11月30日に東京アクアティクスセンターで開幕を迎えたジャパンオープン2023。2日目のレースが終了しました!
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

男子1500m自由形は、序盤は竹田涉瑚選手(オーエンス)を中心に、尾﨑健太選手(セントラルスポーツ)、吉田惇哉選手(自衛隊)、高校生の今福和志選手(枚方SS/四條畷学園高校)の4人が横並びでレースを展開。後半に入って、その混戦を抜け出した竹田涉瑚選手(オーエンス)が最後は貫禄の勝利。15分11秒69で2連覇です!

「レース序盤のプランの立て方が下手だったな、と感じています。前半から競っていたらダメ。もっと最初から自分のペースで泳げるようにしないといけないと感じました」(竹田選手)

女子50m平泳ぎでは、日本記録を連発した鈴木聡美選手(ミキハウス)が、スタートで頭一つ抜け出したChelsea Hodges(オーストラリア)を後半に追い上げ、最後は100分の1秒差で逆転! 30秒56の好タイムで優勝を果たしました!

「レース前は本当にすごく緊張したんですが、そのなかで良い記録で泳げて優勝できました。良い緊張感を味わえて楽しいレースでした」(鈴木選手)

男子50m平泳ぎは、予選で谷口卓選手(中京大学)が27秒05の日本学生新記録を樹立。決勝ではSamuel Williamson(オーストラリア)が26秒77で優勝。谷口選手はWilliamsonに迫るも27秒24で2位という結果でした。

女子400m個人メドレーはバタフライから成田実生選手(金町SC)がリードを奪います。平泳ぎで大橋悠依選手(イトマン東進)が迫りますが、最後の自由形で最後周囲との差を広げるようにしてフィニッシュ。4分37秒93で優勝です!

「自己ベストの更新を狙っていたのでタイムには悔しい気持ちがあります。でも優勝ができたことは自信にもなりますし、この後の200m個人メドレーや200m背泳ぎでも良い結果を残せるように頑張りたいと思います」(成田選手)

女子200m自由形は、好調池本凪沙選手(イトマン東京/中央大学)が、後半にオーストラリアのBrittany Castelluzzoを逆転。1分58秒55で優勝を果たしました!

「自分のレースをしようと心がけて臨みました。それができたから、優勝できたと思います。タイムは納得できないところはありますが、優勝できて良かったです」(池本選手)

男子200m自由形では、150mを過ぎて一気に抜け出した眞野秀成選手(セントラルスポーツ)が、世界と戦った経験を生かして1分47秒22で優勝です!

「自己ベストに近いタイムは出したかったので、46秒台に届かなかったことはちょっと悔しいですね。もっと練習して、さらにレベルアップしていきたいです」(眞野選手)

女子100m背泳ぎは、前半から攻めた白井璃緒選手(ミズノ)が、惜しくも59秒台には届かなかったものの、1分00秒46で優勝を飾っています。

「合宿中と言うこともあってスピードは出ていないな、という感じですが、優勝できてホッとしています。泳ぎ作りに取り組んでいて、今回は崩れることなく良い泳ぎで泳ぎ切れたので、これからもその泳ぎで練習を積んでいきたいと思っています」(白井選手)

男子100m背泳ぎでは、前半を松山陸選手(明治大学/銀座千疋屋)が26秒00で折り返します。後半、Bradley Woodward(オーストラリア)に逆転されましたが、松山選手も粘りの泳ぎで54秒06の2位で日本人トップの成績を残しました。

「53秒台を出したかったので悔しい気持ちです。前半は良い感じで泳げていたので、後半に課題があるのかな、と思っています。持ち帰って、しっかり練習して目標とする52秒台を出せるように頑張っていきます」(松山選手)

2日目には、待望の新記録が誕生しました!
3日目にも好記録、好勝負を期待しましょう!
世界に向けた第一歩を踏み出した選手たちへのご声援をよろしくお願いします!

スタートリスト・リザルトはこちらです!

日本水泳連盟公式YouTubeでも配信しています!