TOBIUO JAPAN Journal

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

2013年06月

全米選手権が終了!世界水泳バルセロナ代表選手も発表されています!

全米選手権が終了しました。

注目の男子200m個人メドレーではRyan Lochte選手が貫禄の強さを見せ、萩野公介選手の記録を抜く1分55秒44の好記録で優勝。2位のConor Dwyer選手も1分57秒74の好記録です。女子200m個人メドレーではCaitlin Leverenz選手が2分10秒13で優勝。

また男子50m自由形では5位までが21秒台というハイレベルなレースが行われ、Nathan Adrian選手が21秒47で優勝、Anthony Ervin選手が21秒70で2位、UCバークレーの2選手がワンツーフィニッシュを飾っています。

世界水泳バルセロナの米国代表選手も発表されています!
2013 FINA World Championships U.S. Roster

全米選手権の結果はこちらから
2013 Phillips 66 National Championships

英国選手権は本日6月30日が最終日。

英国選手権の結果はこちらから
British Gas Swimming Championships 2013

トビウオジャパン、国内最終調整レースとして日大・中大対抗戦に出場!

本日、千葉国際総合水泳場にて日本大学・中央大学水泳競技対抗戦が行われ、世界水泳バルセロナ代表選手14名が出場しました。

海外では白熱した選考会も行われ、世界水泳バルセロナまであと30日となった今日、代表選手の約半数がレースに臨みました。各選手とも4月の日本選手権、5月のジャパンオープンからの調整も順調に来ているようです。

注目の萩野公介選手(東洋大学)は200m、400m個人メドレーに出場し、200m個人メドレーで1分58秒19、400m個人メドレーで4分12秒47とトレーニングを積んでいる中でもまずまずの記録。
DSC00712











背泳ぎ2種目に出場した入江陵介選手(イトマン東進)は100m背泳ぎで53秒97、200m背泳ぎでは1分55秒78とこの時期にしては良い記録で泳いでいます。
DSC00707











キャプテンの松田丈志選手(コスモス薬品)も今シーズンのレースの中では、ようやく手応えの掴めたレースが出来たようです。そして最近充実したトレーニングも出来ている北島康介選手(アクエリアス)も、10年ぶりのバルセロナで再び何かをやってくれそうな予感を漂わせてくれました。
DSC00714











女子ではヨーロッパでもレースをこなして来た寺川綾選手(ミズノ)が安定した強さを見せ50m背泳ぎで28秒13、100m背泳ぎで59秒42の好記録。同じく安定した泳ぎを見せた金藤理絵選手(Jaked)はバルセロナで勝負する200m平泳ぎで2分25秒76とまずまずの仕上がり。

いよいよ世界水泳バルセロナ(競泳スタート)まであと30日!チーム一丸となって、好結果を目指します!

【世界水泳バルセロナ代表選手:日本大学・中央大学対抗戦の結果】
男子200m背泳ぎ
入江陵介(イトマン東進) 1:55.78

女子200m自由形
宮本靖子(東洋大学) 2:01.02

男子200m自由形
外舘祥(イトマン) 1:48.64
小堀勇氣(日本大学/セントラルスポーツ) 1:48.84

男子200mバタフライ
松田丈志(コスモス薬品) 1:56.35

男子400m個人メドレー
萩野公介(東洋大学) 4:12.47

女子200m平泳ぎ
金藤理絵(Jaked) 2:25.76

男子200m平泳ぎ
山口観弘(東洋大学) 2:11.85

女子50m自由形
内田美希(東洋大学) 25.66

女子50m背泳ぎ
寺川綾(ミズノ) 28.13

男子50m平泳ぎ
北島康介(アクエリアス) 28.43

男子50m自由形
塩浦慎理(中央大学) 22.31
小長谷研二(コパンSS) 23.35

女子100m背泳ぎ
寺川綾(ミズノ) 59.42

男子100m背泳ぎ
入江陵介(イトマン東進) 53.97

男子100mバタフライ
松田丈志(コスモス薬品) 52.93

女子100m自由形
内田美希(東洋大学) 55.89
宮本靖子(東洋大学) 56.46

男子100m自由形
塩浦慎理(中央大学) 49.63
小長谷研二(コパンSS) 51.01
藤井拓郎(コナミ) 51.41

男子200m個人メドレー
萩野公介(東洋大学) 1:58.19

女子100m平泳ぎ
金藤理絵(Jaked) 1:09.63

男子100m平泳ぎ
北島康介(アクエリアス) 1:01.13
山口観弘(東洋大学) 1:01.21

明日は早慶戦!瀬戸大也選手、星奈津美選手も出場します!

全米選手権4日目、そして英国選手権での結果!

全米選手権は4日目が終了し、最終日を残すのみとなりました。

女子100m背泳ぎではMelissa Franklin選手が寺川綾選手の58秒84を抜く、58秒67の今期世界最高記録を出して4冠目。男子100m平泳ぎでは、今大会で一気に注目株となったKevin Cordes選手が59秒99の好記録。

全米選手権の結果はこちらから
2013 Phillips 66 National Championships

と、全米選手権の記録も気になりますが、時を同じくして行われている英国・シェフィールドにて行われている英国選手権では、男子200m平泳ぎでロンドン五輪銀メダリストのMichael Jamieson選手が2分07秒78の今期世界最高記録、更に2位のAndrew Willis選手も2分08秒59と好記録で続いています。女子800m自由形ではRebecca Adlington選手の後継者と期待されるJazmin Carlin選手が8分18秒58で今期世界ランキングトップの記録で泳いでいます。

英国選手権の結果はこちらから
British Gas Swimming Championships 2013

世界水泳バルセロナまであと30日と迫ったタイミングで、世界のレベルは着実に上がっています。トビウオジャパンも負けていられません!

全米選手権第3日目の結果

全米選手権は3日目が終了。Ryan Lochte選手が欠場した男子400m個人メドレーは19歳のChase Kalisz選手が4分11秒83で優勝。女子100mバタフライは世界記録保持者のDana Vollmer選手が貫禄を見せ57秒53で優勝しています。

男子200m平泳ぎで優勝したKevin Cordes選手は50m平泳ぎでも27秒38の好記録で2位に入っています。100mでの泳ぎにも注目です。

さて、明日は千葉国際水泳場にて行われる中央大学・日本大学対抗戦にトビウオジャパンの選手たちも多数出場します!

全米選手権の結果はこちらから
2013 Phillips 66 National Championships

全米選手権第2日目の結果

全米選手権は2日目が終了し、女子の200m自由形と200m背泳ぎを制したMelissa Franklin選手は早くも三冠を達成!記録でもその強さを証明しています!

男子ではRyan Lochte選手が同じく200m自由形と200m背泳ぎで優勝。そして男子200m平泳ぎでは19歳の新鋭Kevin Cordes選手が2分08秒34の今期世界ランキングトップとなる記録で優勝。全米選手権も盛り上がっているようです。

この大会後の世界ランキングも気になるところ。

全米選手権の結果はこちらから
2013 Phillips 66 National Championships

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pachapo