TOBIUO JAPAN Journal

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

2015年10月

インターナショナル強化選手合宿が終了しました!

先週の月曜日からJISSにて行われていたインターナショナル強化選手合宿が終了しました。

リオデジャネイロ五輪イヤー最初の強化合宿ということもあり、日本のトップスイマー65名がJISSに集まり活気のあるトレーニングを行いました。
DSC_1603

DSC_1551

























今年も残すところ2ヶ月余り。JISSでは11月、12月にもそれぞれインターナショナル合宿が行われ、また海外でのトレーニングに臨む選手たちもいます。皆、目指すところは同じでしょう!
DSC_1541














インターナショナル合宿を終え、明日からは辰巳国際水泳場にてFINA/airweaveワールドカップ東京大会が行われます。辰巳では前日公式練習が行われ、選手たちは続々とこちらに移動しています!
DSC_1610














FINA/airweave Swimming World Cup 2015 Tokyo

10月のインターナショナル強化選手合宿はラストスパート!

月曜日からJISSにて行われているインターナショナル強化選手合宿は後半戦に入り、ラストスパートです。五輪前年ということで毎月開催されるインター合宿ですが、65名の選手が参加している今合宿の直後にはFINA/airweaveワールドカップ東京大会も控えており、そちらに向けて気持ちも高ぶらせていきます。

マグナスに撮影してもらった映像でレクチャーを受ける選手たちも。こちらはセントラルの選手たち。
DSC_1535














とはいえ、試合とは関係なく強化ももちろん継続中。こちらはじっくりトレーニングに励んでいる自由形長距離チーム。
DSC_1538

DSC_1537


































ラスト2日間トレーニングに励み、ほとんどの選手はワールドカップ出場のため辰巳に移動していきます。

【インターナショナル合宿】各グループとも充実したトレーニングを行っています。

今週の月曜日からスタートしたインターナショナル強化選手合宿。

65名の選手が集合した大所帯での合宿とあり、3つの時間帯に分かれ1日15時間プールが稼働している状態です。最初のグループは早朝5:30〜8:00/13:00〜15:30、次のグループが8:00〜10:30/15:30〜18:00、最後のグループが10:30〜13:00/18:00〜20:30。それぞれ充実したトレーニングが出来ているようです。
DSC_1539














こちらは中京大学が誇るインカレ男子100m背泳ぎ表彰台独占組。
DSC_1546














バタフライ中心の男子ジュニアエリートAのグループ。練習の記録をチェック中。
DSC_1547














切磋琢磨しながら頑張っています!
DSC_1548














合宿は10月27日(火)まで。そして10月28日(水)、29日(木)にはFINA/airweaveワールドカップ東京大会が辰巳国際水泳場にて開催されます!大会情報は以下URLから!
FINA/airweaveワールドカップ2015東京大会

仁川アジア大会:朴泰桓の失格により男子100m自由形で塩浦慎理が銀メダル、原田蘭丸が銅メダルを獲得!

昨年、韓国・仁川にて開催されたアジア大会の後、朴泰桓選手(韓国)がドーピング違反により失格となったことを受け、男子100m自由形で3位だった塩浦慎理選手(イトマン東進)が2位、4位だった原田蘭丸選手(自衛隊体育学校)が3位に繰り上がり、それぞれ銀メダルと銅メダルを獲得しました!
PKT15X210102











(写真提供:フォート・キシモト)


昨日、そのメダル授与式がJISS競泳プールにて行われました。プレゼンターは前日にリオデジャネイロ五輪日本代表選手団長に就任した橋本聖子JOC選手強化本部長。
PKT15X210030











(写真提供:フォート・キシモト)


メダル授与後、橋本強化本部長からインターナショナル合宿参加選手たちに激励をいただきました。来年のリオデジャネイロ五輪に向けて、そして2020年東京五輪に向けて、トビウオジャパンへの期待感を込めた激励と「人間力なくして、競技力向上なし」と力強いお言葉をいただきました。
DSC_1525














そして青木剛日本水泳連盟会長も就任後、最初のインターナショナル強化選手合宿ということで集合した選手たちを激励。
DSC_1534














大会後1年が経過してからのメダル授与式となりましたが、多くの仲間に祝福され、メダルを獲得した2選手も喜びの表情を浮かべていました。
PKT15X210092











(写真提供:フォート・キシモト)


インター合宿はまだまだ続きます!

昨日からインターナショナル強化選手合宿がスタート!本日はメディアへの公開練習が行われました!

いよいよリオデジャネイロ五輪へ向けての重要な1年がスタート。

その最初の強化合宿となるインターナショナル強化選手合宿が昨日から始まりました。
DSC_1475














65名の日本のトップスイマーたちが集まり、刺激を与え合っています。合宿2日目の本日はメディアへの公開取材日が行われ、25媒体50名ほどの報道陣が詰めかけました。さすがオリンピック前年、注目度の高さも伺えます。

来年に向けて活躍が期待される選手たちがそれぞれ取材に対応。

なんと言っても注目を集めたのは世界水泳カザン前の骨折から復帰し、元気な姿を見せた萩野公介選手。既に多くのメディアで報道されていますが11月の東京SC招待での実戦復帰を目指します。
DSC_1495














「インターナショナル合宿に選手たちが久々に集まってモチベーションも上がっている。アイシングで痛々しく見えるが75%〜80%くらいまで回復している。東京SC招待では多種目でいつも通りの泳ぎがしたい。」と明るい表情。また「水から離れていた期間に失ったものより、得たものの方が多い。この期間があったおかげで今の自分がいる。」とケガをしたことにも前向きなコメント。是非、萩野選手の完全復活を期待しましょう!


世界水泳カザンでは主将を務めた入江陵介選手は、来年に向けて「パワーアップが不可欠」と身体づくりを含めた強化プランについても語りました。
DSC_1486














また世界水泳カザンで金メダルを獲得し、リオデジャネイロ五輪代表が内定している瀬戸大也選手、星奈津美選手、渡部香生子選手も取材対応し、来年に向けて始動していく意気込みを語ってくれました。
DSC_1503

DSC_1492

DSC_1504



































合宿はFINAワールドカップ東京大会の前日10/27(火)まで行われます。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pachapo