TOBIUO JAPAN Journal

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

2017年03月

春季ジュニアオリンピックカップでジュニア選手達が躍動!

第39回全国JOCジュニアオリンピックカップ春季水泳競技大会が東京辰巳国際水泳場にて開催されました。

今大会も日本新記録を含む多くの記録が更新され、会場を沸かせました!
大会初日、男子100m平泳ぎで武本航志選手(McS加古川)が1分04秒85の学童新記録を更新!

大会3日目には、池江璃花子選手(ルネサンス亀戸)が女子50m自由形で24秒05の日本新記録を樹立しました!
1490824912-PKC173293373_a
(フォート・キシモト)

さらに、女子50m背泳ぎでは酒井夏海選手(スウィン南越谷)が男子50m平泳ぎでは谷口卓選手(津田四日市SS)が予選・決勝ともに中学新記録を更新!男子50m自由形では須田悠介選手(ルネサンス港南中)が中学記録を更新しています。
1490824916-PKC173293615_a
(フォート・キシモト)

女子4×100mフリーリレーではアリーナつきみ野SCが3分41秒28の高校新記録で優勝しました。
1490824921-PKC173293928_a
(フォート・キシモト)

大会最終日、酒井夏海選手が50mに続き100m背泳ぎでも中学新記録を更新!記録は58秒11でした。女子4×100mメドレーリレーでは豊川高校が4分00秒35の高校新記録を樹立しています。
1490924636-PKJ173302986_a
(フォート・キシモト)

日本選手権開幕まであと2週間。今大会で自信と勢いをつけたジュニアスイマーたちの活躍に期待しましょう!

【各区分の最優秀、優秀選手・育成コーチ】
10歳以下区分
男子優秀選手:園田陽大選手(スウィン加須)
男子育成コーチ:西川之博コーチ(スウィン加須)
女子優秀選手:菅七海選手(イトマンひばり)
女子育成コーチ:田口慎也コーチ(イトマンひばり)
11〜12歳区分
男子優秀選手:武本航志選手(McS加古川)
男子育成コーチ:畑佐周作コーチ(McS加古川)
女子優秀選手:澤野莉子選手(SA新城)
女子育成コーチ:山田宗禎コーチ(SA新城)
13〜14歳区分
男子優秀選手:阿曽慎之介選手(東京ドーム)
育成コーチ:長谷川滋コーチ(東京ドーム)
女子優秀選手:難波実夢選手(MGニッシン)
育成コーチ:茅原直人コーチ(MGニッシン)
15〜16歳区分
男子優秀選手:谷口卓選手(津田四日市)
育成コーチ:伊藤滋幸コーチ(津田四日市)
女子優秀選手:酒井夏海選手(スウィン南越谷)
育成コーチ:渡部信コーチ(スウィン南越谷)
CS区分
男子最優秀選手:菖池竜輝選手(コナミ三田)
育成コーチ:片山辰彦コーチ(コナミ三田)
女子最優秀選手:池江璃花子選手(ルネサンス亀戸)
育成コーチ:村上二美也コーチ(ルネサンス亀戸)
1490924629-PKJ173303278_a
(フォート・キシモト)

結果はこちらから
第39回全国JOCジュニアオリンピックカップ春季水泳競技大会

大会の詳細は日本水泳連盟のトピックスをご覧ください。

JAPAN SWIM2017 のエントリー情報が公開されました!

第93回日本選手権水泳競技大会のエントリー情報が日本水泳連盟のホームページで公開されました。
今回の日本選手権はハンガリー・ブタペストで行われる世界水泳選手権大会(7月23日~30日)と台湾・台北で行われるユニバーシアード大会(8月20日~27日)の代表選考会も兼ねています。
jpswim_l

2020年東京オリンピックに向けて大切なスタートとなる今大会。2017年の新生トビウオジャパンのメンバーがどのような顔ぶれになるか注目です!

