン、瀬戸大也選手が出場する男子200m個人メドレーと、女子4×200mリレーです。


瀬戸選手がふたつ目のメダル獲得なるか! 注目の準決勝・決勝は20:00からスタートです!

◆競泳5日目:予選結果◆
・女子100m自由形 予選
大本里佳 54秒89 26位
・男子200m背泳ぎ 予選
入江陵介 1分57秒60 7位 準決勝進出
砂間敬太 1分58秒40 19位
・女子200m平泳ぎ 予選
青木玲緒樹 2分25秒93 11位
・男子200m平泳ぎ
小日向一輝 2分09秒92 14位
渡辺一平 2分09秒68 9位タイ
・女子4×200mリレー 予選
白井璃緒・五十嵐千尋・青木智美・池本凪沙 7分56秒00 8位 決勝進出!
(1分59秒68・1分59秒17・1分58秒17・1分58秒98)

スタートリスト・リザルトはこちらから!

【競泳】 #世界水泳2019 4日目決勝結果

世界水泳2019(韓国・光州)の4日目の準決勝、決勝競技が終了しました。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

この日は、トビウオジャパンのキャプテンがチームを勢いづけるメダル獲得です!

男子200mバタフライの決勝。瀬戸大也選手がライバルのKristof MILAK選手(ハンガリー)やChad le CLOS選手(南アフリカ)らとメダル争いを繰り広げました。
前半から世界記録ペースで飛び出すMILAK選手とCLOS選手のふたり。そのふたりについて行くかたちで瀬戸選手がレースを展開していきます。


150mの時点でMILAK選手が一気に抜け出し、瀬戸選手とCLOS選手の銀メダル争いに。勝負はラスト5mでした。ラスト50mで併泳するふたりでしたが、残り5mになったところで瀬戸選手が頭ひとつ抜けてフィニッシュ! 1分53秒86の自己ベストをマークして銀メダルに輝きました!


「ふたりについて行く感じで前半から積極的に攻めていって、100mから150mは耐えて、ラスト50mの勝負だと思っていました。最後はキツかったですけど、練習の成果が出てChad選手に競り勝つことができました。銀メダルは素直にうれしいです」(瀬戸選手)


瀬戸選手は、200mバタフライのあと1時間もしないうちに男子200m個人メドレーの準決勝にも出場。「思ったよりも優のある泳ぎができた」と、1分57秒10と予選よりもタイムを上げて全体の3位で決勝に駒を進めました。


女子200m自由形決勝には、白井璃緒選手が出場。初の世界選手権で初の決勝の舞台。「とても緊張しました」と話していましたが、前半から堂々としたレースを見せて、1分57秒14の8位入賞です!


男子初の100m自由形での決勝進出を目指した中村克選手と塩浦慎理選手。果敢に攻めていきますが、中村選手は48秒45の10位、塩浦選手は48秒54の13位で準決勝敗退となりました。



女子200mバタフライの準決勝では、牧野紘子選手、長谷川涼香選手ともに、持ち味の後半を生かすことができず、長谷川選手が2分09秒22の10位、牧野選手が2分09秒60の11位となりました。



大会5日目は、女子100m自由形に大本里佳選手、男子200m背泳ぎに入江陵介選手と砂間敬太選手、女子200m平泳ぎには青木玲緒樹選手、男子200m平泳ぎには渡辺一平選手と小日向一輝選手が出場! そして女子4×200mリレーも含めた合計5種目が行われます。

Go! トビウオジャパン!!

◆競泳4日目:準決勝・決勝結果◆
・女子200m自由形 決勝
白井璃緒 1分57秒14 8位
・男子200mバタフライ 決勝
瀬戸大也 1分53秒86 銀メダル獲得! 自己ベスト

・男子100m自由形 準決勝
塩浦慎理 48秒54 13位
中村克 48秒45 10位
・女子200mバタフライ 準決勝
長谷川涼香 2分09秒22 10位
牧野紘子 2分09秒60 11位
・男子200m個人メドレー 準決勝
瀬戸大也 1分57秒10 3位 決勝進出!

