TOBIUO JAPAN Journal

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

2015年05月

ジュニアSS合宿(自由形&個人メドレー)が終了しました!

昨年10月からスタートし、半年間にわたって行われて来たジュニアSS合宿。

今週末は自由形&個人メドレー、来週末には背泳ぎ、平泳ぎ、バタフライの選手たちがJISSに集合しての合宿となります。そして今週末3日間の合宿が本日無事終了しました!

昨晩は栄養講習も行われました。
IMG_20150530_190009













これで自由形と個人メドレーの選手たちは半年間のジュニアSS合宿が一区切りとなりました。

この中から世界水泳カザンと世界ジュニア選手権の代表選手たちも輩出されています。もちろん国内で行われる全国中学やインターハイも含め、10月の合宿にまた同じメンバーが集合できるよう、今年の夏、それぞれの場所で活躍が期待されます!
DSC08842

ジュニアSS合宿のあと、日本代表選手たちも練習に励んでいます!

週末の3日間、JISSではジュニアSS合宿が行われていますが、世界水泳カザン、光州ユニバーシアードの代表選手たちも時間帯をずらしてしっかりトレーニングに励んでいます。
DSC08861


























ジャパンオープンでは男子100m自由形で日本新をマークした中村克選手も300mをストレートで泳いでいました。
DSC08849












またジュニアSS合宿の合間を縫って、持田早智選手と池江璃花子選手は日本スポーツ振興センター(toto GROWING)の取材対応。本人たちの要望に応え写真を掲載しておきます!
DSC_0199























世界水泳カザンのメンバーのほとんどは来週からヨーロッパGP(Mare Nostrum)でカネ、バルセロナ、モナコを転戦。再び海外生活となりますが、その前にしっかりトレーニングをしながら調整です。

ジュニアSS合宿は自由形&個人メドレーのメンバーが集合!

昨年10月からスタートしたジュニアSS合宿は今週末と来週末でひとつの区切りを迎えます。

最終節となる今回はこれまでの東西ではなく、種目別で分かれ、全てJISSにて行われます。

本日集合したのは自由形と個人メドレーのメンバー。東西の選手たちでの合同合宿なのでいつにも増して活気があります!
DSC08831

























このジュニアSS合宿から日本代表入りした選手たちも参加中。
DSC08828











選手にもコーチにもしっかりと田中イズムが根付いています。
DSC08835











今年の夏、そしてその先を見据えて少しずつ準備を進めていきます!
DSC08845

#世界水泳 壮行会がジャパンオープン終了後に行われました!!

ジャパンオープン最終日の競技終了後、世界水泳カザンに出場する競泳、シンクロ、飛込、水球、OWSの全73選手のうち71選手が集結し、壮行会が行われました!

競技ごとに一人一人紹介され、入場していきました。こちらはOWSの平井康翔選手と飛込の寺内健選手。
DSC08630












そしてOWSの貴田裕美選手。
DSC08634












競泳の旗手は最年少・池江璃花子選手が務めました!トビウオジャパン全員の抱負が込められた日の丸を掲げて入場!
DSC08642












注目の選手たちが世界水泳に向けて想いを語ってくれました。今大会での金メダルには来年のリオデジャネイロ五輪代表権もかかっているため、選手たちの金メダルの意識は非常に高いです。
DSC08662












この日が誕生日で21歳になった瀬戸大也選手と20歳になった五十嵐千尋選手の音頭で5競技揃って71名でのワンパも行われました。
DSC08671












世界水泳カザン代表選手みんな揃っての集合写真!
DSC08677

DSC08679






















最後は応援して下さった場内のお客さんに選手たちの直筆サイン入りぱちゃぽのサービス!
DSC08690












みんな楽しそうに投げ入れていました。
DSC08687












応援して下さる方々のためにも日本代表一丸となって頑張ります!
DSC08693












追伸:裏ではこんな感じで選手たちが心を込めてぱちゃぽにサインしていました。
DSC08497

#競泳ジャパンオープン 第3日目:男子200m個人メドレーを瀬戸大也が制し、今大会3冠を達成!

ジャパンオープン2015の第3日目の決勝競技が終了しました!

最終日も選手たちは力泳を見せてくれました!世界水泳カザンに向けて、代表全員が集合するのは最後ということで決勝前にはチームミーティングが行われ、鈴木大地会長からも激励のお言葉をいただきました!
DSC08610












更にチーム一丸となって戦う気持ちを込めたワンパ。今日5月24日が誕生日だった瀬戸大也選手と五十嵐千尋選手が音頭をとりました。
DSC08624












さて、レースを振り返って行きましょう。本日も萩野公介選手と瀬戸大也選手の対決が注目を集めた男子200m個人メドレー。昨日の400m個人メドレーに続き、バタフライで先行した瀬戸選手がトップを譲ることなく優勝を果たし、今大会3冠を達成しました。
PKT155243731












昨日、中村克選手が100m自由形で日本新記録を出し、本日も注目を集めた男子50m自由形。第一人者の塩浦慎理選手がこの種目では貫禄を見せ、22.04の好記録で優勝を果たしました!21秒台には惜しくも届かず悔しさは残りましたが、地力は着実に上がっています。
PKT155242736












女子50m自由形はこちらも日本記録保持者である内田美希選手が力を見せ、25.14で優勝。予選からは大幅に記録を上げ、まずまず納得のいく結果を得ることが出来ました。
PKJ155241305












女子100mバタフライでは星奈津美選手がEmma McKeon選手(豪州)には破れましたが2位で2年ぶりの自己ベストを更新。また公言通り積極的なレース展開を見せた池江璃花子選手が26.76のハイスピードで前半を折返しましたが、惜しくも自身の持つ中学記録には届かず、それでも3位で表彰台に上がりました。
PKT155242916












男子100mバタフライでも世界水泳カザン代表の川本武史選手が危なげないレース展開で強さを見せ52.08の好記録で優勝。
PKT155243091












今大会もハイレベルなレースとなった女子200m平泳ぎは最後まで渡部香生子選手と金藤理絵選手の代表同士の接戦となりました。ラスト50mの金藤選手の猛追を振り切った渡部選手が優勝し、100m平泳ぎと合わせて2冠を達成。
PKJ155241665













ジャパンオープン2015終了後には、世界水泳カザンに向けた壮行会も行われました。壮行会の様子は改めて掲載したいと思います。

今大会を終え、いよいよ国内でのレースは終了。世界水泳カザン代表選手のほとんどのメンバーは来週からヨーロッパ遠征に向かいます。溜まっている疲労を一度抜いて、夏に向けてライバルたちとのレースに挑んで行きます!

(写真提供:フォート・キシモト)

公式リザルトはこちらから
ジャパンオープン2015(50m)

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pachapo