米国オリンピック選考会は第7日目が終了。最終日を残すのみとなりました。

今日の決勝種目、注目の男子50m自由形はCullne Jones選手が21.59で優勝。Anthony Ervin選手も自己ベストを更新する21.60で代表権を獲得です。男子100mバタフライは、Michael Phelps選手が51.14で優勝し、昨年の世界水泳上海銀メダリストのTyler McGill選手が51.32の好記録で2位。Ryan Lochte選手もこの種目は決勝も泳ぎ、51.65で3位に入っています。女子200m背泳ぎはMissy Franklin選手が2:06.12の好記録で順当に優勝。そして女子800m自由形は15歳のKathleen Ledecky選手が8:19.78の好記録で優勝し、代表入りを決めました。

午前中に行われた男子1500m自由形では、午前中から14分台が2名で決勝はハイレベルな戦いになりそうです。そして女子50m自由形の準決勝では、昨日の100m自由形優勝で勢いに乗るJessica Hardy選手が1位通過、北京五輪では100mバタフライで銀メダルを取っているChristine Magnuson選手が2位通過。そして45歳のDara Torres選手が3位に付けています。最終日の明日の勝負も楽しみです。

米国オリンピック選考会第7日目の結果はこちら
U.S. Olympic Team Trials -Day 7

ロンドンオリンピックまであと25日!