TOBIUO JAPAN Journal

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

2014年10月

#W杯シンガポール大会 瀬戸大也選手が公式記者会見に出席!

日本新記録が3つ誕生するなど盛り上がった東京大会を終え、今シーズンのFINA/MASTBANKワールドカップはいよいよ最終戦のシンガポール大会が明日から始まります!

大会を前に公式記者会見が開かれ、Chad Le Clos選手(南アフリカ)、Katinka Hosszu選手(ハンガリー)ら各国の強豪選手と並び日本代表からも瀬戸大也選手(JSS毛呂山/早稲田大学)が出席しました。
20141031135024


















いよいよ最終戦ですが12月にはカタール・ドーハにて世界短水路選手権も行われるので、そこへ向けて良いステップにすべく全力を尽くします。
20141031135051























瀬戸選手は海外での取材にも慣れて来て、英語を交えてのコミュニケーションもしています。
20141031135113













大会はいよいよ明日から!

#NSW州オープン選手権 日本代表選手団を発表!

来年の2月に例年通りオーストラリア・シドニーにて行われるNSW州オープン選手権の日本代表選手も昨日決定しました!この遠征には五輪候補選手1名とジュニアエリート及びインターナショナルからの選抜選手が20名派遣されます!

メンバーは以下の通りです。

五輪候補
【コーチ】

竹村吉昭(JSS長岡)

【選手】
渡部香生子(JSS立石ダイワ/武蔵野高校)

選抜選手団
【スタッフ】

大木賢二(スウィン大宮)
村上二美也(ルネサンス亀戸)
飯塚正雄(東京ドーム)
木下洋一(アクシーひがし)
芝辻泰宏(本巣SS)

【男子】
川内勇輝(自衛隊体育学校)
原田蘭丸(自衛隊体育学校)
川本武史(中京大学)
立石諒(ミキハウス)
押切雄大(日本大学)
池下尊惇(大阪体育大学)
深谷皇(富士通)
矢島優也(スウィン大宮/春日部共栄高校)

【女子】
持田早智(ルネサンス幕張)
池江璃花子(ルネサンス亀戸)
西脇怜奈(鶴岡水泳育成協会/鶴岡南高校)
湯原利佳(Nalu Aquatic Club/渋谷幕張高校)
今井 月(本巣SS)
宮坂倖乃(コナミ北浦和)
千田舞奈美(スウィン鷲宮/春日部共栄高校)
長谷川涼香(東京ドーム)
中野未夢(アクシーひがし/長岡大手高校)
伊藤悠乃(セントラル藤が丘)
渡辺耶唯(神奈川大学)
牧野紘子(東京ドーム)

勢いもあるジュニアエリートの若い選手が主体のこの遠征。海外勢との貴重なレース経験となりそうです。また日本選手権の1ヶ月前に、代表入りを狙う選手たちの仕上がり具合を見る上でも重要な位置づけとなる大会。毎年この大会でステップアップし代表入りに繋げる選手が出て来ます。世界水泳カザンの代表権を争う選手たちが、どんな泳ぎを見せてくれるのか楽しみです!

#BHPBilliton4ヵ国対抗戦 日本代表選手団が決定しました!

2013年から始まり、今年の1月最終週に行われたBHP Billiton Aquatic Super Seriesが来年の年明け再びパースにて行われることになりました!

昨年度はオーストラリア、中国、南アフリカ、日本、ブラジルの5ヵ国対抗戦でしたが、今年はオーストラリア、中国、日本、アメリカの4ヵ国対抗戦として行われます。その対抗戦に派遣される代表選手24名が決定しました!以下が派遣されるメンバーです。

スタッフ
ヘッドコーチ 道浦健壽(イトマン)
コーチ 梅原孝之(JSS毛呂山)
コーチ 藤森善弘(日本体育大学)
コーチ 竹村吉昭(JSS長岡)

男子
川内勇輝(自衛隊体育学校)
小長谷研二(コパンSS)
入江陵介(イトマン東進)
白井裕樹(ミズノ)
小関也朱篤(ミキハウス)
渡辺一平(佐伯鶴城高校)
池端宏文(法政大学)
藤井拓郎(コナミ)
矢島優也(スウィン大宮/春日部共栄高校)
瀬戸大也(JSS毛呂山/早稲田大学)
藤森太将(ミキハウス)
藤森丈晴(日本体育大学)

