本年度のナショナル合宿が無事終了しました!

合宿中、毎晩のミーティングでは、各コーチからためになるお話をしていただきましたが、選手にも話をしてもらっていました。最後の夜にはキャプテンの大山佳祐選手(イトマンSS)に話してもらいましたが、高校3年生として後輩たちに伝えたいこと「水泳をとことんやることは水泳選手としては重要。でも、水泳をとったら何も残らない、他のことが何もわからないという人にはならないでほしい。」という素晴らしい話をしてくれました。来春からは大学生になる選手が、そういうことを考えながら選手として活躍していることは、とても頼もしく感じます。

最終日の前日22日には、佐野会長、青木副会長、泉専務も富士から鈴鹿をハシゴして、男女両合宿を訪問して下さいました。
ナショナル②


今年は最終日にも100m×20-2'30を行い、みんな清々しい顔で練習を終えました。

修了式では、小池ヘッドコーチから「ひとの心に残るレース、感動させるようなレースをこれからどんどんしてほしい」というお話をいただきました。
ナショナル①


参加者全員の集合写真!
ナショナル③