TOBIUO JAPAN Journal

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

2015年05月

#競泳ジャパンオープン 第3日目の予選競技が終了しました!

ジャパンオープン2015は3日目の予選競技が終了しました。

大会も最終日となり、いよいよ世界水泳カザン前の国内最終レースとなります。本日の午前中には萩野公介選手、瀬戸大也選手が出場する男子200m個人メドレーや渡部香生子選手、金藤理絵選手が出場する女子200m平泳ぎなど注目のレースが行われました。

男子200m個人メドレーで予選をトップ通過したのは瀬戸大也選手。唯一の1分59秒台で決勝では「日本選手権で出した自己ベストを意識したい。」とコメント。萩野公介選手もこの種目では意地を見せたい所です。

男子50m自由形では昨日100m自由形で日本新記録を樹立した中村克選手に負けじと塩浦慎理選手が堂々の予選トップ通過。決勝では、中村選手、そしてシドニー五輪金メダリストAnthony Ervin選手に挟まれた高速レースでの記録にも期待がかかります!
DSC08576












女子100mバタフライは50mバタフライでも自己ベストを更新し勢いに乗る星奈津美選手がトップで決勝へ進出。「100mでも2年間ベストが出ていない。50mで出たので100mでも狙いたい。」と決勝への意気込みを語っています。
DSC08486












また日本選手権ではこの種目で期待されながら予選落ちしてしまった池江璃花子選手も今大会ではこの種目への意識も高く「前半から行って、後半はどこまで自分を追いつめられるか。決勝では自己ベストを狙う。」と闘志を燃やしています。
DSC08490












女子200m平泳ぎでは金藤理絵選手が予選トップ。渡部香生子選手は2位で日本代表の2選手が2分24秒台の好記録で決勝進出です。決勝では再びハイレベルな優勝争いに期待がかかります!
DSC08527












本日の決勝レースはCSテレビ朝日で!

公式リザルトはこちらから
ジャパンオープン2015(50m)

#競泳ジャパンオープン 第2日目決勝結果:男子100m自由形で中村克、女子50m平泳ぎで鈴木聡美が日本新記録を樹立!

ジャパンオープン2015の第2日目の決勝競技が終了しました。

大会第2日目は素晴らしい記録が連発しました!

圧巻だったのは何と言っても本日の最終レース男子100m自由形。中村克選手が48秒41の日本新記録を樹立!高速水着時代の2009年に藤井拓郎選手が樹立した日本記録を6年振りに更新しました。「ずっと狙っていた記録。もっと速い記録を出したかった気持ちもあるが、初めての日本新なので嬉しい。」と率直な気持ちを語ってくれました。まだまだ上には上がいますが、後半の24.77というラップはワールドクラスと言っていいでしょう。
PKJ155232204












女子50m平泳ぎでは鈴木聡美選手が30秒97の日本新記録を樹立!4月の日本選手権では苦しみ世界水泳カザン代表入りを逃した鈴木選手の表情にも笑顔がこぼれました。来年に向けての戦いは既にスタートしています!
PKJ155231601












そして女子50mバタフライでは池江璃花子選手が26秒35の中学新記録を樹立し、Emma McKeon選手(豪州)と同着優勝!昨日の200m自由形に続き、日本選手権での記録を更新です!明日の100mバタフライにも期待がかかります!
PKJ155231520












女子400m個人メドレーでは、世界水泳カザン代表の清水咲子選手が安定した強さを見せ、優勝を果たしました。世界水泳カザンでは「支えて下さっている方々に恩返しが出来るよう、メダルと日本新記録を持って帰りたい。」と意気込みを語ってくれました。
PKJ155231186












萩野公介選手と瀬戸大也選手の対決に注目が集まった男子400m個人メドレーでは、先行した瀬戸選手が背泳ぎ、平泳ぎでもトップを譲ることなく4:10.04の好記録で優勝。
PKJ155231406












男子200m背泳ぎでは入江陵介選手がレースプラン通り、前半から積極的な飛び出しを見せ会場を沸かせてくれました。ラスト50mは力尽きましたが、この種目でも貫禄の優勝。夏への試金石となるレースを見せてくれました!
PKT155230612












女子200m背泳ぎでは中学2年生の酒井夏海選手が2:10.80でJr.エリートA標準を突破して優勝!世界ジュニア選手権への切符を掴んでいます!
PKJ155231970


























また女子100m自由形では世界トップレベルの記録を持つEmma McKeon選手(豪州)に力を見せつけられましたが、国内にいながら世界のスピードを感じることが出来るレースとなりました。日本の第一人者である内田美希選手が54.39で2位。渡部香生子選手が54.86の好記録をマークし、3位に入っています。

(写真提供:フォート・キシモト)

公式リザルトはこちらから
ジャパンオープン2015(50m)

#競泳ジャパンオープン 第2日目の予選競技が終了しました!

