TOBIUO JAPAN Journal

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

2014年07月

パンパシ/アジア大会代表選手プロフィール:地田麻未(東洋大学)

地田麻未(ちだ・あさみ)
chida





















生年月日:1993年12月28日
出身地:東京都
所属:東洋大学(3年)/東京SC
コーチ:平井伯昌
身長:163cm
体重:53kg
血液型:A
出身校:墨田川高校(2012年卒)
アジア大会への抱負:『自己ベスト更新!!』


国際大会出場経験:
2010年 Jr. パンパシフィック選手権(ハワイ)
2012年 世界短水路選手権(イスタンブール)
2013年 ユニバーシアード(カザン)
2013年 東アジア大会(天津)
2014年 BHP Billiton 5ヶ国対抗戦(パース)

主な戦績:
2010年 日本選手権 800m自 3位/1500m自 4位
2010年 ジャパンオープン 400m自 6位/800m自 3位
2010年 Jr. パンパシ 800m自 7位/1500m自 5位
2011年 国際大会選考会 800m自 2位/1500m自 5位
2011年 ジャパンオープン 800m自由形 2位
2012年 日本選手権 400m自 優勝/800m自 2位
2012年 ジャパンオープン 800m自 優勝/400m自 5位
2012年 世界短水路 800mフリーリレー 8位
2013年 日本選手権 800m自 優勝/400m自 2位
2013年 ジャパンオープン 800m自 2位/400m自 3位
2013年 ユニバーシアード 800m自 7位/800mFR 6位
2013年 日本学生選手権 800m自 優勝/400m自 2位
2013年 国民体育大会 400m自由形 優勝
2013年 東アジア大会 400m自, 800mFR 2位/800m自 3位
2014年 日本選手権 800m自 優勝/400m自 2位
2014年 ジャパンオープン 800m自 優勝/400m自 2位

ベストタイム:
400m自由形 4’10”70
800m自由形 8’32”40

『日本女子自由形長距離の存在感を示すとき』
中学時代からインターナショナル強化標準記録を突破し、女子自由形長距離の将来を担う選手として期待されてきた。思うように記録が伸びない時期もあったが、高校2年生で迎えた2010年日本選手権、女子800m自由形で初めて表彰台に上ると、以来日本選手権の表彰台の常連となった。2012年ロンドン五輪選考会では、400m自由形で派遣標準記録突破こそ逃したが初優勝を果たす。2013年にはユニバーシアードで決勝進出、東アジア大会では表彰台にも上がり、充実した国際経験も積んで来た。ここ数年、世界の進化スピードに後塵を廃してきた日本の女子自由形長距離陣。この状況を打破するためにも強豪・中国との対決となるアジア大会では、日本の女子自由形長距離の第一人者として存在感を示したい。

パンパシ/アジア大会代表選手プロフィール:高野綾(イトマンSS)

高野綾(たかの・あや)
takano




















生年月日:1994年3月14日
出身地:大阪府
所属:イトマンSS/同志社大学(3年)
コーチ:西脇正人
身長:165cm
体重:55kg
血液型:
出身校:近畿大学附属高校(2012年卒)
パンパシ/アジア大会への抱負:『自分の納得のいくレースをして、ベスト更新。』
Twitter:@ayachan314


国際大会出場経験:
2011年 世界ジュニア選手権(リマ)
2012年 ロンドン五輪
2013年 世界選手権(バルセロナ)

主な戦績:
2009年高校総体 400m自由形 7位
2009年国民体育大会 少年女子B100m自由形 2位
2010年高校総体 200m自由形 2位
2010年国民体育大会 共通女子400m自由形 4位
2011年日本短水路選手権 400m自 優勝/200m自 6位
2011年国際大会代表選考会 400m自 1位/200m自 7位
2011年ジャパンオープン 400m自 2位/200m自 3位
2011年世界ジュニア選手権 200m/400m自由形 4位
2011年国民体育大会 共通女子400m自由形 優勝
2012年日本選手権 400m自 2位/200m自 4位
2012年ジャパンオープン 400m自 優勝/200m自 6位
2012年ロンドン五輪 800mフリーリレー 8位
2012年日本学生選手権 200m自 2位/400m自 2位
2013年日本選手権 200m自 3位/400m自 4位
2013年ジャパンオープン 400m自 2位/200m自 3位
2013年世界選手権 800mフリーリレー 8位
2013年日本学生選手権 200m自 3位/400m自 5位
2014年日本選手権 200m自 3位/400m自 5位
2014年ジャパンオープン 200m自 5位/400m自 4位

