TOBIUO JAPAN Journal

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

2014年12月

今年も1年間ありがとうございました! #トビウオジャパン

いよいよ2014年も残すところ5時間余りとなりました。

みなさん、今年も1年、トビウオジャパンジャーナルをご愛読いただきありがとうございました。今年も水泳界では様々なことがありました。少し振り返ってみましょう!

2013年には多くの中心選手たちの引退もありましたが、2月の日本短水路選手権での小関也朱篤選手(現・ミキハウス)の鮮烈な平泳ぎ3種目日本新記録、更に4月の日本選手権では塩浦慎理選手(イトマン東進)が50m自由形で日本人初となる21秒台を叩き出し、女子では渡部香生子選手(JSS立石)が3冠を果たすなど、若い選手たちの台頭も目立ちました。また入江陵介選手(イトマン東進)の目の覚めるようなスピード感のあるレースも印象的でした。
PKL146221926












8月のパンパシフィック選手権では、萩野公介選手(東洋大学)が男子200m個人メドレーでMichael Phelps選手(米国)を破って金メダルを獲得、男子800mフリーリレーで米国を追いつめるなど、実力勝負で戦えるポジションにいることを証明。そして9月のアジア大会でも萩野公介選手が男子200m自由形で孫楊選手(中国)、パク・テファン選手(韓国)を破り、再びその強さを証明してMVPを獲得。
unnamed












12月の世界短水路選手権では、瀬戸大也選手(JSS毛呂山)が大舞台での勝負強さを見せ、内田美希選手(東洋大学)が世界にも通用する自由形を見せ、来年への手応えを掴みました。
HN20141207_2008












さて、来年はいよいよリオデジャネイロ五輪の前年。8月にはロシア・カザンにて世界選手権が行われ、金メダルを獲得した選手はその種目でリオへの切符を得ることになります。リオデジャネイロ五輪に向け非常に大事な年となる来年。トビウオジャパンにとってもまた素晴らしい1年となるよう、関係者一同精進して参りますので、変わらぬご支援ご声援をよろしくお願い致します。

それでは皆様、良いお年をお迎えください。
tobiuojapan-2_400x400

OWS強化合宿が終了しました!

12月25日から行っていたOWS強化合宿が無事終了しました。

同世代メンバーできついメニューも励まし合いながら頑張っていました。
IMG_7297

IMG_7334
























今回の合宿ではコーチや元日本代表選手からOWSテクニックや戦略の立て方なども学ぶことができ、充実した合宿となったのではないでしょうか。
IMG_7222

IMG_7229
























ユニバーシアードの日本代表は2月1日にオーストラリア・パースで行われるBHP Billiton Aquatic Super Seriesで決定します。
IMG_7421













今年の事業はこれで終わりとなりますが、選手は2月に向け更に強化をし、パースでは熱い戦いを見せてくれることでしょう!

ユニバーシアードOWS日本代表予備選考会終了!

本日、今治市の瀬戸内温泉プールにて、ユニバーシアードOWS日本代表予備選考会として、7km記録会と100m×30周の3km周回レースが行われました。
IMG_7305













7km男子は、スタートと共に清水俊輝選手(山梨学院大学)が飛び出し、後続を50m以上離した為、圧勝かと思われました。しかし、第二集団を形成していた中島拓海選手(中京大学)、藤原慧選手(日本大学)、寺崎拓海選手(早稲田大学)がじわじわと清水選手との差を縮め、最後は中島・藤原選手のペースアップに対応をし力を温存していた寺崎選手がスパートをかけ、見事優勝を果たしました。

女子は、浅山美貴選手(山梨学院大学)がレース中盤までは男子の第2集団と同じペースで泳ぎ、女子の2位と3分近く差をつけた見事な優勝でした。

7kmのレース終了30分後には3kmの周回レースがスタート。7kmの疲れがある中、熾烈な争いを見せてくれました。
IMG_7321













3kmで見事なレースを見せたのは、ジュニアパンパシOWS日本代表の経験を持つ中島拓海選手(中京大学)でした。7kmの結果では、1位と18秒程度の差があり、総合結果で優勝するには挽回するしかなく、積極的なレースを見せてくれました。

女子は3kmも浅山選手が安定の力を見せつけ、後続を1周以上離して優勝。続いて、熊本真季選手(山梨学院大学) が7kmのタイムを挽回しようと、力泳を見せましたが、7kmのタイム差には及ばず。

男子総合結果1位は周回レースを制した中島選手、2位は7kmレースを制した寺崎選手となりました。
女子総合結果1位は浅山選手、2位は中山選手となりました。
IMG_7344













公式結果は以下の通りです。
OWS松山選考会リザルト

OWS合宿3日目。いよいよ明日が予備選考会!

今日から元OWS日本代表の小林勇斗氏がコーチとして加わり、選手達はOWSテクニックを教わりました。

なかなか聞くことのできない世界のレースの話などに、選手たちも真剣な表情。
IMG_7274













明日はついに予備選考会です。ヘッドコーチ補佐の杉山先生からも熱い檄をいただき、選手達も一気に気持ちが入ったようです。
IMG_7262













明日の予備選考会では来年のユニバーシアード出場を狙う選手たちが全力を尽くし戦います。
IMG_7288

ユニバーシアードOWS日本代表予備選考兼強化合宿がスタート!

「ユニバーシアードOWS日本代表予備選考兼強化合宿」がアクアパレットまつやま、瀬戸内温水プールにて昨日スタートしました!
IMG_7188













昨年と同様に、地元・愛媛県、松山市、愛媛県水泳連盟の皆様のご支援のもと、選手12名、役員5名で12月30日まで合宿が行われます。
IMG_7201













28日にはユニバーシアードOWS日本代表予備選考会が行われるため、選手はOWSの技術練習を行うと共に、選考会に向け、最終調整を行っています。
IMG_7179













OWS経験者から未経験者までが集まっているため、活発な情報交換も行われ、刺激を与え合っているようです。
IMG_7191













合宿参加メンバーは以下の通り。

<選手>
藤原慧(日本大学、大学1年)
中島拓海(中京大学、大学1年)
木村雅人(山梨学院大学、大学3年)
三村浩介(福岡大学、大学3年)
寺崎拓海(早稲田大学、大学1年)
清水俊輝(山梨学院大学、大学1年)
浅山美貴(山梨学院大学、大学2年)
熊本真季(山梨学院大学、大学1年)
櫛田夏織(大阪大学、大学2年)
中山実穂(愛知みずほ大学瑞穂高等学校、高校3年)
桑畑真弓(日本体育大学、大学1年)
小浦ひかり(中京大学、大学3年)

<役員>
鷲見全弘(日本水泳連盟)
杉山康(飛龍高校)
綿谷健佑(山梨学院大学)
小林勇斗(IMPRINT)
原怜来(早稲田大学)

競泳のインターナショナル・ナショナル強化選手合宿は終了しましたが、OWSの方は年の瀬までの合宿で引き続き強化して参ります!

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pachapo