TOBIUO JAPAN Journal

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

2012年06月

カレージャは快晴です。

ローマでのセッテコリ杯を終え、一昨日からカレージャ合宿がスタートしました。

初日は移動疲れを抜くため軽いスイムメニューをこなし、昨日から早速トレーニングに突入。今合宿では唯一の男子、萩野公介選手はいきなり迫力ある練習をしていました。
DSC09494


そして本日は見事な快晴。
DSC09510


太陽を浴びながらコーチ陣も水着での指導です。それでも僅かな日陰を見つける前田コーチ。
DSC09502


恵まれた環境で、充実したトレーニングが出来そうです。

ロンドンオリンピックまであと37日!

米国オリンピック選考会のエントリーリスト公表!

まだオリンピック代表が決定していない最後の大国アメリカのオリンピック選考会がいよいよ来週6月25日から始まります。6日後に迫ったこの試合のエントリーリストが本日公表されました。

2012 U.S. Olympic Team Trials - Swimming -
(米国オリンピック選考会エントリーリスト)

228569_olympic-trials-logo


やはり米国のエントリーで注目されるのはMichael Phelps選手とRyan Lochte選手。2選手のエントリーは以下の通りです。

Michael Phelps:7種目
100m自由形/200m自由形/200m背泳ぎ/100mバタフライ/200mバタフライ/200m個人メドレー/400m個人メドレー

Ryan Lochte:11種目
50m自由形/100m自由形/200m自由形/400m自由形/100m背泳ぎ/200m背泳ぎ/100m平泳ぎ/100mバタフライ/200mバタフライ/200m個人メドレー/400m個人メドレー

現実的にエントリーしている全種目に出場するとは考えにくいだけに、既にここから駆け引きは始まっているようです。この2選手のエントリーは日本の選手にも大きく影響を与えるので、6月25日から始まる米国オリンピック選考会からは目が離せません!!

ローマから次の合宿地へ

ローマで行われたセッテコリ杯も終了し、ヨーロッパでそのままトレーニングを行う選手たちは、本日次の合宿地に入りました。

まずはカレージャ!スペインはバルセロナ近郊のこの街で、昨年に続き合宿を行います。萩野公介選手、松島美菜選手、渡部香生子選手、大塚美優選手の4名がこの合宿に参加しています。昨日日本を出発し、現地で合流した所属の担当コーチとの再会も果たし、ここから最後の準備に取りかかって行きます。

そしてフォントロミュー!チーム平井の上田春佳選手、寺川綾選手、加藤ゆか選手はフランスはピレネー山脈のこの地で高地トレーニングに臨みます。

ローマからバルセロナまでは同便で到着。
DSC09487


ここからまたそれぞれの合宿地へと分かれて行きました。

アメリカ、日本、ヨーロッパ。ロンドンオリンピックに向けて、世界各地でトビウオジャパンがトレーニングに励んでいます!

ロンドンオリンピックまであと38日!

ロンドン五輪代表選手プロフィール:貴田裕美(ALSOK群馬)

貴田裕美(きだ・ゆみ)
kida


生年月日:1985年6月30日
出身地:埼玉県
所属:ALSOK群馬
コーチ:青木和子
身長:160cm
体重:54kg
血液型:B型
出身校:高崎北高校(2004年卒)
前橋国際大学(2008年卒)


国際大会:
【競泳】
2001年世界選手権(福岡)
2005年世界選手権(モントリオール)
2005年ユニバーシアード(イズミール)
2005年東アジア大会(マカオ)
2009年ユニバーシアード(ベオグラード)
2010年パンパシフィック選手権(アーバイン)
【OWS】
2010年パンパシフィック選手権(アーバイン)
2010年W杯中国大会
2010年W杯香港大会
2011年W杯セチュバル大会
2011年世界選手権(上海)
2011年W杯中国大会
2011年W杯香港大会
2012年全豪選手権
2012年W杯エイラート大会
2012年W杯カンクーン大会
2012年ロンドン五輪世界最終予選

