久々に海外情報です。

ヨーロッパGP(Mare Nostrum)に日本代表選手が出場していた期間中、日本代表の結果のみを追っていましたが、欧州や豪州の選手たちも3戦を通して徐々に調子を上げていくのが見てとれました。同期間に行われたドイツ選手権では男子200m平泳ぎで19歳の新星Christian vom Lehn選手が2:08.97で泳ぐなど、特に男子で好記録が目立ちました。

今週末はシェフィールド(英国)にてBritish Gas ASA選手権、ローマ(イタリア)にてセッテ・コッリ杯(Sette Colli Trophy)、サンタクララ(米国)にてサンタクララ国際(Santa Clara International)が行われていました。両大会でも続々と好記録が出て来ています。詳細はSwimming Viewさんをご参照いただくとして、日本代表選手のライバルとなりそうな気になる選手とタイムをチェックしておきます。

【シェフィールド】
女子100m背泳ぎ
Elizabeth Simmons(英国) 59.86

女子200m背泳ぎ
Elizabeth Simmons(英国) 2:07.49

女子200mバタフライ
Jemma Lowe(英国) 2:05.36


【ローマ】
女子200m背泳ぎ
Elizabeth Simmons(英国) 2:08.26
Kirsty Coventry(ジンバブエ) 2:09.59

女子100mバタフライ
Fran Halsall(英国) 57.48

女子200mバタフライ
Zsuzsanna Jakabos(ハンガリー) 2:07.67

男子100m背泳ぎ
Aschwin Wildeboer(スペイン) 53.67

男子200m平泳ぎ
Christian vom Lehn(ドイツ) 2:13.12


【サンタクララ】
女子200m背泳ぎ
Megan Nay(豪州) 2:07.16
Elizabeth Pelton(米国) 2:09.07
Melissa Franklin(米国) 2:09.88

男子100m自由形
Park Tae-hwan(韓国) 48.92

男子400m自由形
Park Tae-hwan(韓国) 3:44.99

最新の記録が反映された世界ランキングはこちらです。
SwimNews.com「World Rankings」

世界水泳上海まであと34日!