女子
青木智美(ATSC.YW/法政大学)
山口美咲(イトマン)
五十嵐千尋(日本体育大学)
諸貫瑛美(筑波大学)
赤瀬紗也香(日本体育大学)
渡部香生子(JSS立石ダイワ/武蔵野高校)
鈴木聡美(ミキハウス)
今井 月(本巣SS)
長谷川涼香(東京ドーム)
中野未夢(アクシーひがし/長岡大手高校)
清水咲子(日本体育大学)
大塚美優(スウィン大宮/日本体育大学)

強豪国の選手たちを相手に1月末の時期にどこまで戦えるか注目の大会です!

BHP Billiton Aquatic Super Series 2015

#世界短水路選手権 日本代表選手団が決定!

2014年12月3日〜7日にドーハ(カタール)にて行われる第12回世界短水路選手権の代表選手団が昨日行われた臨時理事会にて承認されました。スタッフを含めた日本代表選手団を掲載させていただきます。

【スタッフ】
監督 上野広治(日大豊山中学校)
ドクター 半谷美夏(国立スポーツ科学センター)
ヘッドコーチ 平井伯昌(東洋大学)
男子ヘッドコーチ 梅原孝之(JSS毛呂山)
女子ヘッドコーチ 竹村吉昭(JSS長岡)
コーチ 道浦健壽(イトマン)
コーチ 神田忠彦(山梨学院大学)
コーチ 藤森善弘(日本体育大学)
コーチ 奥野景介(早稲田大学)
トレーナー 加藤明生(白石鍼灸治療院)
トレーナー 杉本 哲(サンイリオス・インターナショナル)
トレーナー 鰐渕和也(リフレッシュ指圧センター)
トレーナー 三富陽輔(国立スポーツ科学センター)
レース分析 Magnus Kjellberg(日本スポーツ振興センター)
広報 小倉大地雄(日本水泳連盟)
総務 石松正考(日本スポーツ振興センター)

【男子】
塩浦慎理(イトマン東進)
川内勇輝(自衛隊体育学校)
萩野公介(東洋大学)
坂田怜央(イトマン近大/近畿大学)
小堀勇氣(日本大学)
天井 翼(東洋大学)
山本耕平(ミズノ)
竹田渉瑚(コナミ/法政大学)
入江陵介(イトマン東進)
白井裕樹(ミズノ)
小関也朱篤(ミキハウス)
押切雄大(日本大学)
藤井拓郎(コナミ)
瀬戸大也(JSS毛呂山/早稲田大学)
坂井聖人(早稲田大学)
中村 克(早稲田大学)

【女子】
内田美希(東洋大学)
青木智美(ATSC.YW/法政大学)
五十嵐千尋(日本体育大学)
宮本靖子(東洋大学)
地田麻未(東洋大学)
高橋美帆(日本体育大学)
赤瀬紗也香(日本体育大学)
酒井志穗(ミキハウス)
西脇怜奈(鶴岡水泳育成協会/鶴岡南高校)
渡部香生子(JSS立石ダイワ/武蔵野高校)
鈴木聡美(ミキハウス)
金藤理絵(Jaked)
細田梨乃(コナミ/明治大学)
中野未夢(アクシーひがし/長岡大手高校)
清水咲子(日本体育大学)
松本弥生(ミキハウス)

11/10からは強化合宿を行い、11月末にドーハへ向かいます!

12th FINA World Swimming Championships (25m) DOHA 2014

#W杯東京大会 第2日目の決勝結果:萩野公介が日本新1つを含む2冠!男子50m自由形の塩浦、女子200m平泳ぎの金藤、男子200m背泳ぎの白井がそれぞれ金メダル獲得!

FINA/MASTBANK競泳ワールドカップ東京大会の第2日目が終了しました。

本日も世界記録に迫るハイレベルなレースが行われる中、日本新2つ、高校新1つ、中学新1つが樹立されるなど日本人選手たちも活躍!予選から女子50m平泳ぎで渡部香生子選手(JSS立石/武蔵野高校)が31秒00の高校新記録を樹立するなど、午前中から勢いのつくレースを見せると、決勝レースでは日本勢が金メダル6つ、銀メダル5つ、銅メダル8つを獲得!

