TOBIUO JAPAN Journal

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

2017年02月

KONAMI OPEN 2017【1日目】

コナミオープン2017が東京辰巳国際水泳場にて開催されています。

大会初日、池江璃花子選手(ルネサンス亀戸)が女子50m自由形で24秒48の日本新記録を樹立!初めて挑戦する1度も呼吸をしないノーブレスで泳ぎきり、リオデジャネイロオリンピックでも決勝に残れるハイレベルな記録で泳ぎました!
HN1702182480

男子50m自由形では好調を維持している塩浦慎理選手(イトマン東進)が22秒08の好記録。「イメージ通りの良い泳ぎができている」と4月に向け手応えをつかんでいるようです。
HN1702180186

男子400m個人メドレーでは瀬戸大也選手(JSS毛呂山)が前半の200mを2分を切るハイペースで入り4分11秒37の記録で危なげなく優勝。
HN1702180301

女子200m平泳ぎでは、青木玲緒樹選手(東洋大)が2分23秒45の好記録。
HN1702182028

江原騎士選手(自衛隊体育学校)が1500m自由形と200m自由形を制し、持ち前のタフさを見せました。
HN1702181273

(写真:PICSPORT)

その他にも、女子400m個人メドレーでは大橋悠依選手(東洋大)が4分35秒35の自己ベストで 優勝。女子800m自由形ではオープンウォーター競技でも活躍している森山幸美選手(日本体育大)が8分33秒98の大会新記録を樹立。男子50m平泳ぎでは、小関也朱篤選手(ミキハウス)が日本記録に0.2秒に迫る27秒53で優勝。
4月の日本選手権まで2ヶ月を切り、選手たちは徐々に記録を上げてきています。
大会2日目もハイレベルな記録が期待できます!

大会2日目のレースはBS朝日(16:00~17:55)にて放送されます。
大会結果はこちらから
第33回コナミオープン水泳競技大会 結果

自由形測定合宿が行われました

自由形合宿の一環として、スタート時の力発揮や呼吸器の機能を測定する合宿が国立スポーツ科学センターで行われました。
スタートの測定では、キスラー社のスタート台を用いて、手足がスタート台に加える力や角度を測定し、飛び出しの速度や角度の改善に活かします。
IMG_3262

測定後は科学スタッフからフィードバックも行っていただきました。
IMG_3276

普段のトレーニングに科学のエッセンスが加わることで、取り組むべき課題を明確にすることができたようです。

インターナショナル合宿がメディアへ公開されました

合宿4日目、午前中の練習がメディアへ公開されました。
4月の日本選手権前最後の水泳連盟主催合宿とあって、20社を超える報道陣にお集まりいただきました!
IMG_3204

平井伯昌ヘッドコーチを始め、注目選手たちが取材に応じ現時点でのコンディションや4月の日本選手権、7月の世界選手権にむけてこの合宿で取り組んでいることを語りました。
IMG_3206

IMG_3210

IMG_3218

合宿は明日から後半戦!

インターナショナル合宿スタート!

昨日よりインターナショナル強化合宿が始まりました!
国立スポーツ科学センターに集合し、4月の日本選手権に向けて元気にトレーニングを行っています!

インターナショナルならではの垣根を越えた合同練習も行われています。
IMG_3193

普段とは違った環境でトレーニングをすることは選手たちにとっても大いに刺激になるようです。
IMG_3194

合宿は14日まで行われます!
IMG_3191

各選手課題を持ってしっかりと追い込みます!
IMG_3195

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pachapo