主な戦績:
【競泳】
2004年日本選手権 1500m自由形 1位
2005年日本選手権 1500m自由形 2位
2005年ユニバーシアード 1500m自由形 5位
2005年東アジア大会 1500m自由形 銅メダル
2009年日本選手権 400m/800m/1500m自由形 2位
2009年ユニバーシアード 800m自由形 銀メダル
2009年ユニバーシアード 1500m自由形 金メダル
2010年日本選手権 800m/1500m自由形 2位
2010年パンパシフィック選手権 1500m自由形 7位
2010年W杯北京大会 800m自由形 銀メダル
2010年W杯東京大会 400m/800m自由形 銅メダル
2010年W杯シンガポール大会 400m/800m自由形 銅メダル
【OWS】
2010年日本選手権 1位
2010年パンパシフィック選手権 10km 8位
2011年W杯セチュバル大会 10km 7位
2011年世界選手権 10km 35位
2011年W杯中国大会 10km 6位
2011年W杯香港大会 10km 4位
2012年全豪選手権 10km 2位
2012年ロンドン五輪世界最終予選 10km 13位

ベストタイム:
400m自由形 4:10.57
800m自由形 8:34.55
1500m自由形 16:22.45

『オリンピックOWS日本代表第1号』
高校1年時、福岡で行われた世界選手権で初の日本代表入り。代表からは遠ざかった時期もあったが、日本の第一線で戦う競泳のトップスイマーとしてキャリアを積んで来た。転機は2010年春。競泳競技でパンパシフィック選手権の出場権を得ると、OWS出場への道も開かれた。オリンピックという目標が出来ると、次第にOWSへとのめり込んで行く。パンパシでは経験不足から厳しい戦いを強いられたが、W杯出場、豪州武者修行を経て、 競泳からOWSのトップスイマーへと転身を図り、経験と実績を積んで行った。ロンドン五輪世界最終予選では、ラストの接戦を制し、遂にOWSでは日本人として初となるオリンピック出場権を獲得した。

貴田裕美プロフィール(PDF)

ロンドン五輪代表選手プロフィール:平井康翔(柏洋スイマーズ柏スクール/明治大学)

平井康翔(ひらい・やすなり)
hirai


生年月日:1990年4月2日
出身地:千葉県
所属:柏洋スイマーズ柏スクール/明治大学(4年)
コーチ:森謙一郎
身長:175cm
体重:70kg
血液型:
出身校:市立船橋高校(2009年卒)


国際大会:
【競泳】
2008年世界ジュニア選手権(モンテレー)
【OWS】
2010年W杯中国大会
2010年W杯香港大会
2011年W杯セチュバル大会
2011年世界選手権(上海)
2011年ユニバーシアード(深圳)
2011年W杯中国大会
2011年W杯香港大会
2012年全豪選手権
2012年W杯エイラート大会
2012年W杯カンクーン大会
2012年ロンドン五輪世界最終予選

主な戦績:
【競泳】
2007年全国高校総体 1500m自由形 2位
2008年世界ジュニア選手権 400m自由形 6位
2008年全国高校総体 400m自由形 1位
2008年日本選手権 1500m自由形 8位
2009年日本選手権 1500m自由形 8位
2010年日本選手権 400m自由形 5位
2010年ジャパンオープン 400m自由形 3位
2010年日本学生選手権 400m自由形 2位
2011年国際大会代表選考会 400m自由形 6位
2011年ジャパンオープン 400m自由形 2位
【OWS】
2009年日本選手権 1位
2010年日本選手権 2位
2011年国際大会代表選考会 1位
2011年W杯セチュバル大会 10km 9位
2011年世界選手権 5km 12位/10km 36位
2011年ユニバーシアード 10km 3位
2012年全豪選手権 5km 3位/10km 4位
2012年ロンドン五輪世界最終予選 10km 6位

ベストタイム:
400m自由形 3:51.71
1500m自由形 15:31.42

『"有言実行"日本OWS界の歴史にその名を刻む』
競泳競技では400m自由形でインターハイ優勝、世界ジュニア選手権6 位入賞、と輝かしい成績を持ったスイマーがOWS競技に本格的に参戦したのは2009年だった。その後、自ら海外のOWS大会にも精力的に出場し、経験を積んできた。自身初の大舞台となった昨夏の世界選手 権では、世界の洗礼を受け10kmは36位に終わった。しかし、その数週 間後に行われたユニバーシアードでは、見事銅メダルを獲得。そして迎えたロンドン五輪最終予選、「3度諦めそうになった」と語りながらも、 持ち前のガッツで戦い抜き、見事OWS日本男子初となるオリンピック出場を決めた。ファイティングスピリットを前面にして、世界に挑む。

平井康翔プロフィール(PDF)

ロンドンオリンピックまであと40日!

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pachapo