いよいよ米国オリンピック選考会が始まりました。

やはり初日からレベルの高い記録が出ています。男子400m個人メドレーでの注目対決第1戦はRyan Lochte選手が4:07.06でMichael Phelps選手(4:07.89)を抑え優勝。まずはこの2名が代表入りを決めました。Tyler Clary選手を含め、やはりバタフライ・背泳ぎまでのラップが速いです。

女子400m個人メドレーでは、昨年の世界水泳上海金メダリストElizabeth Beisel選手が4:31.74で貫禄の優勝。2位には4:34.48でCaitlin Leverenz選手が入っています。

また女子100mバタフライのDana Vollmer選手は、予選から56.59の好記録で泳ぐと、準決勝では米国新を更新する56.42で他の選手を圧倒し、決勝に進みました。男子100m平泳ぎでは、復活を遂げたBrendan Hansen選手が唯一60秒を割る59.71で決勝に進出しています。

いよいよ始まった米国オリンピック選考会に注目です!

米国オリンピック選考会第1日目の結果はこちらから
U.S. Olympic Team Trials- Day 1

ロンドンオリンピックまであと31日!