スタートリスト・リザルトはこちらから!

【競泳】 #世界水泳2019 4日目予選結果

韓国・光州で開催されている世界水泳2019の4日目予選が終了しました。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

まずは女子50m背泳ぎ予選に酒井夏海選手が出場。早速日本記録にあと0秒4に迫る、27秒91をマーク。予選20位という結果でした。


昨日銀メダルを獲得した松元克央選手に続いて、自由形の新しい扉を開くべく臨む男子100m自由形には、塩浦慎理選手と中村克選手が出場。ふたりは同タイムの48秒68の予選11位タイで準決勝に進出しました。



男子200m個人メドレー予選は、瀬戸大也選手が周囲を見ながらレースを展開。そのなかでも1分57秒90の好タイムで泳ぎ切り、全体2位で準決勝に進んでいます。


女子200mバタフライ予選では、同じクラブで同級生の長谷川涼香選手と牧野紘子選手が登場。長谷川選手は2分10秒03の12位、牧野選手は2分09秒88の10位で、それぞれ順当に準決勝進出を決めています。



予選最後の種目だった混合4×100mメドレーリレー。酒井選手、小関也朱篤選手、水沼尚輝選手、大本里佳選手の4人で挑みますが、残念ながら引き継ぎでの失格となりました。

大会4日目の決勝競技はふたつ。女子200m自由形で白井璃緒選手、男子200mバタフライには瀬戸選手が出場。瀬戸選手は200m個人メドレーの予選、そして準決勝も泳ぐため、非常にタフな一日になりますが、瀬戸選手らしい思い切ったレースに期待です。白井選手は初の決勝の舞台で、準決勝でマークした自己ベストのさらなる更新を目指します!



注目の準決勝・決勝は20:00からスタートです!

◆競泳4日目:予選結果◆
・女子50m背泳ぎ 予選
酒井夏海選手 27秒91 20位
・男子100m自由形 予選
塩浦慎理 48秒68 11位タイ 準決勝進出
中村克 48秒68 11位タイ 準決勝進出
・男子200m個人メドレー 予選
瀬戸大也 1分57秒90 2位 準決勝進出
・女子200mバタフライ 予選
長谷川涼香 2分10秒03 12位 準決勝進出
牧野紘子 2分09秒88 10位 準決勝進出
・混合4×100mメドレーリレー 予選
酒井夏海・小関也朱篤・水沼尚輝・大本里佳 失格
(1分00秒08・59秒50・51秒85・53秒87 3分45秒30 ※参考)

スタートリスト・リザルトはこちらから!

【競泳】 #世界水泳2019 3日目決勝結果

世界水泳2019(韓国・光州)の3日目の準決勝、決勝競技が終了しました。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

この日、トビウオジャパンに待望のメダルが誕生しました!


男子200m自由形の決勝。前半の100mから果敢に攻めて2番手で折り返した松元克央選手は、150mでは5位にまで順位を下げます。ですが、それはラスト50mでのスパートのためでした。最後のターン後、キックを入れてスパートをかけた松元選手は、1分45秒22の日本新記録で3位フィニッシュ。しかし、1位のDanas RAPSYS選手(リトアニア)がフライングで失格。繰り上げで銀メダルを獲得しました!



「ラストは明日動けなくなるくらい動かせと鈴木陽二先生からも言われていました。とことん自分のレースをしようと決めていました。緊張で頭が真っ白になっていましたが、身体がレースを覚えていました。今は何もかも信じられない気持ちでいっぱいです」(松元選手)

S__126885914

女子100m背泳ぎ決勝に臨んだ酒井夏海選手。「前半から攻める」という言葉通りテンポを上げて積極的なレースを展開。予選、準決勝、そして決勝としっかり3本タイムを上げて、59秒56の6位入賞です!