ジャパンオープン2015は2日目の予選競技が終了しました。

本日もトビウオジャパンは予選レースから自己ベストをマークする選手も多く、連戦からの疲労もありベストコンディションではない中でも良いレースが出来ている選手もいます。本日も注目のレースが続きます。

やはり注目を集める男子400m個人メドレーの萩野公介選手と瀬戸大也選手。
DSC08511












予選は共に余裕のある泳ぎで決勝に進出。今大会でも決勝での対決が非常に楽しみです!
DSC08517












また男子100m自由形では中村克選手が予選から48秒台の好記録をマーク。決勝では記録の更新にも期待がかかります!
DSC08531












昨日の男子100m平泳ぎを制した立石諒選手は50m平泳ぎでもしっかり決勝に進出。今大会もトレーナー陣にしっかりケアしてもらいながら、全力を尽くしています!
DSC08521












公式リザルトはこちらから
ジャパンオープン2015(50m)

尚、本日もB決勝・決勝レースは16:00よりUSTREAMにてライブ配信予定です!


Broadcast live streaming video on Ustream

#競泳ジャパンオープン 第1日目決勝結果:女子200m自由形で池江璃花子が中学新記録を樹立!

ジャパンオープン2015の第1日目の決勝競技が終了しました。

3日間のタイトなスケジュールで行われる今大会。トビウオジャパンはオーストラリア遠征の疲労も残る中での連戦となりますが、チームJAPANとして大会に臨み、決勝になればやはり日本代表の意地を見せてくれています。

女子200m自由形では、池江璃花子選手がオーストラリア王者のEmma McKeon選手(豪州)に喰らいつく積極的なレースを見せると優勝こそ逃しましたが、見事1分58秒01の中学新記録を樹立!夏の本番に向け、成長著しい中学生スイマーの勢いは止まりません!
PKT155223044

























(写真:フォート・キシモト)

中学生以来の1500m自由形への挑戦で注目された萩野公介選手は専門外の種目ながら、流石の強さを見せて優勝を果たしています。消極的なレース展開となってしまった理由は「スタートでゴーグルに水が入ってしまった。」とのこと。レース後のインタビューで明かし、「競泳で最も長い1500m自由形に挑戦することで、求められる精神力など専門の400m個人メドレーにも繋げたい」と出場の意図を明かしてくれました。

女子200mバタフライは予選から良い泳ぎを見せていた星奈津美選手が「予選が予想以上に良かったので欲が出た」と言いながらも、危なげない泳ぎで逃げ切り2:06.90で優勝。個人メドレーで代表の清水咲子選手も2:09.36で2位に入っています。
PKT155220222











(写真:フォート・キシモト)

男子200mバタフライでは前半から飛び出した瀬戸大也選手がラストまで粘り1:54.46の好記録で優勝。それでも「1分53秒台を出しておきたかった」と世界のライバルたちを意識するコメントもありました。また、持ち味である後半に強さを発揮した坂井聖人選手は1:55.08で自己ベストを更新して2位。
PKT155222687











(写真:フォート・キシモト)

最後まで接戦となった男子200m自由形は小堀勇氣選手がラストで世界水泳代表の意地を見せ、坂田怜央選手を振り切り1:47.48で優勝。
PKT155222991











(写真:フォート・キシモト)

男子100m背泳ぎは古賀淳也選手が前半のラップを奪いましたが、入江陵介選手が貫禄の強さを見せ唯一の53秒台となる53.41で優勝。記録的には満足はいかなかったようですが、世界を見据え夏に向けてしっかり仕上げて行きたいと意気込みを語っていました。
PKT155223225











(写真:フォート・キシモト)

女子100m平泳ぎでは渡部香生子選手が冷静なレース運びで後半抜け出し、1:06.95で優勝。
PKJ155221998











(写真:フォート・キシモト)

そして初日の最終種目となった男子100m平泳ぎ。日本選手権獲得者である小関也朱篤選手が決勝進出を逃すという波乱もありましたが、もう1人の日本代表・立石諒選手が代表の意地を見せ1:00.85で優勝。今年に入り度々見せている勝負強さをこのレースでも再び見せてくれました。
PKT155221331











(写真:フォート・キシモト)

PKT155221475











(写真:フォート・キシモト)

公式リザルトはこちらから
ジャパンオープン2015(50m)

#競泳ジャパンオープン 第1日目の決勝がまもなく始まります!

本日からジャパンオープン2015が始まりました!

今大会には世界水泳カザン日本代表選手を始め、オーストラリアやイギリスからの選手たちも参戦。また、世界ジュニア代表入りを目指す選手たちも代表選手たちにチャレンジします!

午前中のレースでは日本代表選手たちが順当に決勝に進出。女子200mバタフライの星奈津美選手、男子100m背泳ぎの入江陵介選手らは予選から好記録。
DSC08486












決勝レースではハイレベルな争いが期待されます!
DSC08492












尚、本日のB決勝・決勝レースは16:00よりUSTREAMにてライブ配信予定です!


Broadcast live streaming video on Ustream

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pachapo