TOBIUO JAPAN Journal

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

2015年02月

#KONAMIOPEN2015 中学新と学童新が連発しました!

辰巳国際水泳場にて2日間行われたコナミオープン2015が終了しました。

始めて辰巳で行われた今大会では大会新記録も続出し、また中学新記録が2つ、学童新記録が5つ樹立されています。女子50m平泳ぎ決勝では中学2年生の宮坂倖乃(コナミ北浦和)が予選で樹立した中学記録を0秒01更新し、31秒81の中学新記録で2位。女子100m背泳ぎでは泉原凪沙選手(コナミ天王町)が1分02秒54の学童新記録を樹立すると、50m背泳ぎでは予選・決勝ともに学童新記録を更新し29秒17で2位で表彰台に上がっています!

更に予選ながら、女子400m個人メドレーでは平原ここの選手(スウィン南越谷)が4分54秒92の学童新記録、女子400m自由形では増田聖乃選手(スウィン大教)が4分24秒34の学童新記録を樹立しています。2020年に向けて、楽しみなジュニアスイマーたちが続々と頭角を現していますね。

また世界水泳カザンでの活躍が期待される選手たちも順調に調整を進めているようです。

小関也朱篤選手(ミキハウス)は200m平泳ぎで他を寄せ付けない貫禄を見せ2:08.89の好記録で優勝。100m平泳ぎでも1:00.18の好記録で4月への足がかりとなったようです。

入江陵介選手(イトマン東進)は100m背泳ぎで52秒台には届かなかったものの、53.29の好記録で優勝。また200m背泳ぎでも1:55.66と安定した強さを見せています。2位に入った金子雅紀選手(YURAS)も1:56.30の好記録で4月の更なる爆発に期待がかかります。

また女子では200m個人メドレーと400m個人メドレーを清水咲子選手(日本体育大学)が共に大会新記録で優勝し、順調な仕上がりを見せています。

リザルトはこちらから
KONAMI OPEN 2015 水泳競技大会|日程&結果

これが日本選手権前のラストレースとなった選手も多いですが、来週にはNSW州オープン選手権も行われます!

NSW州オープン選手権日本代表選手団が集合しました!

来週末にオーストラリア・シドニーにて行われるニューサウスウェールズ(NSW)州オープン選手権に出場する日本代表チームが本日JISSに集合しました。

今週末はJISSにて事前合宿を行い、週明けにはシドニーに向けて出発します。
DSC_2743













新シーズンに向けて期待のかかる選手たちに。上野広治競泳委員長から激励をいただきました。
DSC_2742













昨年は同大会で女子200m個人メドレーの日本新記録も樹立した渡部香生子選手(JSS立石)を筆頭に勢いのある女子中学生選手たち、それに久々に国際大会に出場する立石諒選手(ミキハウス)らにも注目です!
DSC_2740













日本代表選手一覧はこちらから
NSW州オープン選手権 日本代表選手団を発表!

【お知らせ】海外への合宿や遠征などを計画されている方へ

日本選手権まで最後の追い込みに入り、海外での合宿などを計画されているチームや選手も少なくないと思います。

海外における滞在中に、いざという時、在外公館などから緊急時情報提供を受けられる海外旅行登録システム「たびレジ」への登録推進に関すて、JOCより指導がありました。今後、海外への合宿や遠征を計画されている方は是非ご登録下さい。なお、「たびレジ」に関しては以下をご参照下さい。

たびレジ - 外務省海外旅行登録
41)














たびレジは海外旅行や海外出張される方が、旅行日程・滞在先・連絡先などを登録すると、滞在先の最新の渡航情報や緊急事態発生時の連絡メール、また、いざという時の緊急連絡などが受け取れるシステムです。

日本選手権まであと50日を切りました!

4月7日から行われる日本選手権まで50日を切りました。あと48日です。

インターナショナル合宿、ジュニアSS合宿も終了し、先週末には米国・オーランドで行われたArena Pro Swim Seriesに北島康介選手(日本コカ・コーラ)や古賀淳也選手(第一三共)らが出場し、古賀選手は男子100m背泳ぎで53.97の好記録で優勝しています。

リザルトはこちら
2015 Arena Pro Swim Series at Orlando

日本選手権前、日本代表候補選手が出場する最後の大きな大会となるコナミオープン2015も今週末に辰巳国際水泳場で行われます!
56)












そして来週にはNSW州オープン選手権遠征組も出発。渡部香生子選手(JSS立石)をはじめ、ここ最近では100m自由形で48秒台を立て続けに出している中村克選手(早稲田大学)、中学新を連発中の池江璃花子選手(ルネサンス亀戸)や長谷川涼香選手(東京ドーム)など注目の選手たちが出場します。

日本選手権に向けた強化のため高地トレーニングに向かう選手たちも。

あと50日を切り、それぞれのプランで最後の追い込みです!

週末はJISSにてジュニアSS合宿(東日本)が行われました!

インターナショナル合宿が終了した後、JISS競泳プールは再び活気に溢れました。

ジュニアSS合宿(東日本)が週末3日間行われました。先週行われた西日本と同じく、選手だけでなくやはりコーチも積極的です。
IMG_20150214_191457













田中先生からは西日本と同様に意識性の原則について練習前後にお話があり、選手も練習中に考えて行うことが出来てきているようです。
IMG_20150213_170211













最終日はダイブからの練習を行うなど、レース形式のトレーニングを行なっているチームも多かったです。
IMG_20150215_164143

IMG_20150215_164305
























3月はナショナル合宿で行われた測定と同様に測定が行われます。選手がどのように変化しているかとても楽しみです!

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pachapo