TOBIUO JAPAN Journal

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

2017年05月

#JAPANOPEN2017 3日目の予選が終了

19日に開幕したJAPAN OPEN2017も今日が最終日。予選競技が終了し、決勝に進出するトビウオジャパンの選手たちが出そろいました。

女子200m個人メドレーは大橋悠依選手が2分13秒58の2位通過。清水咲子選手、今井月選手もそれぞれ決勝に進出しています。
TK1705200062

男子200m個人メドレーでは、萩野公介選手が1分58秒08で、瀬戸大也選手が1分58秒50のワンツーで決勝に進みました。
HN1705201533

女子50m自由形の決勝には五十嵐千尋選手が25秒56の2位で通過し、スプリント力をアピール。男子50m自由形は塩浦慎理選手が22秒41の2位で、中村克選手は22秒60の4位で決勝に進出しています。
HN1705202468

女子100mバタフライは池江璃花子選手が59秒24の2位、長谷川涼香選手が59秒70の5位でそれぞれ決勝に進み、男子100mバタフライでは萩野選手が52秒79の1位で通過し、小堀勇氣選手が53秒15で決勝に進みました。
HN1705200061

女子200m平泳ぎは、青木玲緒樹選手が2分27秒26で2位、清水選手が2分27秒69の5位で、鈴木聡美選手は2分28秒04の6位、さらに今井選手も2分28秒38の8位で決勝に進みます。男子200m平泳ぎは渡辺一平選手が2分10秒34の1位、小関也朱篤選手は2分11秒40の5位で決勝に進出しました。
HN1705201678

午後のセッションは15時からB決勝がスタート。A決勝が開始は15時55分から。そして全競技が終了後、7月のハンガリー・ブダペスト世界水泳選手権の壮行会が行われます。
世界のトップスイマーに挑むトビウオジャパンの選手たちへのご声援、よろしくお願いします!

スタートリスト・リザルトはこちらから

#JAPANOPEN2017 2日目決勝の結果

東京辰巳国際水泳場で5月19日から開幕したJAPAN OPEN2017も、2日目の競技が終了しました。
(写真提供/PICSPORT)
HN1705202539
HN1705202558

女子400m個人メドレーは、日本選手権覇者の大橋悠依選手、清水咲子選手、そして牧野紘子選手の3選手が出場。バタフライは清水選手が先行し、背泳ぎを得意とする大橋選手は200mでトップに立ちます。そのまま平泳ぎ、自由形もトップをキープして、大橋選手が4分36秒48で優勝。清水選手は4分37秒78で2位、Hannah MILEY選手(GBR)が3位に入り、牧野選手は4分43秒07の6位となりました。
TK1705200908
TK1705200926
TK1705200134

「どんな状況でも前向きにレースに臨めて良かったです。今大会初優勝ですし、最後まで心が折れることなく泳ぎ切れました」(大橋選手)

男子400m個人メドレーでは、萩野公介選手と瀬戸大也選手、渡辺一平選手が出場し、まずは萩野選手と瀬戸選手がバタフライで先行。背泳ぎでも差がつきませんでしたが、平泳ぎで徐々に瀬戸選手がリードしていき、そのままトップでフィニッシュ。4分10秒18で瀬戸選手が優勝し、2位には藤森丈晴選手(ミキハウス)、萩野選手は4分11秒53の3位、そして渡辺選手は得意の平泳ぎで他を一気に抜き去り、4分16秒91で4位に入りました。
TK1705200220
TK1705200934
TK1705200365

「日本選手権から続けて優勝できたのは自信になりました。でも課題も見つかったので、前半から行けるように練習していきます」(瀬戸選手)

池江璃花子選手は、今日は2種目に出場。女子50mバタフライは25秒78で制すると、女子100m自由形でも54秒57で優勝。昨日の200mと合わせて3冠です。
TK1705200691

「焦らず自分のペースで最後まで泳げました。また明日の100mバタフライは集中して、今出せる力を出し切りたいと思います」(池江選手)

女子50m平泳ぎは、100mを制して勢いに乗る鈴木聡美選手が30秒82の2位。青木玲緒樹選手は32秒15で7位に入りました。
TK1705200336
TK1705200340

「30秒台が出せて良かったですし、スピードを出せる自信はつきました。あとは持久力をしっかりとつけていきます」(鈴木選手)

男子50m平泳ぎでは、世界記録保持者のAdam PEATY選手(GBR)が26秒94という高いスピードを見せつける記録で優勝し、小関也朱篤選手は日本記録に迫る27秒44の好記録で2位となりました。
TK1705201116

