TOBIUO JAPAN Journal

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

2015年01月

【BHP Billiton 4ヵ国対抗戦】第1日目の結果

BHP Billiton 4ヵ国対抗戦の第1日目が終了しました!

昨年とチームも入れ替わりオーストラリア、アメリカ、中国と日本の4ヵ国で争われる対抗戦。個人競技の競泳ですが、今大会はチーム戦としての色合いが強い総力戦。各国24名ずつの選手たちはチームの勝利のために多くのレースにチャレンジしています!
DSC07281












開会式にはトビウオジャパンから藤井拓郎選手(コナミ)と諸貫瑛美選手(筑波大学)が参加。
DSC07268

DSC07270






















1発勝負のレースで日本は第1日目の15種目中5種目で優勝!まずは女子100m平泳ぎで渡部香生子選手(JSS立石)が1:07.46で接戦を制して優勝。
DSC07274













男子100m背泳ぎでは入江陵介選手(イトマン東進)が「スタートで滑った」ながらも53.15の好記録でRyan Lochte選手(米国)、Mitch Larkin選手(豪州)、Jiayu Xu選手(中国)らライバルたちを前に強さを見せてくれました。
DSC07276













男子200mバタフライは絶好調ではないながらも瀬戸大也選手(JSS毛呂山)が地力の違いを見せ、1:55.61で優勝。高校3年生の矢島優也選手(スウィン大宮)も1:57.38の好記録で3位。瀬戸選手はこのあと行われた男子400m個人メドレーでも貫禄を見せつけ見事に二冠を達成しています!
DSC07285













また男子200m平泳ぎでは小関也朱篤選手(ミキハウス)が2:10.45で優勝。この種目でも高校3年生の渡辺一平選手(佐伯鶴城高校)が2:11.86で3位。
DSC07296












第1日目最終種目の男子200mメドレーリレーには入江選手、小関選手、池端宏文選手(法政大学)、川内勇輝選手(自衛隊体育学校)というメンバーで臨み3位。1分39秒23という記録は日本新記録でした!

初日を終えて1位 豪州=318P、2位 米国=284P、3位 中国=270P、4位 日本=268P。2位以降は混戦で明日のレースに期待も高まります!

リザルトはこちら!
2015 BHP Billiton Aquatic Super Series

BHP Billiton 4ヵ国対抗戦はいよいよ明日スタート!

パース3日目。会場の準備も着々と進み、リラックスしながらも対抗戦の雰囲気になって来ています。
DSC07237












午前も午後もしっかりトレーニングをしながら明日のレースに挑みます。現地は昨日に続く快晴でしたが、一時雷雨もあり室内プールへ移動するという一幕もありました。オーストラリアの夏の屋外プールを体験しています。
DSC07203











リレーの引き継ぎ練習にも熱が入っています。
DSC07224











しっかりと映像も確認。
DSC07228











いよいよ試合を明日に控え、前夜のチームミーティング。鈴木大地会長も合流し、激励をいただきました。チームの士気も高まってきました!
DSC07247












そして本日は鈴木聡美選手(ミキハウス)の24歳の誕生日!そして昨日は小泉圭介トレーナーの44歳の誕生日!ということでお祝いです!
DSC07258













明日からオーストラリア、アメリカ、中国という世界の強豪三ヶ国に挑みます!

BHP Billiton 4ヵ国対抗戦日本代表、現地にて調整をスタート!

BHP Billiton 4ヵ国対抗戦日本代表チームが昨日現地パース入り。

本日より会場となるHBFスタジアムにて調整をスタート。真冬の日本から真夏のオーストラリアへ。パースは快晴で日中は40℃ほどまで上がる灼熱です。既に選手入場ゲートはこんな感じに。
DSC07193











選手たちは開放的な屋外プールで気持ちよく、しっかりとトレーニングを行っています。
DSC07202











こちらは今大会の男子スプリント陣・小長谷研二選手(コパンSS)と川内勇輝選手(自衛隊体育学校)。身体キレてます!
DSC07196











そしてこちらは竹村吉昭コーチ(JSS長岡)が担当する期待の中高生グループ!
DSC07200











明日もう一日調整し、金曜土曜のレースに臨みます!

BHP Billiton 4ヵ国対抗戦代表メンバーが集合!

今週の金、土に豪州・パースにて行われるBHP Billiton 4ヵ国対抗戦に向けて代表メンバーがJISS/NTCに集合しました!

今年は選手が男子12名、女子12名、コーチが4名とコンパクトな陣容で大会に臨みます。
DSC_1504













今大会ではイトマンSSの道浦健壽コーチがヘッドコーチを務めます。
DSC_1508













Ryan Lochte選手など米国代表チームもパース入りしているようです!


BHP Billiton Aquatic Super Series
161215_home_hero

【KOSUKE KITAJIMA CUP 2015】第2日目の結果

東京都選手権改めKOSUKE KITAJIMA CUP。

2日目の本日は中学新記録が2つ樹立されました!女子100m自由形、女子100mバタフライで共に池江璃花子選手(ルネサンス亀戸)が樹立しています。

まず女子100mバタフライでは58秒27の中学新記録で優勝し、加藤ゆか選手の引退後エース不在の女子100mバタフライで名乗りを挙げました。更に100m自由形では55秒16で自身の中学記録を更新。
DSC07176












女子100m自由形を制した内田美希選手(東洋大学)も自己ベストに迫る54秒29の好記録。男子100m自由形を制した中村克選手は48秒70とこちらも好記録。
DSC07174












男子200m個人メドレーでは萩野公介選手(東洋大学)が1分57秒01と強さを見せ優勝し、男子の初代KOSUKE KITAJIMAカップを手にしました。また女子200m平泳ぎでは青木玲緒樹選手(東洋大学)が2分24秒60で制し、女子の初代KOSUKE KITAJIMAカップを獲得しています。
DSC07172












来週は日本代表として臨むBHP Billiton 4ヵ国対抗戦が豪州・パースにて行われます。そしてきららカップ、コナミオープンなど注目選手たちが4月に向けての調整の中で泳ぐレースも続きます!

KOSUKE KITAJIMA CUPのリザルトはこちら
第8回東京都選手権(KOSUKE KITAJIMA CUP 2015)

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pachapo