TOBIUO JAPAN Journal

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

2010年12月

皆様よいお年を

2010年もあと1日で終わります。
今年のトビウオジャパンを振り返りつつ、年末のご挨拶といたします。

今年度主要国際大会であったパンパシフィック選手権(8月)、アジア大会(11月)は惨敗の一言に尽きます。この結果を踏まえ、強化計画・方法を再度立案し上海世界選手権に全力を尽くさなければなりません。

また先日ドバイにて行われた第10回短水路世界選手権(ドバイ)において痛切に感じたことがあります。ブラジルの選手が優勝した際、表彰台で泣き崩れ、それをスタンドのチームメイトやスタッフが両手を突き上げて祝福していた姿が非常に印象的で、目に焼きつきました。この光景は現在の日本チームに失われているものを思い出させてくれました。

アメリカやオーストラリアなどの強豪国に関しても言えることですが、近年ではナショナルアイデンティティを基本とした、戦うためのモチベーションが新興国と比べ、希薄になりつつあるように感じています。

メダル0で終わったアトランタ以降、シドニーまでの4年間、右も左もわからずにただがむしゃらに前進していました。初日に行われた女子400m個人メドレーで田島寧子が銀メダルを獲得した時、自然と涙がでてきました。そのとき横で応援していた山本貴司にだけ見られてしまいましたが、その彼もまた、アテネで田島同様に金メダルを狙っての銀メダルを獲得してくれました。

日本チームに対する世間の評価も7月までとは打って変わって違うものとなっています。現在日本代表が向かおうとしているロンドンまでの道のりは、シドニーのときと重なります。もう2年間を切っている今、どのように強化を進めていくか、勝負のときです。

2011年4月からJOCナショナルコーチとして所属を2年間休職して、日本代表の強化に専念して参ります。

それでは皆様、良いお年を。

平成22年12月30日
(財)日本水泳連盟 競泳委員長 上野広治


2012年ロンドンオリンピックパークの完成予定図
DSCF0541


建設中のアクアティックセンター
DSCF0543


建設中のアクアティックセンターをバックに
DSCF0547

合宿終了!

本日、無事に3つの合宿が終了しました。

ナショナル合宿の方は、最後までしっかり頑張り切り、みんな気持ちよくフィニッシュです。天気もよく、富士合宿組は綺麗な富士山を眺めながら解散となりました。

日本水泳連盟としての行事は、これで終了ですが、ブロック合宿や所属の合宿など、選手達の冬場の強化はまだまだ続きます。来年、再来年と結果を出していく為には、あとひと踏ん張りです。

学びの場

 ナショナル合宿は、選手だけでなくコーチにおいても貴重な学びの場です。
今回は初参加のコーチの方々が多く、ベテランコーチから学ぼうと、意欲的な姿が随所で
見られました。

P1030029


 最終日は、若手コーチたちに経験を積んでもらうと、練習の企画から、実施での指揮をお任せして、
強化合宿での締めを盛り上げて頂きました。
P1030157


 リレーでは、 『自分の力に挑戦する』 ことを目標に、選手とコーチとがチームワークを高めて、レースにのぞみました。学年・種目をこえた競泳に、選手達は夢中です。
 ここでの経験が、TOBIUO JAPANとして、代表選手となるための礎となってくるでしょう。
P1030167


 今回の合宿では、コーチの方々が、水泳指導だけでなく、生活や安全面、各準備などに積極的に参加してくださったおかげで、チームワークがとれた充実した合宿となりました。
本当にありがとうございました。

Mt. Fuji

合宿も終わりが見えてくると、選手たちは最後の力を振り絞ります。フレッシュで良い感じです。

選手たちは毎日、練習ノートをつけています。
nat14


後半戦はトレーナーさんもいなくなり、各グループでドライランドを行っています。
こちらはミドルグループ。アリーナつきみ野の萱原コーチの指導中です。
nat15


午後は、今シーズンシニアの遠征を経験してきた2名の選手がみんなに対してお話ししました。

東選手。
nat16


小堀選手。
nat17


最後は、古橋名誉会長の代名詞「フジヤマのトビウオ」にもなった日本一のこの山です。
nat18


残り1日。頑張ります!

インター合宿 公開練習日

ナショナル合宿と並行して、JISSではインターナショナル合宿が行われています。こちらの合宿は各チーム単位での練習なので、みんなマイペースにトレーニングを行っています。世界短水路選手権でドバイに行っていた入江陵介選手(イトマンSS)、藤野舞子選手(FBインターナショナル)、金藤理絵選手(東海大学)も帰国後、そのまま合流しました。

昨日は報道向けの公開練習日でした。インター合宿も明日までです。

取材を受けている古賀淳也選手(スウィン埼玉)
DVC00038


ドバイから帰国後すぐに合流した入江陵介選手(イトマンSS)
DVC00039

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pachapo