「少し力んでしまいましたが、明日の200mにつなげられる泳ぎができたと思います」(小関選手)

女子400m自由形は、200m自由形で自己ベストを更新している五十嵐千尋選手がスタートから先行すると、そのまま最後までレースを引っ張っていき、4分09秒37で優勝を飾ります。
HN1705201830

女子100m自由形には、この種目で優勝した池江選手に加え、直前に400m自由形を制した五十嵐選手と今井月選手も出場。五十嵐選手は55秒43の5位、今井選手は55秒48の6位となりました。
TK1705201292

この日最終種目の男子100m自由形。日本記録保持者の中村克選手に塩浦慎理選手、そして萩野選手も出場。ほぼ横一線のレースを48秒82で制したのは塩浦選手。0秒02差の48秒84で惜しくも2位となったのは中村選手。萩野選手は49秒57の5位に入りました。
TK1705200519
TK1705200486

「48秒台を出せて、今までにないほど高いアベレージタイムで泳げているので、夏の本番ではバシッと決めたいですね」(塩浦選手)

連日熱戦が繰り広げられているJAPAN OPEN2017も、明日が最終日。世界を目指して一意奮闘し続ける選手たちへのご声援をよろしくお願いします!

【OWS】アジア選手権5kmで男女共金・銀メダル獲得!

IMG_9217
本日からアジア選手権がマレーシアで開催されています。

初日の今日は5kmが行われ、日本から平井康翔・宮本陽輔・野中大暉・貴田裕美・森山幸美が出場。
IMG_9219

IMG_9220

IMG_9222
水温が30.8℃と非常に高い中での過酷なレース。
5kmのため、途中での給水もなく、タフなレースとなりました。

男子は終始、平井選手・宮本選手・野中選手・カザフスタンの選手が先頭を引っ張り、
最後は平井選手・宮本選手がワンツーでゴールしました。

一方、女子は、貴田選手・森山選手の一騎打ちとなり、
途中森山選手が引っ張っていたものの、最後は貴田選手が優勝しました。

男女共に日本人選手が1・2位という結果をおさめ、
アジア選手権初参加で、さらに高水温の中しっかり結果を出しました。

明後日日曜日には10kmが行われます。
引き続き応援の程よろしくお願い致します。

#JAPANOPEN2017 1日目決勝の結果

7月、ハンガリー・ブダペスト世界水泳選手権の代表選手たちは『Team JAPAN』として、今日開幕のJAPAN OPEN2017(東京辰巳国際水泳場)に出場。

決勝に進んだトビウオジャパンの選手たちは、トレーニング期間中の疲れが残るなか、今出し切れる力を最大限発揮する泳ぎを見せてくれました。

女子200mバタフライは、牧野紘子選手と長谷川涼香選手が出場。前半、牧野選手も長谷川選手も1分01秒台で折り返します。そこから伸びてきたのは、長谷川選手。150mのターンでトップを奪うと、そのままトップをキープしてフィニッシュ。2分08秒10で優勝しました。牧野選手も疲れが見えたラスト50mから粘りを見せて、2分10秒09の3位に入りました。
(写真提供/PICSPORT)
HN1705190094
HN1705190857

「日本選手権より後半はバテませんでしたが、今回は前半が1分01秒台だったので、前半を1分00秒で入ってもバテない泳ぎをしていくことが課題です」(長谷川選手)
HN1705190034
HN1705191929

男子200mバタフライでは、坂井聖人選手が100mを2位で折り返すと、後半の強さを見せて1分54秒78で優勝。その後100m背泳ぎにも出場し、こちらは54秒95で5位入賞を果たします。
HN1705190907
TK1705191045

「キックとプルのタイミングがずれていました。明日からもレースが続くので、修正できるところはタイミングも含めてたくさんあるので、良い泳ぎができるように準備していきたい」(坂井選手)
TK1705190100

女子200m自由形には、池江璃花子選手と五十嵐千尋選手、そして大橋悠依選手が出場。前半から積極的に飛ばした池江選手は、前半100mで日本記録を0秒76も上回る56秒20でターン。五十嵐選手も57秒56でそれに続きます。さすがにラスト50mで疲れが見えた池江選手を五十嵐選手が追いかけますが、池江選手が逃げ切って1分56秒91で優勝。五十嵐選手は1分57秒10の2位、そして大橋選手は2分00秒01で7位に入りました。
TK1705190855
HN1705191952