ベテラン入江陵介選手は、男子100m背泳ぎ決勝に出場。「いまいち思ったよりスピードが上がっていない」と悔しさの残る53秒26の6位入賞でしたが、「200mに向けては大きな泳ぎでいけると思います」と、得意な200mに向けて気持ちを切り替えていました。


最後を締めくくる女子100m平泳ぎの決勝には、準決勝を3位で通過した青木玲緒樹選手が登場。ラスト、タッチ勝負になるまで熾烈な3位争いでしたが、惜しくも3位のMartina CARRARO選手(イタリア)に100分の4秒差で敗れましたが、堂々の4位入賞を果たしました。


準決勝種目は3種目。男子200mバタフライでは瀬戸大也選手が「ちょっと落ち着きすぎました」と1分55秒33と予選よりタイムを落としますが、3位で決勝に進出。「明日は自分ができることを精一杯やって、全力でメダルを獲得したいと思います」と意気込みを話してくれました。


女子200m自由形に出場していた白井璃緒選手と五十嵐千尋選手。白井選手は前半から果敢に攻めていき、1分56秒82の自己ベストをマークして8位決勝進出です! 五十嵐選手は1分58秒97の16位となりました。



男子50m平泳ぎの小関也朱篤選手は27秒22の13位という結果でした。


大会4日目は、女子50m背泳ぎに酒井選手、男子100m自由形に中村克選手と塩浦慎理選手が、男子200m個人メドレーに瀬戸選手、女子200mバタフライには長谷川涼香選手と牧野紘子選手のふたりが出場。そして、混合4×100mメドレーリレーにも出場します!

Go! トビウオジャパン!!
S__126885915

◆競泳3日目:準決勝・決勝結果◆
・男子200m自由形 決勝
松元克央 1分45秒22 2位 銀メダル獲得!
・女子100m背泳ぎ 決勝
酒井夏海 59秒56 6位入賞!
・男子100m背泳ぎ 決勝
入江陵介 53秒26 6位入賞!
・女子100m平泳ぎ 決勝
青木玲緒樹 1分06秒40 4位入賞!

・男子50m平泳ぎ 準決勝
小関也朱篤 27秒22 13位
・女子200m自由形 準決勝
白井璃緒 1分56秒82 自己ベスト 8位決勝進出!
五十嵐千尋 1分58秒97 16位
・男子200mバタフライ 準決勝
瀬戸大也 1分55秒33 3位決勝進出!

スタートリスト・リザルトはこちらから!

【競泳】 #世界水泳2019 3日目予選結果

韓国・光州で開催されている世界水泳2019の3日目予選が終了しました。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

3日目の予選は全部で4種目。そのうち、3種目にトビウオジャパンが登場です。

男子50m平泳ぎ予選では、昨日の100mで4位入賞を果たした小関也朱篤選手が出場し、27秒33の16位で準決勝に進出。


女子200m自由形には、白井璃緒選手と五十嵐千尋選手の二人が出場しました。白井選手、五十嵐選手ともに前半から攻めるレースで、白井選手が1分58秒10の12位、五十嵐選手が1分59秒18の16位でそれぞれ準決勝進出です。



男子200mバタフライには、短水路世界記録保持者として瀬戸大也選手が登場。「積極的に行こうと思っていた」と、小気味良いテンポでベストに迫る1分54秒56の2位で準決勝に進んでいます。


大会3日目の決勝競技には、男子200m自由形の松元克央選手が、女子100m背泳ぎに酒井夏海選手、男子100m背泳ぎには入江陵介選手が、そしてこの日最後を締めくくる女子100m平泳ぎ決勝には青木玲緒樹選手が、それぞれメダル獲得に挑戦します!





注目の準決勝・決勝は20:00からスタートです!

◆競泳3日目:予選結果◆
・男子50m平泳ぎ 予選
小関也朱篤 27秒33 16位 準決勝進出
・女子200m自由形 予選
白井璃緒 1分58秒10 12位 準決勝進出
五十嵐千尋 1分59秒18 16位 準決勝進出
・男子200mバタフライ 予選
瀬戸大也 1分54秒56 準決勝進出

スタートリスト・リザルトはこちらから!

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pachapo