TOBIUO JAPAN Journal

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

2013年09月

【東京国体】第2日目の結果

国民体育大会『スポーツ祭東京2013』競泳競技の第2日目が終了しました。

本日も昨日に続き3種目で大会新記録が樹立されています。

少年女子A400m個人メドレーでは、インターハイを制した樋口恵夢選手(千葉県)が更に記録を上げ4分40秒14の大会新!そして成年男子100m自由形では、今シーズン大きく飛躍した塩浦慎理選手(神奈川県)が今大会でも安定した強さを見せ、48秒84の大会新で優勝。更に塩浦選手は本日の最終種目・成年男子200mフリーリレーの第1泳者として泳いだ50m自由形では22秒14の大会新を樹立しています!
DSC_0409










また成年女子100m背泳ぎの寺川綾選手(東京都)は、他の選手を寄せ付けない強さを見せ、59秒54で優勝。北島康介選手(東京都)とユニバーシアードでの金メダル獲得から好調の小関也朱篤選手(山形県)の対決にも注目の集まった成年男子100m平泳ぎでは、北島選手が王者の貫禄を見せ1分00秒51で優勝し、地元東京開催での国体を盛り上げてくれました。
DSC_0407























また成年男子100m背泳ぎでは、ユニバーシアード金メダリストの白井裕樹選手(兵庫県)が53秒66の好記録で世界水泳バルセロナ7位の萩野公介選手(栃木県)を抑え、見事初優勝を飾っています。

いよいよ明日が最終日!競泳の今シーズンのレースも見納めです!

リザルトはこちらから!
第68回国民体育大会水泳競技大会

【東京国体】第1日目の結果

国民体育大会『スポーツ祭東京2013』競泳競技が本日辰巳国際水泳場にてスタートしました!

初日から3種目で大会新記録が樹立されるなど、ハイレベルな大会となっています。

成年男子200m個人メドレーでは、ユニバーシアード銀メダリストの藤森太将選手(静岡県)が1分59秒51の大会新で高桑健選手(埼玉県)との接戦を制し優勝。成年女子100mバタフライでは、加藤ゆか選手(東京都)が4月のリベンジを果たす58秒08の大会新で優勝。更に少年女子A200m平泳ぎでは渡部香生子選手(東京都)が快心のレースで2分23秒42の大会新で優勝。昨年のロンドン五輪代表選考会以来の自己ベスト更新に満足そうな笑顔を見せてくれました!
FB_IMG_13790576048962310























その他にも、注目のレースが目白押しの本日。

まずは男子400m自由形でこの種目世界水泳バルセロナ銀メダリストの萩野公介選手(栃木県)が登場。同種目ユニバーシアード銀メダリストの山本耕平選手(和歌山県)、銅メダリストの日高郁弥選手(佐賀県)そして瀬戸大也選手(埼玉県)ら実力者との対決となりましたが、しっかりと貫禄を見せ、3分46秒93で優勝!

更に少年男子A200m背泳ぎでは、世界ジュニア選手権銀メダリストの砂間敬太選手(奈良県)が1分57秒08と非常にハイレベルな記録で優勝!また少年男子A200m平泳ぎでは、宇都宮壱基選手(東京都)が世界ジュニア代表の渡辺一平選手(大分県)を抑え、2分11秒64の好記録で優勝しています!

リザルトはこちらから!
第68回国民体育大会水泳競技大会

いよいよ明日から国体が始まります!

いよいよ明日から国体が始まります!

『スポーツ祭東京2013』ということで、今年の国体は東京大会です!今シーズンの締めくくりとなる今大会は、辰巳国際水泳場で行われます!2020年東京五輪も決定し、今回の国体も一層盛り上がることでしょう!

昨年のロンドン五輪、そして今夏行われた世界水泳バルセロナで活躍したメダリストたちのほとんどが今大会に出場します。明日は早速、成年男子400m自由形に世界水泳バルセロナ銀メダリストの萩野公介選手が登場します。


スタートリストはこちらから!
第68回国民体育大会水泳競技会

今週末は国体です!

インカレも終了し、いよいよ今シーズンも国体を残すのみ!

2020年東京オリンピック・パラリンピック開催も決定し、改装された辰巳国際水泳場での東京国体もきっと盛り上がるはずです。世界水泳バルセロナ代表選手の多くが出場する今大会、シーズンの締めくくりで選手たちがどのような泳ぎを見せてくれるか注目です!

【インカレ】第3日目の結果

インカレが終了しました!

まずは女子400m個人メドレーで大塚美優選手(日本体育大学)が4分38秒15の大会新記録で優勝。
PIC_0039











萩野公介選手(東洋大学)と瀬戸大也選手(早稲田大学)の対決が注目された男子400m個人メドレーは、萩野選手が前半からのリードを譲らず、こちらも4分11秒23の大会新記録で優勝。
PIC_0043











男子100m自由形は塩浦慎理選手(中央大学)が48秒56の大会新記録で優勝。惜しくも0秒07日本記録には届きませんでしたが、力強い泳ぎで貫禄を見せつけました。また女子100m自由形で優勝した内田美希選手(東洋大学)は50m自由形、リレー2種目と合わせて4冠を達成しています!
PIC_0038
























大学同士の意地を懸けた最終種目の800mフリーリレーでは、女子、男子共に大接戦となりました!

女子は明治大学(関根理沙、藤井ひかり、神村万里恵、住吉茉莉)が8分08秒80で優勝。男子は東洋大学(萩野公介、河又祐吾、三井寿貴、天井翼)が7分17秒18で優勝しています!

そして総合優勝は男子が中京大学!
PIC_0051











女子が日本体育大学!
PIC_0049











得点の最終結果は以下の通りです!

【男子】
優勝. 中京大学 410.5
準優勝. 中央大学 397.0
3位. 日本大学 318.5
4位. 早稲田大学 297.0
5位. 明治大学 230.0
6位. 日本体育大学 217.0
7位. 法政大学 177.0
8位. 東洋大学 167.0

【女子】
優勝. 日本体育大学 373.5
準優勝. 鹿屋体育大学 295.5
3位. 東洋大学 275.0
4位. 中京大学 253.0
5位. 神奈川大学 220.0
6位. 法政大学 173.5
7位. 早稲田大学 163.0
8位. 日本大学 159.0

リザルトはこちらから
第89回日本学生選手権水泳競技大会

月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pachapo