伊藤華英(いとう・はなえ)

ITO


生年月日:1985年1月18日
出身地:埼玉県
所属:セントラルスポーツ
コーチ:鈴木陽二
身長:173cm
体重:61kg
足のサイズ:24.5cm
血液型:AB型
出身校:東京成徳高校(2003年卒)→日本大学(2007年卒)


国際大会:
2001年 世界選手権(福岡)
2001年 東アジア大会
2002年 世界短水路選手権
2003年 世界選手権(バルセロナ)
2005年 世界選手権(モントリオール)
2006年 パンパシフィック選手権(ビクトリア)
2007年 世界選手権(メルボルン)
2007年 世界競泳(千葉)
2008年 北京五輪
2009年 日豪対抗(キャンベラ)
2009年 世界選手権(ローマ)
2010年 パンパシフィック選手権(アーバイン)
2010年 アジア大会(広州)

主な戦績:
2005年世界選手権 100m背泳ぎ 6位
2005年世界選手権 200m背泳ぎ 4位
2006年W杯ストックホルム大会 50m背泳ぎ 銅メダル
2006年W杯ストックホルム大会 100m背泳ぎ 金メダル
2006年W杯ストックホルム大会 200m背泳ぎ 金メダル
2006年W杯ベルリン大会 200m背泳ぎ 金メダル
2006年パンパシフィック選手権 100m背泳ぎ 金メダル
2007年世界選手権 100m背泳ぎ 5位
2007年世界選手権 200m背泳ぎ 5位
2008年北京五輪 100m背泳ぎ 8位
2008年北京五輪 200m背泳ぎ 12位
2010年W杯東京大会 200m自由形 銀メダル
2010年アジア大会 200m自由形 銅メダル

ベストタイム:
50m自由形 25”79
100m自由形 55”24
200m自由形 1’58”24
50m背泳ぎ 28”91
100m背泳ぎ 59”83
200m背泳ぎ 2’08”80

伊藤選手の軌跡:
2001年福岡で開催された世界選手権で背泳ぎの選手として同級生の寺川綾選手とともに代表デビュー。2003年バルセロナ世界選手権にも代表入りするが、2004年アテネ五輪選考会では、代表権を得ることが出来なかった。ライバル寺川選手が出場するアテネ五輪の悔しい思いをバネに4年間を過ごし、2008年にはみごと北京五輪代表となり、本番では決勝進出を果たした。2009年より自由形にも挑戦し、2010年アジア大会では200m自由形で銅メダルを獲得。日本女子自由形陣を支える存在となった。

伊藤華英プロフィール(PDF)