【主な選手の出場種目】
萩野公介(ブリヂストン)
200m自由形/400m 自由形/200m 背泳ぎ/200m個人メドレー/400m 個人メドレー

坂井聖人(早稲田大学)
200m自由形/100mバタフライ/200mバタフライ

瀬戸大也(ANA)
100mバタフライ/200mバタフライ/200m個人メドレー/400m個人メドレー

渡辺一平(早稲田大学)
100m平泳ぎ/200m平泳ぎ/200m個人メドレー

エントリー情報はこちらから
種目別エントリー情報

JAPAN SWIM 2017 オフィシャルサイトでは放送予定も公開されています。
決勝の様子がNHKのBS1と総合テレビで放送されます。

【放送予定】
4月13日(木)BS1 18:30-20:15(LIVE)/総合テレビ 24:10-25:00(録画)
4月14日(金)BS1 18:30-20:30(LIVE)/総合テレビ 24:10-25:00(録画)
4月15日(土)BS1 19:00-20:45(LIVE)/総合テレビ 24:05-24:55(録画)
4月16日(日)BS1 18:00-19:55(LIVE)/総合テレビ 24:10-25:00(録画)

シンガポール・エージグループ選手権が終了しました!

ジュニアブロック・シンガポール遠征が終了しました!
14089

チーム一丸となって6日間の大会を戦い、海外でのコンディションの整え方や、慣れない環境で自分の力を発揮することの大切さを学ぶことができ、次につながる実りのある遠征となりました。
14085

14086

この経験を糧に、2020年の東京オリンピック、そしてその先の高い目標に向けてステップアップを目指します!

【第6日目決勝結果】
女子13-14歳50m自由形

牧野桜子(ジャパンSS観音寺)27.65③

女子15-17歳50m自由形
谷頭聖(スウィン東光)26.63①
荘司菜々子(スイミングアカデミーヤマザワ)26.67③
石﨑美結(コナミ天王町)26.95⑤

女子18歳以上50m自由形
岩佐磨亜沙(HOS南千里スポーツクラブ)27.14⑩

男子13-14歳50m平泳ぎ
落合兼優(セントラル千葉)30.62①

男子15-17歳1500m自由形
塚本進平(太田スウィン)16:10.95①

女子13-14歳200m個人メドレー
佐藤紫苑(ISC飯田SC)2:24.78③

女子15-17歳200m個人メドレー
杉山樺音(スイミングアカデミーむつ)2:21.13④
古木遥香(ルーテル学院中学)2:21.30⑤
石﨑美結(コナミ天王山)2:21.43⑥
松木琴美(スポーツクラブZEYO)2:21.93⑦

男子13歳以上4×100mメドレーリレー
日本Bチーム 3:57.06⑤

結果はこちらから
China Life 48th Singapore National Age Group Swimming Championships 2017-Session1

シンガポール・エージグループ選手権も残り1日!

6日間の大会も残りあと1日!午後の決勝競技を残すのみとなりました。
リレーの前にはチームで士気を高めてからレースに臨んでいます。
13966
13968

大会最終日、自己ベスト、ナショナル強化標準記録を目指して「チームJAPAN」一丸となって戦います!
13963
13961
13874


【第4日目決勝結果】
男子18歳以上100mバタフライ

春岡草太(金井学園SC)55.48⑥

女子13-14歳200m自由形
長田友唯(ブルーアース甲西)2:10.00③
佐藤紫苑(ISC飯田SC)2:14.62⑦

女子15-17歳200m自由形
谷頭聖(スウィン東光)2:04.46②
辻薫乃(コナミ伏見)2:05.84④
増田聖乃(スウィン大教SS)2:06.91⑥

女子18歳以上200m自由形
岩佐磨亜沙(HOS南千里スポーツクラブ)2:04.76⑥

男子13-14歳100m平泳ぎ
落合兼優(セントラル千葉)1:05.70①

男子15-17歳100m平泳ぎ
西尾太希(市川高校)1:03.08①
白石崇大(KSG広島ミドリ)1:04.58②

女子15-17歳200mバタフライ
塩澤穂香(米子SS)2:21.70⑥

女子18歳以上200mバタフライ

鈴木彩莉唯(コナミ白石)2:21.92③

男子15-17歳400m個人メドレー
松本周也(伊東高校)4:24.63①
岩崎幹大(スウィン大教SS郡山)4:32.04②
三浦恵太(豊川高校)4:32.69③