まずは萩野公介選手(東洋大学)がこの夏一気に自信をつけた男子200m自由形でThomas Fraser-Holmes選手(オーストラリア)、Miles Brown選手(南アフリカ)とアジア大会のフラッシュバックのようなデッドヒートを演じ、ラストの大接戦を制して優勝!
PKJ14X292240












そして女子100m自由形では内田美希選手(東洋大学)が世界トップスイマーにも臆することなく積極的なレース展開で52秒69の日本新記録で銅メダルを獲得!更に同レースで池江璃花子選手(ルネサンス亀戸)が53秒86の中学新記録を樹立しています。
PKJ14X291869


























日本人のみでの決勝となった男子200m個人メドレーでは安定した強さを見せた萩野公介選手(東洋大学)が1分51秒27の日本新記録で優勝!
PKJ14X292257












2位に瀬戸大也選手(JSS毛呂山/早稲田大学)、3位に藤森太将選手(ミキハウス)という結果でした。
PKJ14X292450












こちらも大接戦となった男子50m自由形では塩浦慎理選手(イトマン東進)が21秒38で金メダル、伊藤健太選手(ミキハウス)が21秒43で銅メダルを獲得!
PKT14X291628












女子200m平泳ぎでは金藤理絵選手(Jaked)が2分19秒18で金メダル、中学2年生の今井月選手(本巣SS)が2分21秒02で銅メダルを獲得!
PKJ14X292535












更に男子200m背泳ぎではラスト50mでバサロを効かせ猛追した白井裕樹選手(ミズノ)が1分49秒95でMitchel Larkin選手(オーストラリア)と同着優勝!
PKT14X292500


























盛り上がりを見せた男女混合200mフリーリレーではミキハウスが昨日に続き強さを見せ、東洋大学、コナミを破って優勝を飾っています。
IMG_20141029_215840














全競技を終了し、FINAポイントによって選ばれる今大会のMVPが発表されました。男子は100m、200mバタフライで世界記録に迫ったChad Le Clos選手(南アフリカ)。女子は今大会6冠のKatinka Hosszu選手(ハンガリー)。
IMG_20141029_215723












また日本人優秀選手に送られるJOC杯には男子は瀬戸大也選手(JSS毛呂山/早稲田大学)、女子は五十嵐千尋選手(日本体育大学)が輝きました!
IMG_20141029_215753












今年のワールドカップはいよいよ今週末のシンガポール大会を残すのみ!

【第2日目の決勝結果】*日本人選手メダリスト及び新記録のみ掲載
男子1500m自由形
竹田渉瑚(コナミ/法政大学) 14:41.95②
平井彬嗣(明治大学) 14:49.04③

男子100m自由形
萩野公介(東洋大学) 1:42.62①

女子100m自由形
内田美希(東洋大学) 52.69③ 日本新
池江璃花子(ルネサンス亀戸) 53.86

男子100m平泳ぎ
小関也朱篤(ミキハウス) 57.24②
渡辺一平(佐伯鶴城高校) 58.30③

男子100mバタフライ
川本武史(中京大学) 50.40③

男子200m個人メドレー
萩野公介(東洋大学) 1:51.27① 日本新
瀬戸大也(JSS毛呂山/早稲田大学) 1:52.55②
藤森太将(ミキハウス) 1:55.02③

女子400m自由形
五十嵐千尋(日本体育大学) 4:00.89②

男子50m自由形
塩浦慎理(イトマン東進) 21.38①
伊藤健太(ミキハウス) 21.43③

女子200m平泳ぎ
金藤理絵(Jaked) 2:19.18①
今井月(本巣SS) 2:21.02③

男子200m背泳ぎ
白井裕樹(ミズノ) 1:49.95①

男女混合200mフリーリレー
ミキハウス(藤森太将/伊藤健太/酒井志穂/松本弥生) 1:33.28①
東洋大学(萩野公介/三好悠介/大橋悠衣/内田美希) 1:34.34②
コナミ(藤井拓郎/高安亮/田辺詔子/細田梨乃) 1:34.70③

FINA/MASTBANK Swimming World Cup 2014 - Tokyo

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pachapo