「前半は予想以上に速かったです。このくらいの前半でも、後半耐えられる体力をつければ、もっと記録を伸ばせると思うので、次につながる良いレースになりました」(池江選手)
TK1705190188
TK1705190955

男子200m自由形では、萩野公介選手と瀬戸大也選手が4レーン、5レーンに登場。スタートから快調に飛ばす江原騎士選手(自衛隊/フィッツ竜王)を萩野選手と瀬戸選手が追いかける展開。勝負はタッチまでもつれ込み、結果江原選手が萩野選手を0秒06差で振り切って1分47秒04で優勝。萩野選手は1分47秒10の2位、瀬戸選手は1分47秒76で3位となりました。
HN1705192004
HN1705192024
TK1705190965

鈴木聡美選手と青木玲緒樹選手が出場した、女子100m平泳ぎ決勝。ふたりとも前半を31秒台で折り返し、後半も伸びのあるフォームで最後まで泳ぎ切り、鈴木選手が1分07秒26で優勝します。2位には後半追い上げてきたオーストラリアのJessica HANSEN選手が入り、青木選手は1分07秒42の3位となりました。
HN1705190641
TK1705190401

「久しぶりに100mで優勝できたのが、本当にうれしいです。優勝したことは励みにも自信にも、そしてモチベーションにもなります」(鈴木選手)
HN1705192169

初日最後のレースとなった、男子100m平泳ぎ。この種目の世界記録保持者であるAdam Peaty選手(イギリス)、予選で好記録をマークしたYAN Zibei選手(中国)に渡辺一平選手と小関也朱篤選手の争いに注目が集まります。スタートして、一気に飛び出すPeaty選手に負けじと小関選手、渡辺選手も積極的に攻めていきます。結果は、最後まで高いスピードで逃げ切ったPeaty選手が58秒82で優勝し、YAN選手が59秒57で2位、そして3位には渡辺選手が自己ベストとなる59秒80で入り、小関選手は1分00秒62で4位となりました。
HN1705192145
TK1705190426

「自己ベストは良かったんですけど、ラスト20mでバテてしまったので悔しいです。でも、100mでベストを出せたことは200mの前半につながると思っています」(渡辺選手)
HN1705192182

大会初日から白熱したレースが続き、明日も注目のレースが目白押し。世界を目指して一意奮闘し続ける選手たちへのご声援をよろしくお願いします!

リザルトはこちらから

#JAPANOPEN2017 1日目の予選が終了

今日から開幕した、JAPAN OPEN2017(東京辰巳国際水泳場)。初日の予選競技が終了しました。

トビウオジャパンの選手たちも予選から好記録で泳ぎ、決勝が楽しみなレースが続いています。

女子200mバタフライは、牧野紘子選手が2分10秒78でトップ通過。長谷川涼香選手は、2分11秒98の6位で決勝に進出しています。

男子200mバタフライでは、坂井聖人選手が1分57秒47の4位で通過。イギリスのJames Guy選手は専門種目ではありませんが、1分57秒68の6位で決勝に進出しました。

女子200m自由形は、五十嵐千尋選手が1分58秒96のトップで通過。池江璃花子選手が、1分59秒56で五十嵐選手に続きます。個人メドレー代表の大橋悠依選手もこの種目に出場し、2分01秒03で7位で決勝に進みました。

瀬戸大也選手が1分47秒76、萩野公介選手が1分48秒13と、個人メドレーを専門とする2人がワンツーで決勝に進出した男子200m自由形は、代表候補選手たちも好記録をマークしており、決勝のレースが楽しみです。

200mバタフライを泳いだあと、坂井選手は男子100m背泳ぎにも出場。トレーニングの一環として出場したこの種目ですが、55秒13の5位で決勝に進出です。

女子100m平泳ぎでは、青木玲緒樹選手が1分07秒58の好記録をマークして1位で決勝に進出。鈴木聡美選手は1分08秒37の3位で通過しました。

世界記録保持者のAdam Peaty選手(イギリス)が出場した、男子100m平泳ぎ。そのPeaty選手は59秒64の2位通過。トビウオジャパンの渡辺一平選手は1分00秒49の3位、小関也朱篤選手は1分00秒86の4位でそれぞれ決勝に進出しています。

午後のセッションは16時からB決勝がスタート。A決勝が開始は、16時39分から。
世界のトップスイマーに挑むトビウオジャパンの選手たちへのご声援、よろしくお願いします!

スタートリスト・リザルトはこちらから

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pachapo