ベストタイム:
100m自由形 55”76
200m自由形 1’59”94
400m自由形 4’13″10

『ロンドン、バルセロナを経験し、次のステージへ』
中学2年生の春、名門イトマンに移籍するとバタフライから自由形に転向。高校2年時、日本短水路選手権400m自由形で初優勝を果たすと、高校3年で迎えた国際大会代表選考会では代表こそ逃すも同種目で1位を獲得。初の国際大会となった世界ジュニア選手権で200m、400m自由形でメダルまであと一歩まで迫った。そしてこの年のジュニアオリンピックでは、200m自由形で大先輩・千葉すずの高校記録を18年ぶりに更新し、ロンドン五輪のホープとして一気に注目が高まった。2012年、ロンドン五輪代表選考会では接戦をものにし、五輪そして世界選手権でも決勝の舞台も経験。国際大会での爆発が期待される。

パンパシ/アジア大会代表選手プロフィール:宮本靖子(東洋大学)

宮本靖子(みやもと・やすこ)
miyamoto




















生年月日:1994年9月3日
出身地:熊本県
所属:東洋大学(2年)
コーチ:平井伯昌
身長:164cm
体重:59kg
血液型:B型
出身校:九州学院高校(2013年卒)
パンパシ/アジア大会への抱負:『200m自由形の派遣タイムに少しでも近づく。積極的なレースでチームに貢献する。』
Twitter:@st_yacchan


国際大会出場経験:
2009年 アジアエージ選手権(東京)
2012年 Jr.パンパシフィック選手権(ハワイ)
2013年 世界選手権(バルセロナ)

主な戦績:
2009年 全国中学 200m自由形 2位/100m自由形 4位
2009年 アジアエージ 100m/200m自由形 優勝
2010年 高校総体 200m自由形 4位
2010年 国民体育大会 少年B100m自由形 3位
2011年 高校総体 200m自由形 3位
2012年 日本選手権 200m自由形 7位
2012年 ジャパンオープン 200m自由形 8位
2012年 高校総体 200m自由形 2位/100m自由形 3位
2012年 Jr.パンパシフィック 800mフリーリレー 3位
2012年 国民体育大会 少年A100m自由形 4位
2013年 日本短水路選手権 400m自由形 3位
2013年 日本選手権 200m自 4位/400m自 5位/100m自 7位
2013年 ジャパンオープン 100m自 7位/200m自 4位
2013年 世界選手権 800mフリーリレー 8位
2013年 日本学生選手権 200m自 2位/100m自 4位
2013年 国民体育大会 400m自 2位/100m自 7位
2014年 日本選手権 200m自 優勝/100m自 4位
2014年 ジャパンオープン 400m自 6位/100m自 7位

ベストタイム:
100m自由形 55”76
200m自由形 1’59”94
400m自由形 4’13″10

『日本王者として世界に挑む』
中学3年の夏、アジアエージ選手権で初の国際大会を経験。全国大会でのタイトルこそなかったものの、着実に自力を付けてきた。2012年、高校3年で迎えたロンドン五輪選考会兼日本選手権では200m自由形で初めて決勝進出を果たすも7位。同年夏にはジュニアパンパシフィック選手権を経験。個人種目では思っていた結果を残すことが出来なかった。この経験を経て、もっと強くなりたいと本気で思うようになった。2013年、東洋大学進学で平井伯昌コーチの門を叩くと、着実なステップアップが実を結び、世界水泳代表入りを果たした。2014年は遂に日本選手権で優勝し、日本王者として世界に挑む。

ジュニアパンパシフィック代表選手たち!

