内田翔(うちだ・しょう)
uchida


生年月日:1987年9月28日
出身地:群馬県
所属:群馬ヤクルト
コーチ:八塚明憲
身長:183cm
体重:83kg
血液型:A型
出身校:高崎商業高校(2006年卒)→法政大学(2010年卒)

国際大会:
2004年 ジュニアパンパシフィック選手権(マウイ)
2005年 世界選手権(モントリオール)
2008年 北京五輪
2009年 日豪対抗(キャンベラ)
2009年 ユニバーシアード(ベオグラード)
2009年 世界選手権(ローマ)
2010年 パンパシフィック選手権(アーバイン)
2010年 アジア大会(広州)

主な戦績:
2004年日本選手権 200m自由形 3位
2005年日本選手権 200m/400m自由形 2位
2005年世界選手権 800mフリーリレー 5位 
2008年日本選手権 200m自由形 2位
2008年北京五輪 800mリレー 7位
2009年日本選手権
 200m自由形 1位
2009年日本選手権 400m/800m自由形 2位
2009年日豪対抗 200m自由形 2位
2009年ユニバーシアード 200m自由形 金メダル
2009年ユニバーシアード 400m自由形 5位
2009年世界選手権 200m自由形 4位
2009年世界選手権 800mフリーリレー 4位
2010年W杯東京大会
 400m/1500m自由形 金メダル
2010年アジア大会
 100m/400m/1500m自由形 5位

ベストタイム: 
100m自由形 49”99
200m自由形 1’45”24(日本記録)
400m自由形 3’46”83

内田選手の軌跡:
中学時代から頭角を現し、2005年世界選手権には高校生ながら代表入りを果たし高校記録も連発した。大学進学後思うように記録が伸びず苦しむ時期もあったが、2008年の北京五輪選考会では2位に入り、4人合計での派遣標準記録を突破。北京五輪では見事決勝進出を果たした。そして翌2009年日本選手権200m自由形で初優勝すると、その勢いで世界選手権4位入賞、メダルまであと一歩まで迫った。2009年以降なかなか快心のレースがないだけに、今年の世界選手権での復活が期待される。

内田翔プロフィール(PDF)