TOBIUO JAPAN Journal

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

2015年01月

【KOSUKE KITAJIMA CUP 2015】第1日目の結果

東京都選手権改めKOSUKE KITAJIMA CUP。

本日、その第1日目が辰巳国際水泳場で行われ、多くのトップスイマーも出場しました。

第1日目、やはり注目を集めたのは大会の冠を背負った北島康介選手(アクエリアス)。男子100m平泳ぎに出場し、表彰台には上れなかったものの1:02.04での4位。「まだまだやるべきことはある。」と言いつつも”昨年はようやく泳ぎ出した時期”にこれだけレースが出来ていることに充実感も漂っていました。明日は200m平泳ぎに出場予定です。
DSC07182












女子50m自由形は世界短水路で大活躍した内田美希選手(東洋大学)が25.26で制し、明日の100m自由形にも期待がかかります。女子200m自由形は昨年11月の東京SC招待で中学新を樹立した池江璃花子選手(ルネサンス亀戸)が2:00.30で優勝。
DSC07178












女子200mバタフライは中学3年生の長谷川涼香選手(東京ドーム)が積極的なレース展開で星奈津美選手(ミズノ)を破っての優勝。BHP Billiton 4ヵ国対抗戦にも期待がかかります!
DSC07170












男子400m個人メドレーでは萩野公介選手(東洋大学)が1種目1種目確かめるように泳ぎながらも4:12.18とさすがの貫禄を見せています。レースの日でもベースを落とさないようウォーミングアップ、クールダウンで合計10,000mは泳いでいるそうです!

代表選手同士の争いとなった男子200m自由形では小堀勇氣選手(東京SC)が松田丈志選手(セガサミー)を振り切り1:48.67で優勝。高校2年の吉田冬優選手(三菱養和SS)が1:49.72の好記録で3位に入っています。

各選手ともトレーニングを続けながらのレースで、また4月に向けての課題を洗い出しているようです。ビッグネームも多く出場している今大会。明日はどんなレースが展開されるでしょうか!?
DSC07171











リザルトはこちら
第8回東京都選手権(KOSUKE KITAJIMA CUP 2015)

リオデジャネイロオリンピックのFINA標準記録が公表されました!

いよいよ来年に迫って来たリオデジャネイロオリンピック。

各種目2枠しかない代表権争いは日本国内でも激化が予想されますが、まずはFINAのオリンピックさんか標準記録が公表されました。FINAはOQT/A(Olympic Qualification Time/標準A)とOST/B(Olympic Standard Time/標準B)を設定しており、各種目1国2名の出場権を得るためには標準Aを突破する必要があります。

米国水泳情報サイト『SWIM SWAM』に標準記録が掲載されています!
"Qualification Time Standards for 2016 Olympic Games Officially Announced" - SWIMSWAM.com 1/16/2015

*日本水泳連盟が設定する派遣標準記録は世界選手権カザン終了後に確定する予定です。

東京オリンピックまであと2020日! #Tokyo2020 #みんなのスタート

成人の日の本日は2020年東京オリンピック開幕のちょうど2020日前!

ということで、本日東京都庁前広場にて「みんなのスタート」イベントが開催されました!トビウオジャパンの中核を担う新成人の3名、萩野公介選手(東洋大学)、瀬戸大也選手(JSS毛呂山/早稲田大学)、山口観弘選手(東洋大学)も登壇し、2020日後に迫った!?東京オリンピックに向けて今日からスタートしたいことを誓いました。
DSC_1480













成人式を終えた新成人のみなさんが「2020」の人文字も作ってくれました。
20150113k0000m040074000p_size8


















(毎日新聞 成人式:アスリートら東京五輪まで「2020」日の人文字 より)

寒い中多くの方々が集まり、成人を迎えたそれぞれのスタートを祝いました。
DSC_1475













トビウオジャパンの3選手も共に登壇した同級生の体操競技・佐藤亜希選手とパランピックアスリート・藤井美穂選手との会話の中でまた2020年への想いも高まったようです。もちろん大人の仲間入りを果たし、社会人としての自覚も芽生えています!
DSC_1465























最後は金メダルでありアスリートとしても大先輩である室伏広治スポーツディレクターから様々な経験談やアドバイスをいただき、3選手とも食い入るように聞いていました。
DSC_1471

ジュニアSS合宿は高い意識で継続中!

ジュニアSS合宿は3連休を含め金曜から4日間の日程で行われています。

田中孝夫コーチは前半をJISSで、後半を近畿大学で指導しています。田中コーチが不在となったJISSでもしっかりとその意識は継続され、トレーニングにも研修にも取り組んでいます。
DSC_2663













本日はマルチサポート事業スタッフの岩原氏より科学的見地からのレクチャーをいただきました。
DSC_2669













難しい内容ながら選手たちも高い意識を持ってメモを取る姿が目立ちました!
DSC_2668

DSC_2671
























明日、成人の日で1月の合宿も終了です。

ジュニアSS合宿ではトレーナーによるメディカルチェックを行っています!

ジュニアSS合宿の2日目、本日は東西ともにトレーナーさんたちによるメディカルチェックが行われました。
DSC_2652























個々の柔軟性や体幹について1人ずつチェックし、パフォーマンス向上のために強化が必要な部分、具体的に取り組むべき補強などのアドバイスをいただきました。
DSC_2651-1























コーチたちもこの通り、選手と共に興味深そうに耳を傾けていました。
DSC_2648

IMG_20150110_130226
























しっかりとトレーニングに繋げ、継続的に行っていくことが大切ですね。というわけで、恵まれた環境でもちろんトレーニングもしっかり行っています!
IMG_20150110_164105

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pachapo