TOBIUO JAPAN Journal

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

2015年11月

男子自由形中距離・五輪候補選手合宿も続々とスタートしています!

グアムにてスタートした男子自由形長距離合宿に続き、アメリカ・フラッグスタッフ、スペイン・シエラネバダでも続々と強化合宿がスタートしています。

フラッグスタッフでの合宿には男子400m個人メドレーで来年リオデジャネイロ五輪代表が内定している瀬戸大也選手(JSS毛呂山/早稲田大学)のほか、五輪候補選手の坂井聖人選手(早稲田大学)、男子自由形合宿に江原騎士選手(山梨学院大学)、小松巧選手(日本大学)が参加しています。
IMG_0754














標高2100mの高地でのトレーニングを開始。まずは酸素の薄い高地へのアダプテーションです。
IMG_0753














これから厳しいトレーニングに突入していきますが、同世代のメンバーで明るく取り組んでいきます!
IMG_0752

男子自由形長距離強化合宿がスタートしました!

いよいよ年末に向けて、競泳界は本格的な強化シーズンの到来。

各選手ともそれぞれの所属や日本水泳連盟の強化合宿で海外へと旅立っています。来年のリオデジャネイロ五輪、そして2020年の東京五輪に向けて自由形強化も進められています。そんな中、まずは男子自由形長距離選手たちの強化合宿がグアム・レオパレスリゾートにてスタートしました!

田中孝夫コーチ指導の下、過酷なトレーニングに挑んでいます。
12319293_933120996764780_1180010909_n














この日は30×200mのセット。練習前の顔つきも引き締まります。
12283075_933121006764779_1980074675_n














それでも一度プールに入ればもうやるだけ。開放感のある環境の中、充実したトレーニングを行っています!
12319639_933120953431451_1277822373_n

12305741_933121036764776_1918252426_n

第50回テレビ朝日ビッグスポーツ賞に瀬戸大也選手が選ばれました!

第50回テレビ朝日ビッグスポーツ賞の受賞者が昨日発表され、瀬戸大也選手(JSS毛呂山/早稲田大学)のビッグスポーツ賞受賞が決定しました!

更にトビウオジャパンからは世界水泳カザン金メダリストの星奈津美選手(ミズノ)、渡部香生子選手(JSS立石ダイワ/早稲田大学)の2名が『ビッグスポーツ特別賞』を受賞。更に世界ジュニアで2冠しW杯東京大会では日本新記録を樹立した池江璃花子選手(ルネサンス亀戸)が『ビッグスポーツ”Road to 2020”奨励賞』の受賞が決定しています。

水泳界から4選手の同時受賞はとても喜ばしいことですね。表彰式は年明け1月に行われます!

第50回テレビ朝日ビッグスポーツ賞受賞者一覧

そして瀬戸選手はアメリカへ、星選手はスペインへそれぞれ高地合宿に出発です!
image

東京SC招待は男子平泳ぎ3冠の北島康介選手が田畑杯を獲得!長尾佳音選手が女子400m個メで学童新!

連休中に4日間の日程で開催されていた東京SCジュニア優秀選手招待記録会が昨日終了しました。

今大会には多くの日本代表選手たちもエントリーし、非常に盛り上がった大会となりました。

中でも6月末のケガ以降レースから遠ざかっていた萩野公介選手(東洋大学)、また世界水泳カザン後に足の手術を行った瀬戸大也選手(JSS毛呂山)の復帰戦として注目されました。瀬戸選手は残念ながら経過を見て出場回避となりましたが、萩野選手は7種目に出場し男子100m・200m・400m自由形、200m背泳ぎ、200m・400m個人メドレーの計6種目で優勝。まだ完全とは言えませんが、4ヶ月後に控えた日本選手権に向け復調ぶりを見せてくれました!

また世界トップレベルの選手が揃った17歳以上の男子平泳ぎ3種目では、北島康介選手(アクエリアス)が小関也朱篤選手(ミキハウス)、立石諒選手(ミキハウス)、山口観弘選手(東洋大学)らを抑えて3冠を達成。今大会のMVPとなる田畑杯を獲得し、来年のリオデジャネイロ五輪選考会に向け手応えを掴んだようです。

更に11-12歳女子400m個人メドレーでは長尾佳音選手(東京SC)が4分54秒63で見事学童新記録を樹立。秋のエリート小学生合宿では女子キャプテンを務めた長尾選手が大会最終日に新記録で華を添えました!

この他、女子200m個人メドレーでは清水咲子選手(ミキハウス)が2分11秒84、男子100mバタフライでは川本武史選手(中京大学)が52秒84とインターナショナル合宿直後ながら、好記録で泳いでいました。

11月のインターナショナル合宿、東京SC招待が終了し、いよいよ海外でのトレーニングを開始する選手も増えるこの時期。年末年始の努力がきっと来年4月の辰巳、そして8月のリオデジャネイロでの結果に繋がるはず!

萩野公介選手が平成26年度JOCスポーツ賞優秀賞を受賞!

昨年、仁川アジア大会では4冠を達成し、大会MVPを受賞した萩野公介選手(東洋大学)がその功績を讃えられJOCスポーツ賞の優秀賞を受賞しました。

6月にあった表彰式には参加できなかったため、今週の水曜日に表彰の場を設けていただきました。

JOC竹田恆和会長より表彰状とトロフィーの授与。
aflo_UMQR_151118_0020











(写真:アフロスポーツ)


レスリングの吉田沙保里選手と共に表彰を受けました。
aflo_UMQR_151118_0040











(写真:アフロスポーツ)


今年は悔しい経験をしましたが現在はしっかりトレーニング中。JOC理事の皆さんの前で来年に向けての抱負を語りました。
aflo_UMQR_151118_0047

























(写真:アフロスポーツ)


萩野公介選手も本日から東京SC招待にて復帰戦に臨んでいます!

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pachapo