TOBIUO JAPAN Journal

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

2014年11月

#世界短水路選手権 まであと3日!徐々に雰囲気が出て来ました!

ドーハに入って2日目。トビウオジャパンは順調に調整を進めています。

今朝は初めて代表31名全員が会場に入り、トレーニングを行いました。
DSC_0804













コーチ陣は朝からしっかりミーティング。
DSC_0805













こちらは男子自由形短距離陣の藤井拓郎選手(コナミ)、中村克選手(早稲田大学)、川内勇輝選手(自衛隊体育学校)。選手たちはリラックスしています。
DSC_0811













こちらは最終日の男子1500m自由形1本に懸ける山本耕平選手(ミズノ)と竹田渉瑚選手(コナミ)。
DSC_0814













こちらは初代表コンビ・青木智美選手(ATSC.YW)、西脇怜奈選手(鶴岡水泳育成協会)と神田コーチ。
DSC_0813























午後からは各国代表選手たちが現地に入り始め、少しずつ世界選手権が始まる雰囲気が出て来ました!
DSC_0817

DSC_0818
























明日からはメインプールがオープンになります!世界短水路選手権までいよいよあと3日!

#世界短水路選手権 ドーハに到着!大会まであと4日!

世界短水路選手権まであと5日と迫った昨日、日本を出発し今大会が開催されるドーハに入りました!
DSC_0781













12月も目前ですが、こちらは到着した早朝4:30には既に20℃を超え、日中は30℃に迫る陽気です。寒くなって来た日本から、暖かい気候にやって来たので身体はよく動きそうです。

早速選手たちは試合会場に入り、プールにて調整を始めています。
IMG_3558

IMG_3562











































大会前々日まではメインプールは準備のため使えないので、今日と明日はトレーニングプール(25m×20レーン)での練習です。
IMG_3560























徐々に各国の選手たちも入り始め、世界大会の雰囲気が出て来そうです!
IMG_3564























世界短水路選手権まであと4日!

ニュージーランドのOWSシリーズ『Ocean Swim Series Rd1 in Paihia』にて平井康翔選手が優勝!

昨年から本格的に活動拠点をオーストラリアに移しトレーニングを続けているOWSの平井康翔選手(朝日ネット)が、先週11/22に行われた2014/15 Ocean Swim Series Round 1 in Paihiaにて見事初優勝を飾りました!
Yasu Hirai, winner











この大会は毎年シリーズで行われており、11月から4月まで毎月1回NZLを転戦して行われます。同シリーズはOWSが盛んなNZLでは有名な大会で、今回のPaihia大会にも700名が出場。平井選手は招待選手として日本人スイマー初参戦し、オーストラリア代表やニュージーランド代表の強豪選手たちとの勝負に挑みました。
14013_880290098672202_3668227723186962523_n

10616247_880291582005387_6112278809954448245_n

9758_880292052005340_508201819063206991_n






























ウェットスーツ着用が必須で今回の会場は水温15°という過酷な条件の中、レースはラスト300m〜400mまで混戦。ゴール前の離岸流を避けるため集団から外れコース取りし、スパートをかけたのが的中し、日本人選手として初参戦初優勝という快挙を成し遂げました。
George O'Brien (Front) and Yasu Hirai-2











予想を立てて進行方向を選択し、勝てたことが大きな自信となったようです。
10346619_880296725338206_6474935072902688509_n-2












2週間後にはオークランドで2戦目が開催されるそうです!

2014/15 Ocean Swim Series - Paihia // Elite Series Results

#世界短水路選手権 まであと1週間!

いよいよ世界短水路選手権の開幕も1週間後に迫って来ました!

今週末にはいよいよ現地ドーハへ向かいます。

短水路(25mプール)で行われる世界最高峰のレースでトビウオジャパンがいくつのメダルを獲得出来るか、楽しみです。もちろん、日本新記録そして世界新記録への期待もかかります!

世界短水路選手権まであと7日!

東京SC招待でのインターナショナル・ナショナル選手標準記録突破者

本年度より中学1・2年生のインターナショナル・ナショナル選手標準記録対象大会となった東京スイミングセンタージュニア優秀選手招待公認記録会。昨日その全競技が終了し、池江璃花子選手(ルネサンス亀戸)は女子50m自由形でも25秒47の中学新記録を樹立し、今大会合計で3つの中学新記録を樹立する大活躍でした。

また、大会を通して合計10種目でインターナショナル・ナショナル選手標準記録が突破されましたので掲載させていただきます。

男子400m自由形
米田颯(KSG八代・中2) 4:05.78 ナショナル(新規)
高野裕也(エスポ・中1) 4:12.11 ナショナル(新規)
宮本豊郎(スウィン伊勢崎・中1) 4:12.29 ナショナル(新規)

男子200m平泳ぎ
徳淵凛(守谷インター・中1) 2:25.64 ナショナル(新規)

男子400m個人メドレー
山口愛斗(セントラル目黒・中1) 4:39.62 ナショナル(新規)

女子50m自由形
池江璃花子(ルネサンス亀戸・中2) 25.47 IN-D(中学新)

女子100m自由形
池江璃花子(ルネサンス亀戸・中2) 55.49 Jr.A(中学新)

女子200m自由形
池江璃花子(ルネサンス亀戸・中2) 1:59.65 IN-D(中学新)

女子200m平泳ぎ
宮坂倖乃(コナミ北浦和・中2) 2:29.43 ナショナル(更新)

女子200m個人メドレー
池江璃花子(ルネサンス亀戸・中2) 2:15.49 ナショナル(新規)

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pachapo