TOBIUO JAPAN Journal

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

2019年09月

アジアエージグループ選手権 大会終了

アジアエージグループ選手権は昨日、無事に終了をしました。
大会前半戦に続き後半戦もセンターポールに日の丸をたくさん掲げることができました!

A4DDAE2C-8A31-4449-9D6A-AB1475F67479


2B775849-2501-4527-9DB3-CF206F7985CE


ED683444-CFFB-4446-BBF4-FABFB39A3613


F34CBF38-8318-48CA-B707-1AB6C7276C27


大会4日目では、佐々木美莉選手(埼玉スウィン鷲宮)が100m背泳ぎで1-02-83のベストでナショナル記録を突破しました!
8F23B139-3F53-4025-B991-2ECE60DD93A9


石田虎流選手(イトマン東京)は100m自由形で51-49のベストタイ記録、15分後に行われた混合4×100mフリーリレーにおいて引き継ぎタイム50-79で泳ぎ、強さを見せました!
97B8BA86-E013-4760-870D-FCD1186C0298


慣れない環境の中で、選手たちは互いを励まし、応援し海外選手とも交流したくさんの経験をつむことができました!初めてドーピング検査を実施した選手もいました。

ADC62AB8-72AB-4214-86AB-7ADD473554EB


E929B91F-06E3-4F3B-BD79-C0355CD5034B


3881F1D3-A798-4802-BA72-F5EA1A8DA4AE


DF042780-EB00-4A35-8D06-B62102C4E69F


大会優秀選手賞には下記3名が選出されました!
岡留大和選手・藤縄優花選手・佐々木美莉選手
91AEFF67-3AF0-4973-AD1A-D7BBB9FAE72C


大会4日間を通して金メダル47個、銀メダル17個、銅メダル13個を獲得することができました!!
短い遠征でしたが、ここで経験したことを活かしてこれからもっとステップアップして欲しいと思います。選手団は本日インド・バンガロールを出国し29日夕方に帰国予定となります。
応援ありがとうございました!!

F14B6C68-6FE2-4F98-B5EE-45BDEB023883



















ナショナルチーム合宿が行われました。

9月25日・26日に国立スポーツ科学センター内で
ナショナルチーム合宿が行われました。

はじめに平井オリンピックヘッドコーチより
オリンピックに向けての代表選手に求められるもの、
選考方法、オリンピックまでのスケジュールについてお話がありました。
その後、歴代先輩方の金メダル獲得の泳ぎをビデオ鑑賞

133391


133389


2019年の振り返り及び、2020年への目標設定を行いました。


夜は、「日本代表候補選手に求められるもの」として
インテグリティー教育を
JOCの上田ディレクターより、
133387


ドーピング講習会をJISSの半谷先生より
行っていただきました。
133386


133388


2日目は朝練習をしたのち、
上野副会長が来られて、
オリンピックの意義ととびうおジャパンがつないできた歴史、
そして、この半年で更に強化を進めて躍進して欲しい
と激励をいただきました。
9月 NT合宿_190926_0019


9月 NT合宿_190926_0013


下期の強化が、来年の春そして2020年の夏に大きな花を咲かせるように
シーズンをしっかり振り返って、スタートを切りたいと思います。

アジアエージグループ選手権 大会2日目終了


24日から始まったアジアエージグループ選手権は大会2日目が終了しました。
初日の昨日はオープニングセレモニーが開催され、日本からは石田虎流選手と神野ゆめ選手がチームを代表して式に参加をしました!
F74EBB27-CFB9-4ABF-9317-E2951EB563F0


今大会は競技時間が分からなかったり、競技スケジュールが急に変更になったりと対応力が試される大会となっています。また、様々な言語が飛び交う中での試合の為、選手たちも最初は戸惑っていましたが、次第に慣れていき他国の選手と会話をし交流する場面も多く見受けられます。


レース・表彰式の様子です↓

D4E2FAAE-F245-4A26-8AD0-EB6771717217


91374EEF-4E9F-4C3F-B4B6-F97494BE521F


7053EDDD-0BB0-4A42-B292-DE82A3AD1EE0


3FEDE509-B2B4-41C5-8E68-22238BA57930


5A03AF5E-9033-4E65-B0C8-681746EA2C19


052C3C73-F7D5-4971-8BCF-8FA872B3F8DC


慣れない英語を使ってコールルームへ行きます。
652D6CB3-B0C1-49B7-BFA0-858C7B22C29A


377AA1A2-AD9C-44CF-914D-52F9CFC51F6F


50m平泳ぎ・100m平泳ぎではB区分&C区分において男女とも金メダルを獲得しました!
左から藤縄 優花選手、岡留大和選手、鍵本彩夏選手、徳淵凛選手
53FB3812-CDA3-4D61-960D-D2A6C142A89B


応援もみんなでします!!
7DF3177D-C57C-4F49-A7D8-0E25BC99B87E


985DF837-99ED-4975-9C39-478CE411099C


2日目が終わり金メダル24個、銀メダル9個、銅メダル5個を獲得しました!
大会も折り返しです。疲労も増してくるかと思いますが、一致団結して頑張りましょう!!














アジアエージグループ選手権-大会前日-


22日に東京を出発した選手団は、同日無事にベンガルールに到着をしました。
夜遅くの到着でしたが、現地の方々はとても歓迎してくださりました!
429EAE81-9855-425F-A547-EF5625D693F6

いよいよ明日から4日間にわたって試合がはじまります。

大会前日となる今日は午前中はゆっくり休み、午後に会場で練習を行いました。
会場は屋外プールです。午前中は晴天でしたが、午後は大雨で雨粒を感じる中での練習となりました。
18D0AB9A-CB87-4B04-88BE-2929C9787D14



明日から始まる大会に向けて全員でワンパです!
1AA9EE14-2012-40D6-9291-6A36B7A9CBB5


DB061180-8501-4DA9-AB39-6297F56E4679


1つでも多く”センターポールに日の丸を”掲げられるようにチーム一丸となって挑みます!
エイ!エイ!オー!!


大会リザルトはこちらから ↓
第10回アジアエージグループ選手権 大会リザルト









【OWS】東京五輪をかけた白熱の試合が終了

IMG_9238 (1280x853)
OWS日本選手権が22日、千葉県館山市で開催されました。

台風の影響が残る中での開催に、館山市長は「スポーツは人を元気にする力がある!」という言葉を言ってくださり、選手はその言葉を胸に力泳を見せました。

OWS10kmは、おおよそ2時間で行われるレースで、陸上のマラソンと同じく
誰がどこで仕掛けるかがキーとなります。

今大会は、男女上位各2名が東京五輪世界最終予選会に出場できるという
オリンピックに向けた重要な選考レースで、
選手達の緊張感が伝わってくる試合となりました。

女子は、貴田裕美が残り2km以上残した地点でペースをあげ先頭に立つと、そのまま優勝。
男子は、豊田壮が残り1km切ったところでスパートをかけ、見事初優勝を飾りました。

男女ともに2位争いが熾烈となり、
女子は新倉みなみが3位と0.3秒のタッチ差で、
男子は南出大伸が残り200m程度のところで前に出て2位となりました。
S03_7619 (1280x853)

S03_7621 (1280x853)
各選手の4年分の想いが見え、ここ数年で一番熱いレースとなりました。

2時間泳ぎ続ける選手にとって、皆様からの応援は力となります。
これからも宜しくお願い致します!

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pachapo