TOBIUO JAPAN Journal

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

2015年05月

#競泳ジャパンオープン はいよいよ明日から!

いよいよ明日からジャパンオープン2015が辰巳国際水泳場にて行われます!

世界水泳カザンの日本代表選手はチーム“JAPAN”として出場。JISSから辰巳に移動し、まずはチームミーティングが行われました。
DSC08448











その後、辰巳のプールの感触を確かめながらの前日練習。注目選手たちはそれぞれ取材に対応しました。
DSC08469












男子キャプテンの入江陵介選手。
DSC08451












女子キャプテンの金藤理絵選手。
DSC08453












初日は1500m自由形に挑戦する萩野公介選手。
DSC08461












今大会でも活躍が期待される渡部香生子選手。
DSC08474












今年は代表入りこそ逃しましたが、やはり今大会での北島康介選手の泳ぎにも注目です。
DSC08479












それぞれ夏に向けての準備段階で重要な位置づけの大会となります。今大会は最終日5/24(日)決勝のみCSテレ朝にて生中継。それ以外のレースはUSTREAMにて配信予定です!

USTREAM配信スケジュール(予定)

第1日目 5月22日(金)
 ■予選 9:30 ~ 13:50
 ■B決勝・決勝 16:00 ~ 18:30

第2日目 5月23日(土)
 ■予選 9:30 ~ 13:30
 ■B決勝・決勝 16:00 ~ 19:00

第3日目 5月24日(日)
 ■予選 9:30 ~ 12:00
 ■B決勝 15:00 ~ 15:55

※5月24日(日) 決勝は、CSテレ朝チャンネル1にて14:55~18:30放送予定。

豪州GPを終え、いよいよ明後日からジャパンオープンです!

トビウオジャパンは一昨日オーストラリアGPから帰国したばかりですが、明後日からは辰巳国際水泳場にてジャパンオープンが行われます!

世界水泳カザン代表選手たちは、ジャパンオープンに向け、本日味の素NTCに再集合。

明日は試合会場に移動し、大会前日練習に臨みます。

今大会は世界ジュニア選手権の選考もかかります。ジュニアの選手たちにとっては、夏に繋がるレースが期待されます!

また、今大会にはオーストラリア、イギリスなどの選手もエントリー。国際色も出て来たジャパンオープン、是非ご注目下さい!
JO_2015_2

JO_2015-3

【豪州GP】在オーストラリア日本大使館を訪問し、無事帰国!

オーストラリアGPが行われていたキャンベラより今朝無事に帰国致しました。

最終日は夜便だったため、出発前の午前中もしっかり練習。今回の遠征メンバー全員で記念撮影。
DSC08372












その後、オーストラリアの首都であるキャンベラということで、在オーストラリア日本大使館での昼食会にお招きいただきました。
DSC08380












草加在オーストラリア大使からも激励のお言葉をいただき、昼食会が行われました。
DSC08385












おいしい昼食を振る舞っていただき、レースとトレーニングの疲れも吹き飛んだようです。
DSC08394

DSC08393

DSC08424
































こちらは世界ジュニア代表の女子選手たち。牧野紘子選手(東京ドーム)、今井月選手(本巣SS)、宮坂倖乃選手(コナミ北浦和)。
DSC08399












こちらは男子の宮本一平選手(スウィン大宮)と幌村尚選手(ナイスSP)。遠征を通して多くのことを学んだようです。
DSC08404












最後は男子キャプテン入江陵介選手(イトマン東進)から大使へ記念品を贈呈。
DSC08409












タイトなスケジュールで慣れない形式でのレースと多くのチャレンジがあった今回の遠征ですが、得るものは非常に大きかったようです!そして今週末は辰巳にてジャパンオープンが行われます!
DSC08419

【豪州GP】とても濃い2日間の競技が終了しました!

オーストラリアGPとして日豪混成チームでの初めての試みとなった対抗戦が終了しました。

2日間ながら4つのセッション全て内容の濃い充実した大会となりました。

日本の応援団もたくさん駆けつけて下さいました。
DSC08346












3つのチームに分かれてレースを行うというスタイルは昨年オーストラリア代表選手のみで行われたそうですが、今年は2ヵ国での交流によって両国の選手、スタッフともに得られたものは大きかったようです。お互いのレースに向かう準備や姿勢、考え方、チームとしての意識など様々な面で学ぶことも多々あります。Team Stockwellでは午後のレース前に片浦トレーナーが体操&ストレッチを担当していました。
DSC08331












Cate Campbell選手は女子100m自由形で53秒00、Emily Seebohm選手が女子100m背泳ぎで59秒39と、この時期この状態でも圧倒的な強さを見せ、世界を感じることも出来ました。
DSC08355












またトビウオジャパンも男子50m自由形で中村克選手(早稲田大学)が22秒23の自己ベストを更新する等、ハードなスケジュールの中、2日目は記録的にハイレベルなレースも多くありました。そして何より、キツい状況の中でも選手たちはレースを楽しめていたようです!
unnamed












チーム戦としての大会の最終成績は以下の通り。

①Team Fraser=1010 P
②Team Stockwell=902 P
③Team Beringen=801 P

DSC08368












今夏行われる世界水泳カザン、世界ジュニア選手権シンガポールに向けて、非常に大きな刺激となりました!帰国後すぐ、来週はジャパンオープンです!

レースのリザルトはこちら!
Swimming Australia Grand Prix #1

【豪州GP】第2日目もタフにレースをこなしています!

大会は2日目を迎えました。

各チームともヘッドコーチを中心にミーティングを行い、レースを通して勝負にこだわることなどモチベーションを上げるためのメッセージがコーチ陣から伝えられたようです。
DSC08313

DSC08307





















昨日は不慣れなブロークン形式のレースに選手や運営側にも戸惑いがありましたが、2日目の本日はスムーズな進行でした。

しっかりとトレーニングを積みながら今大会に臨んでいる選手たち。昨日はフィジカル的にもメンタル的にもタフに追い込むレースをしましたが、2日目で疲労は残っているものの身体の動きはよくなっているようです。

レース後は地元の子どもたちのサインの要望にも応えています。
DSC08323

DSC08321





















残すは2日目の通常レースを残すのみです!

レースのリザルトはこちら!
Swimming Australia Grand Prix #1

月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pachapo