11月30日から東京アクアティクスセンターで行われているジャパンオープン2023も最終日です!
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

女子1500m自由形は、400mを制した小堀倭加選手(あいおいニッセイ/相模原市水泳協会)がスピードを生かしたレースを展開。中盤から一気に2位以下に大きな差をつけて、危なげないレース運びでフィニッシュ。16分17秒80で優勝を果たしました! 小堀選手はこれで2冠達成!

「持久力の練習もかねて出場しましたが、まだまだ持久力が足りていないな、ということを実感しました。前半のスピードと合わせてこれから強化していきます」(小堀選手)

男子800m自由形タイムレース決勝は、最後の100mまでほぼ横一線。ラスト50mでオーストラリアのMatthew Galea選手と田渕海斗選手(NECGSC溝の口/明治大学)の二人が抜け出し、最後はGalea選手がタッチ差で勝利。記録は7分56秒59でした。田渕選手はまたもGalea選手に敗れてしまいましたが、7分56秒94で2位に入りました!

「今大会、これで9レース目。疲れもありましたが、海外選手と真剣勝負ができたのはとても良い経験でした」(田渕選手)

誰が勝ってもおかしくない女子の50m自由形は、山本茉由佳選手(ルネサンス)好スタート。ラスト25mに入ってスッと頭ひとつ抜け出し、25秒34でジャパンオープン初優勝です!

「国体から4大会連続で優勝することができて、とても自信がついたレースになりました」(山本選手)

続く男子50m自由形では、Kyle Chalmers選手(オーストラリア)と塩浦慎理選手(イトマン東進)が最後まで接戦を繰り広げます。22秒12で勝利したのはChalmers選手。そして2番手には、1レーンから後半に入って伸びを見せた坂井孝士郎選手(大和ハウス)が22秒21で入りました! 塩浦選手を100分の1秒差で逆転して2位を勝ち取りました。

「コンディションはあまり良くなかったのですが、2位がとれて良かったです。また今大会を振り返って、次のトレーニングに生かしていきたいと思います」(坂井選手)

女子200m背泳ぎは白井璃緒選手(ミズノ)と水野柚希選手(スウィン大教/栄東高校)が積極的に攻めます。後半のラスト50mでこのふたりを捉えて一気に逆転したのが、成田実生選手(金町SC)。2分10秒84で優勝を果たしました。成田選手はこれで今大会3冠です!

「前半は特に何秒で入るとかは考えず、後半、接戦になることはわかっていたので、強い気持ちを持って泳ぐように決めていました。その通りのレースができて良かったです」(成田選手)

男子200m背泳ぎはBradley Woodward選手(オーストラリア)が最初から最後までリードを譲ることなく勝ちきり、1分55秒56をマークして優勝。2位に入ったのは、ラスト50mで一気に追い上げてきた加藤理選手(山陰パナソニック/アクアみすみ)。先行する選手たちと2秒近くあった差を一気に逆転し、1分57秒89の自己ベストで2位に入りました。

「2月にケガをしてから、ようやくタイムを出すことができてうれしいです。3月の国際大会代表選手選考会で戦えるように、また頑張ります」(加藤選手)

女子100mバタフライはまさに混戦。ラスト10mとなった時点で、5人が言葉通り横一線に並びます。最後のタッチ勝負になったところで、廣下菜月選手(中京大学)と飯塚千遥選手(NOK)が一歩リード。100分の1秒差の勝負を制したのは、廣下選手でした! 57秒87で優勝し、飯塚選手も57秒88の好タイムで2位獲得です!

「2冠はとてもうれしいです。毎日コツコツ練習してきた成果を1試合ごとに感じています」(廣下選手)

男子100mバタフライは、オーストラリアのMatthew Temple選手が23秒47で折り返すと、ターン後のドルフィンキックから浮き上がると周囲と差を大きく広げ、50秒25の自己ベストで優勝を飾りました。2位に入ったのは、そのTemple選手に食らいついた川本武史選手(TOYOTA)。記録も51秒69と安定して高いレベルを維持しています!

「テンプル選手の泳ぎが素晴らしくて、自分もついていきたかったけど厳しかったです。ただ、自分の泳ぎもスピードが出ていると感じているので、もっと強化していきます」(川本選手)

女子200m平泳ぎでは、前半から流れるような泳ぎを見せていた渡部香生子選手(MEIGI)が、終始リードする展開に。後半に入っても泳ぎのリズムは崩れずフィニッシュ。2分23秒66の好タイムをマークして優勝です!

「前半から思い切っていけないレースが続いていたのですが、今回は満足できるレースができました。最後はハッピーな気持ちで水泳人生を終わらせるために、今頑張っています。最後まで悔いなくやりきりたいと思います」(渡部選手)

男子200m平泳ぎは、渡辺一平選手(TOYOTA)が、前半をただひとり1分01秒台で折り返す積極性を見せます。後半も持ち味の大きな泳ぎは健在。最後はリードを広げて2分07秒70の、こちらも好タイムで優勝を果たしました!

「調子はあまり良くなかったので、次につなげるレースをしたい、ということで前半から攻めていきました。まだ最後の50mでテンポアップする練習をしていないなかでのこのタイムは、良かったなと思っています」(渡辺選手)

2023年の主要大会はこれで終了。4日間、ご声援ありがとうございました!
2024年はいよいよ五輪イヤーです! 引き続き、選手たちへのご声援をよろしくお願いします!

スタートリスト・リザルトはこちらです!

日本水泳連盟公式YouTubeでも配信しています!