男子18歳以上400個人メドレー
宝田康平(ブリヂストンSS古賀)4:47.37③

女子13-14歳100m背泳ぎ
牧野桜子(ジャパンSS観音寺)1:06.85②

男子13歳以上4×100mフリーリレー
日本Aチーム 3:34.86④
日本Bチーム 3:45.82⑨

【第5日目決勝結果】
男子15-17歳50mバタフライ
江原祐太(セントラル泉中央)25.22①
山本雄太(コナミ北浦和)25.47③
田中大寛(サイズSS)25.89④

女子13-14歳50m平泳ぎ
佐藤紫苑(ISC飯田SC)35.98⑦

女子14-17歳50m平泳ぎ
石田紅葉(津アサヒSS)33.57②

女子18歳以上50m平泳ぎ
磯部沙綾(長岡大手高校)32.69②

男子13-14歳100m自由形
落合兼優(セントラル千葉)57.65⑦

男子15-17歳100m自由形
田中大寛(サイズSS)53.95⑦

女子13-14歳800m自由形
長田友唯(ブルーアース甲西)9:21.39②

女子15-17歳800m自由形
増田聖乃(スウィン大教SS)8:56.13①
蝦名愛梨(十勝SC)9:05.47②
杉山樺音(スイミングアカデミーむつ)9:10.44③

男子15-17歳200m背泳ぎ
木本憲大(アビコイトマンSS)2:04.73②
岩崎幹大(スウィン大教SS郡山)2:08.65④
西田拓郎(蔵王SS)2:08.69⑤

女子13歳以上4×100mメドレーリレー
日本Aチーム 4:17.11②
日本Bチーム 4:21.93④

チームの雰囲気もいいようです。
13873


結果はこちらから
China Life 48th Singapore National Age Group Swimming Championships 2017-Session1

シンガポール・エージグループ選手権【第3日目】

大会3日目が終わり、前半戦が終了しました。
中高生ではあまり経験することのない6日間の長丁場な大会ですが、良い経験を積むことが出来ています!
13731
13732
13730

今日から大会後半戦!チームの結束力をさらに強め、レースにも応援にも全力で取り組みます!
13735


【第3日目決勝結果】
男子18歳以上50m自由形

村上雅弥(坂出伊藤SS)23.89⑫

女子13-14歳400m個人メドレー
佐藤紫苑(ISC飯田SC)5:07.01②

女子15-17歳400m個人メドレー
杉山樺音(スイミングアカデミーむつ)5:04.38②
松木琴美(・スポーツクラブZEYO)5:08.79④

男子13-14歳200m平泳ぎ
落合兼優(セントラル千葉)2:24.02②

男子15-17歳200m平泳ぎ
西尾太希(市川高校)2:16.28①
白石崇大(KSG広島ミドリ)2:18.44②
吉田拓斗(フィットピアSC)2:21.10④

女子13-14歳100mバタフライ
牧野桜子(ジャパンSS観音寺)1:03.12①

女子15-17歳100mバタフライ
塩澤穂香(米子SS)1:03.81⑥

男子15-17歳400m自由形
石原諒太郎(アリーナつきみ野)4:01.89①

女子13歳以上4×200mフリーリレー
日本Aチーム 8:28.22②
日本Bチーム 8:32.81③
13736


大会結果はこちらから
China Life 48th Singapore National Age Group Swimming Championships 2017

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pachapo