TOBIUO JAPAN Journal

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

2015年11月

#競泳W杯 ドーハ大会第2日目:男子200m個メで砂間、女子200m平で金藤が金メダル!

FINA/airweave競泳ワールドカップドーハ大会の第2日目が終了。

トビウオジャパンは金メダル2つ、銀メダル3つの活躍!

この日最初に表彰台に上がったのは男子200m個人メドレーの砂間敬太選手(イトマン/中央大学)。ヨーロッパを中心とした強豪選手を抑え、見事優勝を果たしました。
sunama











日本人3選手が決勝に進出した女子200m平泳ぎでは世界記録保持者Rikke Pedersen選手(デンマーク)を抑え、金藤理絵選手(Jaked)、今井月選手(本巣SS)が共に好記録でワンツーフィニッシュで共に表彰台に上がりました。
200br













また男子200m背泳ぎでは優勝したMitch Larkin選手(豪州)には水を開けられたものの、金子雅紀選手(YURAS)が好記録で銀メダルを獲得。
kaneko










更に女子400m個人メドレーでは清水咲子選手(ミキハウス)が200m平泳ぎの直後にも関わらず、Iron Lady・Katinka Hosszu選手(ハンガリー)に迫る素晴らしい泳ぎを見せ、こちらも好記録での銀メダル。
shimizu











今大会には多くの強豪選手たちもエントリーし、予選から気を抜くことが出来ない大会となりました。その中でもトビウオジャパンは2日目にメダル数を伸ばし、ドーハ大会合計で金2、銀3、銅3という結果でした。

いよいよ残すは今週末に行われるドバイ大会のみ!


【第2日目の決勝結果】
男子100mバタフライ
藤井拓郎(コナミスポーツクラブ) 53.14⑥

男子50m背泳ぎ
金子雅紀(YURAS) 25.85⑧

男子200m個人メドレー
砂間敬太(イトマン/中央大学) 2:00.48①

男子200m背泳ぎ
金子雅紀(YURAS) 1:57.83②
砂間敬太(イトマン/中央大学) 2:04.42⑧

女子200m平泳ぎ
金藤理絵(Jaked) 2:23.45①
今井月(本巣SS) 2:24.24②
清水咲子(ミキハウス) 2:26.74④

女子200m個人メドレー
清水咲子(ミキハウス) 4:37.95②

FINA/airweave Swimming World Cup Doha - Day2

#競泳W杯 ドーハ大会第1日目:男子100m背で金子、女子200m個メで清水、男子400m個メで砂間がそれぞれ銅メダルを獲得!

今年のFINA競泳ワールドカップ最終2戦となる中東シリーズ。ドーハ大会がスタートし、第1日目の決勝競技が終了しました!

東京大会に出場していた強豪選手たちに加え、Yannick Agnel選手(フランス)、James Guy選手(英国)やFederica Pellegrini選手(イタリア)などヨーロッパの実力者たちもエントリーし、ハイレベルなレースが続いています。しかし来年のリオデジャネイロ五輪を見据え、トビウオジャパンの選手たちも喰らいついています。

男子100m背泳ぎでは金子雅紀選手(YURAS)が3位で今大会トビウオジャパン最初の表彰台。優勝したMitch Larkin選手(豪州)の勢いは止まらず52秒26の好記録で優勝しています。
12202433_939928129416399_1276808543_n













女子200m個人メドレーでは着々と実力と自信をつけている清水咲子選手(ミキハウス)が2分12秒50で3位。銅メダルを獲得。
12200940_939928112749734_1119707971_n













そして男子400m個人メドレーでは砂間敬太選手(イトマン/中央大学)がこちらも3位で銅メダルを獲得しています。
12188465_939926336083245_1857132673_n













第2日目も選手たちの活躍にご期待下さい!

【第1日目の決勝結果】
女子100m平泳ぎ
今井月(本巣SS) 1:08.29⑥
金藤理絵(Jaked) 1:08.32⑦

男子100m背泳ぎ
金子雅紀(YURAS) 54.33③

女子50m背泳ぎ
諸貫瑛美(スウィン館林) 28.77④

女子200m個人メドレー
清水咲子(ミキハウス) 2:12.50③
今井月(本巣SS) 2:13.05④

男子50mバタフライ
藤井拓郎(コナミスポーツクラブ) 24.12⑥

男子400m個人メドレー
砂間敬太(イトマン/中央大学) 4:22.15③

FINA/airweave Swimming World Cup Doha - Day1

#競泳W杯 ドーハ大会が始まりました!決勝は1時間後!

五輪前年、長水路で開催されている今年のFINAワールドカップもいよいよ大詰め。

先週の東京大会を終え、残すはドーハ、ドバイと中東での2大会のみです。日本代表選手たちと自費参加中の諸貫瑛美選手も東京大会終了後、羽田からそのままドーハへ移動。
12188512_939645372778008_333601966_n










3日間の調整を経て、本日からレースに臨んでいます!
12188310_939802049429007_1603492915_n













ドーハ大会の決勝レースは1時間後にスタート。トビウオジャパンの活躍に期待しましょう!
12188532_939802059429006_1999322094_n























FINA/airweave Swimming World Cup Doha - Day 1

FINA競泳W杯開催期間中、場内にデータステーションを設置。

あっという間に今年も11月に突入してしまいましたね。

先週の水・木に開催されたFINA/airweaveワールドカップ東京大会では、女子100mバタフライの池江璃花子選手(ルネサンス亀戸)、女子50m自由形の内田美希選手(東洋大学)の日本新記録樹立などトレーニング期の大会ながら充実した内容となり、大会としても盛り上がりました。

そんな大会の裏側で日本水泳連盟科学委員会による新たな試みが行われていました。競泳パフォーマンス向上を目的として、今大会期間中試験的に『データステーション』を設置。
datastation4












これまでもレース分析の掲示などは行っていましたが今回の『データステーション』ではワイアレスでスマホなどへの映像配信を実現し、データの説明なども行われました。
datastation3

datastation2























今回は試験的な導入でしたが2日間合わせて延べ250名ほどの利用者が訪れたとのこと。
datastation5

datastation





















IT時代、トビウオジャパンのパフォーマンス向上のため、こうした取り組みも重要ですね。科学委員会の今後の展開にも期待です!

月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pachapo