第2日目を終わって、派遣標準記録突破者は18名。

派遣標準記録突破選手
男子:8名
宮本陽輔(鹿屋体育大学) 1500m自由形
松田丈志(コスモス薬品) 200mバタフライ
坂田龍亮(セントラルスポーツ) 200mバタフライ
入江陵介(イトマン) 100m背泳ぎ/200m背泳ぎ
北島康介(アクエリアス) 100m平泳ぎ
立石諒(NECグリーン) 100m平泳ぎ
堀畑裕也(日本体育大学) 400m個人メドレー
渡邉一樹(セントラルスポーツ) 200m背泳ぎ

女子:10名
星奈津美(スウィン大教) 200mバタフライ
上田春佳(キッコーマン) 4x200mフリーリレー/4x100mフリーリレー
伊藤華英(セントラルスポーツ) 4x200mフリーリレー/4x100mフリーリレー
松本弥生(日本体育大学) 4x200mフリーリレー/4x100mフリーリレー
山口美咲(イトマンSS) 4x200mフリーリレー
寺川綾(ミズノ) 100m背泳ぎ/200m背泳ぎ
酒井志穂(ブリヂストン) 100m背泳ぎ/200m背泳ぎ
鈴木聡美(山梨学院大学) 50m平泳ぎ/100m平泳ぎ
加藤ゆか(東京SC) 50mバタフライ
長谷川菜月(岐阜SC) 4x100mフリーリレー

本日の新記録は日本新記録が2つ、高校新記録が1つでした。

日本新記録
NR④女子50mバタフライ 加藤ゆか(東京SC) 26.07
NR⑤女子50m平泳ぎ 鈴木聡美(山梨学院大学) 31.40

高校新記録
HR②女子400m自由形 大塚美優(スウィン大宮) 4:39.35

予選/決勝と50mバタフライ日本新記録2連発で派遣標準記録を突破した加藤選手
ゆか


女子400m個人メドレー
大塚美優
前半から行くレースできた。4分40秒を切ることを狙っていた結果として、高校新記録が出せた。日本新記録を目標にやっていきたいがまずは高校新記録が出たことに満足している。この種目は世界のレベルと離れているので、今後もしっかり記録を出していきたい。

男子400m個人メドレー
堀畑裕也
予選後に4分10秒を切りたいと話したが、力不足で切ることができなかった。日本新記録は出なかったが、代表権を獲得できたことは良かった。レース展開は、日本記録から遅れていると思っていたが、ラストの自由形で動かなかった。世界選手権は前回9位で悔しい思いをしたが、タイム的に遠かった。去年一年で世界と戦える手応えをつかんでいるので、次は各国の選手と戦う準備をしたい。

瀬戸大也(JSS毛呂山)
ベストは出たが、派遣標準記録を切れず悔しい。チャレンジャーなので、前半から行ってどこまで持つかというレースプランだったが、まだまだ練習が足りなかったと思う。

女子50mバタフライ
加藤ゆか
いつもは予選気持ちよく泳げて、決勝では固くなってしまうことが多かったが、今日はうまくコントロールできた。呼吸のタイミングを変えたが、うまく泳ぐことが出来た。25秒台は出なかったが、26秒1を超えて26秒0台に入ったのは大きい。25秒台は世界選手権にとっておく。

細田梨乃(KONAMI中央林間)
空回りでした。50mはうまくいかなかったが、自分としては100mの方が良い泳ぎができると思う。派遣標準Ⅱを切ることが明日の目標。

男子50mバタフライ
岸田真幸(キングソフト)
派遣標準が切れなかったのでダメ。泳ぎは悪くない。100mで代表入りが決められるよう、1本頑張りたい。

女子50m平泳ぎ
鈴木聡美
目標は派遣標準Ⅰだったので残念だが、それ以上に0.01秒だが日本記録を上回り嬉しい。昨日の100mは前半から焦っていた。それ以上に焦りやすい50mだが焦らず伸びる泳ぎが出来た。スタート練習を重ねた結果、スタートがうまくいった。明日の200mでは去年と同じく3冠できるように、2分22秒前半から21秒台を狙っていきたい。

男子50m平泳ぎ
崎本浩成(KONAMI)
順位は考えていなかったが、タッチした瞬間、良い泳ぎができたと思った。派遣標準を切れるレベルで泳ぎたかったが、今の実力ではこのくらいがギリギリかと思う。

立石諒
タッチが合わなかった。あくまでも200mにつながるよう考えていた。明日につながるレースは出来た。北島選手には1敗しているので、明日は勝つことが目標。

男子400m自由形
松田丈志
ベスト更新だけを狙っていた。今ある力は出せたと思う。派遣標準を切ることが出来なかったので、夏に向けてバタフライに集中していきたい。

女子200m背泳ぎ
酒井志穂
目標タイムと比べるとだいぶ遅く、ベストにも及ばなかった。派遣標準Ⅰを切れたのは良かったが、記録との勝負で負けてしまった。前半のラップも良くなかったと思うので、夏に向けて2分06秒台を目指して練習したい。世界選手権では金メダルを獲ればロンドン五輪が内定する。折角のチャンスなのでそれを目指して泳ぎたい。

寺川綾
なんとか無事タッチできました。平井コーチからは「思いっきり行けというと行き過ぎるから、しっかり考えて行け」と言われていた。2連覇していた泳ぎだったので、恥ずかしいレースは出来ないと思っていた。これから持久的なところも考えたトレーニングをしていきたい。明日の50mは自分の種目だと思う。チームメイトが日本新記録を切っているので、50mでは狙いたい。

男子200m背泳ぎ
入江陵介
もっと上のタイムを狙っていたので、もう少しかなと思う。去年の世界ランク1位のタイムだが、また海外の選手のタイムも上がってくると思う。気を引き締めて、7月に向けて練習していきたい。7月はロクテ選手が1番のライバルになると思う。横で泳いだときはまた状況が変わってくるので、精神的な面も含めてトレーニングしていきたい。

渡邉一樹
狙っていたタイムより少し速いくらい。去年の選手権から今年の選考会で派遣標準記録を切ることだけを目指してきた。練習をしてきた分、自信を持って臨めた試合だった。まだこの記録では世界と戦えないと思うので、1分55秒台を目指して7月までトレーニングを積んでいきたい。

女子100m自由形
上田春佳
日本新を狙っていたので、ベストだがタイムには納得していない。前半力んでしまうので、伸びる泳ぎを心がけ、それが出来た。4x100mリレーのチームレベルは上がっている。また引き継ぎ練習などをしっかりして、7月に備えたい。

松本弥生
ターンが苦手で遅れるので、前半でもう少しリードが欲しかった。自己ベストまで後少し、どんな大会でも自己ベストが出せるようにしていきたい。

男子100m自由形
藤井拓郎(KONAMI)
自由形にかんしては、今後少し仕掛けるタイミングを変えていきたい。明日のバタフライの方が状態はいいと思うので、派遣標準Ⅰを狙って泳ぎたい。