奥村幸大(おくむら・よしひろ)
okumura


生年月日:1983年5月9日
出身地:大阪府
所属:イトマンSS
コーチ:道浦健壽
身長:182cm
体重:75kg
血液型:A型
出身校:近畿大学附属高校(2002年卒)→近畿大学(2006年卒)


国際大会:
2001年 世界選手権(福岡)
2002年 東アジア大会(大阪)
2002年 アジア大会(釜山)
2002年 パンパシフィック選手権(横浜)
2003年 ユニバーシアード(テグ)
2004年 アテネ五輪
2005年 世界選手権(モントリオール)
2005年 ユニバーシアード(イズミール)
2007年 ユニバーシアード(バンコク)
2007年 世界競泳(千葉)
2008年 北京五輪
2009年 日豪対抗(キャンベラ)
2009年 世界選手権(ローマ)
2009年 東アジア大会(香港)
2010年 パンパシフィック選手権(アーバイン)
2010年 アジア大会(広州)

主な戦績:
2004年日本選手権 200m自由形 1位
2004年アテネ五輪
 400mメドレーリレー 銅メダル
2005年日本選手権
 200m自由形 1位
2005年世界選手権 800mフリーリレー 5位
2007年日本選手権 200m自由形 1位
2007年世界競泳 200m自由形 7位
2007年世界競泳 800mフリーリレー 2位
2008年日本選手権
 200m自由形 1位
2008年北京五輪 200m自由形/800mフリーリレー 7位
2009年日豪対抗 200m自由形 1位
2009年世界選手権
 800mフリーリレー 4位
2009年東アジア大会 100m自由形 銀メダル
2009年東アジア大会 200m自由形 金メダル
2010年パンパシフィック選手権 200m自由形 8位

ベストタイム:
100m自由形 49.19
200m自由形 1:46.37


奥村選手の軌跡:
2001年、福岡で行われた世界選手権で初めて代表入りすると、代表チームの常連となり、2004年には200m自由形でアテネ五輪代表入りを果たす。そして迎えたアテネ五輪400mメドレーリレーでは、個人種目でのメダリストたちから引き継いだ順位を死守し、見事銅メダルを獲得。2008年北京五輪代表にも選出され、200m自由形で決勝に進出するなど結果を出した。厳しい戦いが予想される800mフリーリレーで奮起するためにも、経験豊富なベテランに期待がかかる。

奥村幸大プロフィール(PDF)