TOBIUO JAPAN Journal

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

2015年07月

#世界水泳 カザン競泳競技開始まであと2日!!

カザン入りしてから早6日目。

競泳競技が行われるカザンアリーナには出場各国が揃い、いよいよ競泳も世界選手権が始まる雰囲気になってきました。それでもトビウオジャパンの選手たちは非常に落ち着いています。

今朝のカザンは生憎の雨。気温も20℃ちょっとで肌寒い感じでした。事前情報もあったので防寒対策も施しています。補強でしっかり身体も温めて、準備はバッチリです。また、それ以上に昨年厳しい条件の中で行われたパンパシでの経験が「昨年に比べれば...。」と選手たちにとってはプラスに働いているようです。
DSC09673












選手たちの調整も最終段階。金藤理絵選手は加藤健志コーチと普段通りしっかりコミュニケーションをとっています。
DSC09682












ライバルChad Le Clos選手(南アフリカ)も見つめる中、200mバタフライのペース練習を行った瀬戸大也選手は調子の良さをアピール。しっかり映像も確認していました。
DSC09676












男子800mフリーリレーのメンバーは引き継ぎ練習を行っていました。萩野選手不在でも世界に日本の8継をアピールしたいところ。
DSC09688












昨日には22歳の誕生日を迎えた江原騎士選手は選手村でサプライズのお祝いもしていただきました。しっかりチームに溶け込んでいます。
DSC_0093-1










いよいよ競泳競技開始まであと2日!!

#世界水泳 カザン競泳競技開始まであと3日!

世界水泳がスタートして早1週間が経ちますが、トビウオジャパンの出番も徐々に近づいてきました。

昨日はリレーに出場予定の選手たちが入念に引き継ぎ練習も行っていました。
DSC09654












こちらは男子チーム。プールサイドでしっかりチェックしています。
DSC09656


























こちらは女子チーム。リレーに懸ける想いも強いメンバーが揃っています。
DSC09659












本日はオフを取る選手も多かったですが、カザンアリーナでは小関也朱篤選手や中村克選手らがいよいよ迫って来たレースに向け調整を行っていました。
DSC_0674














今朝は日が陰る時間帯もあり、風が吹くとやや肌寒い印象もありましたが、選手たちはそれほど気にしている様子もありません。プール環境自体は全く問題ないようです。
DSC09652












アメリカやオーストラリアなどの大国も今朝からカザンアリーナでの調整をスタートし、いよいよ世界水泳本番という感じです。

競泳競技開始まであと3日!メダル獲得に向け、最後の仕上げです!

#世界水泳 試合会場カザン・アリーナにて初練習を行いました!

カザンに入って早くも4日目。選手村での生活にも慣れてきました。

そして本日から試合会場のカザン・アリーナにて競泳の公式練習がスタート。

トビウオジャパンも朝一でカザン・アリーナへ。各国の選手たちも集まり始め、徐々に世界水泳も競泳モードに入って来ました!
CLEAXhGUwAAM4Fi













通常はサッカースタジアムとして使用されていることもあり、収容人数は45,000人を数えます。今大会ではメインプールとトレーニングプール、2つの仮設プールと仮設スタンドを設置。メインプールのスタンドは凡そ11,000人。
DSC09651












とても迫力のある会場で選手たちも興奮気味です。
DSC09622












練習に来た選手たちはメインプールを一周し、レースのイメージを作っていたようです。
DSC09626

DSC09627






















数名の選手たちは会場の印象やこれまでの調整の状況などについて取材対応。各選手ともにワクワクしながらも落ち着いている印象です。
DSC09666












平井ヘッドコーチは改めて「金メダルを含む10個以上のメダル」という目標を「金メダルを狙える選手が複数いる」と期待を込めて語っていました。
DSC09670












エントリーランキングも公開され、選手・コーチ共にチェックしています。
DSC09642












エントリーランキングはこちら
16th FINA World Championships Kazan (RUS) - Entry Book

競泳競技開始まであと4日!

#世界ジュニア 代表合宿スタート!

ロシアでは世界選手権が行われていますが、日本では、世界ジュニア選手権に向けた合宿が始まりました。
中高生を代表する次世代のトビウオが、国立スポーツ科学センターに集まり8月5日まで合宿を行います!
CIMG0018













大会に帯同する、片浦トレーナーの指導の下、陸上トレーニングも元気にしっかりと行っています。
CIMG0014

CIMG0006
























今回ヘッドコーチを務める大木賢二コーチと宮本一平選手(スウィン大宮)。
CIMG0017













ユニバーシアードに引き続き田中孝夫コーチがチームの監督を務めます。
CIMG0047













今回参加しているメンバーに世界選手権代表の持田早智選手(ルネサンス幕張)と池江璃花子選手(ルネサンス亀戸)、村上二美也コーチが加わり世界ジュニア選手権に挑みます!

世界ジュニア選手権 代表選手団

#世界水泳 カザンOWS女子10kmは貴田が28位。リオ五輪出場権獲得は来年の最終選考会へ持ち越し。

本日OWS女子10kmレースが行われ、貴田裕美選手(コナミスポーツクラブ)が出場。昨日の男子同様、このレースで上位10位以内に入れば、リオ五輪出場権獲得ということもあり、男子にも負けず劣らずの厳しいレースとなりました。
DSC09572












エントリーしたのは57名。コースも昨日の男子同様2.5km×4周のレース。男子同様に大きな集団の中での熾烈な位置取り争いがあり、集団の中盤に位置取った日本の貴田選手にとって消耗の激しいレースとなりました。
DSC09579












1周目(2.5km)は36位、2周目(5.0km)は28位、3周目(7.5km)は22位と徐々に順位を上げた貴田選手。3周目の終盤からトップがスピードを上げ、徐々に集団が縦長になる展開。ペースはどんどん上がり、集団がバラけます。
DSC09587












スピード勝負となったラスト1周。トップ10を目指す第2集団に付いて行くことが出来ず、28位という結果でした。残念ながら今大会でリオ五輪出場権を獲得することは出来ませんでしたが、既に前を向いています。課題を見つめつつ、来年ポルトガルにて行われる最終選考会でリオ行き切符を獲得するため、既にプランも出来ています。
IMG_9464













世界水泳へは2011年上海大会より3大会連続でOWS選手派遣が行われていますが、世界との差は少しずつ縮まっていると感じることが出来る大会でした。リオに向け、OWSたちは再スタートです!
DSC09616












エントリーリスト&正式リザルトはこちらから
16th FINA World Championships Kazan - OWS

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pachapo