ジュニアパンパシフィック選手権の代表合宿も順調に進んでいます。

練習はグループごとに分かれ、充実したトレーニングが出来ているようです。

女子自由形・背泳ぎグループ(西崎勇コーチ担当)
CIMG2813













男子自由形・個人メドレーグループ(大石貴士コーチ担当)
CIMG2814













男子バタフライ・平泳ぎグループ(小池隆治コーチ担当)
CIMG2815













女子平泳ぎ・バタフライグループ(池田浩陸コーチ担当)
CIMG2816













女子長距離グループ(梶川悟コーチ担当)
CIMG2817













トレーニングを含め、共同生活の中でチームとしての結束力も高まっています。また毎晩のミーティングで、選手はひとりずつ3分間スピーチを行い、代表としての自覚も出て来ています!

パンパシ/アジア大会代表選手プロフィール:五十嵐千尋(日本体育大学)

五十嵐千尋(いがらし・ちひろ)
igarashi





















生年月日:1995年5月24日
出身地:神奈川県
所属:日本体育大学(1年)
コーチ:藤森善弘
身長:170cm
体重:61kg
血液型:AB型
出身校:日本大学藤沢高校(2014年卒)
パンパシ/アジア大会への抱負:『日本新記録を樹立』
Twitter:@Pink24guess


国際大会出場経験:
2009年 アジアエージ選手権(東京)
2010年 Jr.パンパシフィック選手権(ハワイ)
2011年 アジアエージ選手権(ジャカルタ)
2012年 Jr.パンパシフィック選手権(ハワイ)
2012年 アジア選手権(ドバイ)
2013年 世界選手権(バルセロナ)
2014年 BHP Billiton 5ヶ国対抗戦(パース)

主な戦績:
2009年 アジアエージ 200m自 3位/200m, 400m個メ 優勝
2010年 日本選手権 400m個人メドレー 5位
2010年 Jr.パンパシ 200m個メ 6位/400m個メ 8位
2011年 国際大会代表選考会 200m個人メドレー 4位
2011年 アジアエージ 100m自由形 優勝
2011年 アジアエージ 200m個メ 2位/400m個メ 3位
2012年 日本選手権 200m自由形 5位
2012年 Jr.パンパシ 200m個メ 2位/400m自由形 6位
2012年 アジア選手権 100m, 200m自由形 5位
2012年 アジア選手権 200m個人メドレー 3位
2013年 日本短水路 400m自由形 優勝(高校新)
2013年 日本選手権 200m, 400m自由形 優勝
2013年 ジャパンオープン 200m/400m自由形 優勝
2013年 世界選手権 800mフリーリレー 8位
2014年 日本短水路 200m自(高校新)/400m自(日本新) 優勝
2014年 日本選手権 400m自 優勝/800m自 2位
2014年 ジャパンオープン 200m, 400m自 優勝/100m自 6位

ベストタイム:
100m自由形 55”61
200m自由形 1’58”41(高校記録)
400m自由形 4’10″67
200m個人メドレー 2’14”04
400m個人メドレー 4’43”30

『バルセロナで得た確かな手応え』
2009年、アジアエージ選手権代表に入ると、以降毎年ジュニアでは国際大会を経験。恵まれた体格を活かしたスケールの大きな泳ぎで、個人メドレーを中心に順調に記録を伸ばすと、その大器の片鱗は自由形でも発揮され始めた。2012年、ロンドン五輪代表入りを目指したが、200m自由形では0秒27差で涙を飲んだ。しかし2013年に入り、短水路で400m自由形の高校記録を樹立すると、日本選手権では、200m、400m自由形で2冠を達成。世界選手権の舞台でも800mフリーリレーの第一泳者として高校新記録を連発。世界の舞台でも結果を残し、確かな手応えを得た。今年の夏は、女子自由形中距離のエースとして世界との差を一気に縮めたい。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pachapo