TOBIUO JAPAN Journal

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

2018年01月

【OWS】笠原選手が強豪選手を抑え、全豪5kmで優勝

一昨日の10kmに続き、本日は5kmのレースが行われました。
IMG_4006


IMG_3998


IMG_4008
ワセリンをしっかり塗ってスタートへ

IMG_4007
スタート場所まではボートで運ばれます。

今回の5kmのレースはタイムトライアルだったので、一斉スタートではなく、時間差スタートIMG_4005
対人要素が減り、5kmの純粋なタイムで競われます。

10kmに引き続き、イギリス、ハンガリー、ニュージランドの選手も出る中、
IMG_4010
見事17歳の笠原選手が優勝!

リオ五輪代表でW杯などで入賞も果たしているChelsea選手に大差をつけての1位でした。
IMG_3990
海外選手に祝福される笠原選手

U20を選手団として派遣した為、初の海外レースとなった選手も多かったですが、
例年より様々な国の選手が出ており、今後に繋がる遠征となりました。
IMG_4009
これからもトビウオジャパンの応援の程宜しくお願い致します!

【OWS】全豪選手権10km結果

本日から全豪選手権が始まり、初日は10kmが行われました。
IMG_3971

IMG_3975
日の出前から選手登録が始まりました。


レースには、オーストラリアの選手だけでなく、ハンガリーやニュージランドの選手も参加
IMG_3973
非常にタフなレースとなりました。


男子の日本人トップは高校2年生の秦隆太朗選手で、1位と28秒93差でゴール。
IMG_3974
女子は新倉みなみ選手で、4位でゴールとなりました。


明日はレースがなく、明後日行われる5kmのレースに備えます。

応援の程宜しくお願い致します!

【OWS】全豪選手権

IMG_3944
月曜日の大雪で到着が1日遅れとなりましたが、OWS全豪日本代表選手団は無事アデレードに到着しました。

到着してすぐUnley swimming centerで練習をしました。
IMG_3945


IMG_3948
日本との気温差が大きい状況ですが、移動の疲れも見せずしっかり練習をしています。

大会は26日に10km、28日に5kmが行われます。

本番までしっかり体調を整え臨みたいと思います!

平成29年度「感謝の夕べ」

(公財)日本水泳連盟主催の平成29年度「感謝の夕べ」
~JAPAN AQUATICS AWARDS2017~
が22日に行われました。

平成29年度に活躍した選手・コーチたちが表彰されました。
下記が表彰された選手・コーチです。


●東京運動記者クラブ 新人賞 
大橋悠依選手(東洋大学)
83E6AF28-E9DB-41AE-A746-C09E69915FA8



●アリーナスプリント賞
塩浦慎理選手(イトマン東進)
中村 克選手(イトマン東進)
中尾駿一選手(岡山大学)
池江璃花子選手(ルネサンス亀戸)
大内紗雪選手(ダンロップSC藤沢)
岡野圭穂選手(筑波大学)
8A878034-A454-4772-A019-D1BBFFB85EA3



●日本水泳連盟 優秀コーチ
梶川 悟コーチ(早稲田大学)
AA611B4F-D8DA-4479-A297-FF1BE3B1C6A6



●日本水泳連盟 最優秀選手賞
大橋悠依選手(東洋大学)
96AD9D82-C07E-499F-8CD3-771C1441E8E1



●日本水泳連盟 優秀選手賞
中村 克選手(イトマン東進)
塩浦慎理選手(イトマン東進)
松元克央選手(セントラル・明治大)
古賀淳也選手(第一三共・埼玉スウィン)
入江陵介選手(イトマン東進)
渡辺一平選手(早稲田大学)
小関也朱篤選手(ミキハウス)
小堀勇氣選手(ミズノスイムチーム)
坂井聖人選手(早稲田大)
幌村 尚選手(早稲田大)
瀬戸大也選手(全日空空輸・JSS毛呂山)
萩野公介選手(ブリヂストン)
池江璃花子選手(ルネサンス亀戸・淑徳巣鴨高)
五十嵐千尋選手(日本体育大)
青木智美選手(アリーナつきみ野)
高野 綾選手(イトマンSS)
長谷川涼香選手(東京ドーム・淑徳巣鴨高)
渡部香生子選手(早稲田大・JSS立石)
今井 月選手(豊川高)
清水咲子選手(ミキハウス)
6AF30F34-A71F-4EEF-A395-CCBB3A1BE834



選手が活躍でき、こうして表彰を受けられるのも大会運営や日本水泳連盟のサポートをして下さる沢山の企業、関係者の方々の力があってのものです。今回、感謝の夕べに出席した選手は表彰されると同時に支えてくださっている方々に感謝の意を表しました。
次年度以降も表彰された選手が中心となり感謝の気持ちを忘れる事なく、さらに競泳日本の発展と競技力向上に努めて欲しいと思います。



NSW選手権最終日

NSW選手権最終日の結果は以下の通りです。

決勝
持田早智  200mバタフライ   2-09-42  3位
阪本祐也  100mバタフライ    53‐15  優勝
関海哉    100mバタフライ    54‐31   7位
浅羽栞     50m平泳ぎ      32‐82  4位
大崎威久馬 200m平泳ぎ     2‐11‐71  2位
宮本一平  200m平泳ぎ     2‐13‐34  4位
小堀倭加  200m自由形     2‐03‐92  B8位
佐藤千夏  200m自由形     2‐03‐98  B9位
伊東隼汰   50m自由形      23‐34  7位
新野杏奈  200m個人メドレー 2‐14‐51  2位
入澤愛    200m個人メドレー 2‐16‐73  6位
佐々木杏奈 200m個人メドレー 2‐17‐84  7位
白井璃緒  200m個人メドレー 2‐18‐14  8位
小堀倭加  200m個人メドレー 2‐17‐52 B1位
浅羽栞    200m個人メドレー 2‐22‐93 B6位
大武誠之  400m個人メドレー 4‐24‐66  3位
遠藤柊斗  100m背泳ぎ      57‐65  9位
大武誠之  100m背泳ぎ      57‐67 B1位
菖池竜輝  1500m自由形   15‐16‐52 2位
高橋洸輝  1500m自由形   15‐26‐24 4位
女子400mフリーリレー   3‐48‐47 優勝
(大内紗雪・佐々木杏奈・持田早智・白井璃緒)
男子400mフリーリレー   3‐22‐56 優勝
(大武誠之・関海哉・伊東隼汰・阪本祐也)

S__8667140


S__8667158

S__8667164


S__8667157


S__8667155


S__8667149


S__1114133

応援ありがとうございました!!
本日オーストラリアチームと合同練習をして、帰国いたします。

大会結果はこちら 





アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pachapo