世界短水路選手権は最終日の競技が終了しました。

最終日の本日は男子200mバタフライで金田和也選手(金田SC)が大会新記録で金メダルを獲得!女子200m平泳ぎで渡部香生子選手(JSS立石)が2分19秒39の高校新記録で銅メダルを獲得!最終日に2つのメダルを獲得し、チームの雰囲気も最高潮に達しました!

それでは決勝の結果です!

【第5日目決勝結果】
男子200m背泳ぎ<決勝>
萩野公介(御幸ヶ原SS) 1:51.00④ 高校新

女子200m平泳ぎ<決勝>
渡部香生子(JSS立石) 2:19.39③ 高校新

男子200mバタフライ<決勝>
金田和也(金田SC) 1:51.01① ベスト・大会新
小堀勇氣(セントラルスポーツ) 1:53.14④

男子1500m自由形<タイムレース>
瀧口陽平(中央大学) 14:40.16⑦
山本耕平(鹿屋体育大学) 14:43.98⑨
*瀧口陽平(中央大学)は800m自由形で7:44.87の日本新記録

女子200m自由形<決勝>
上田春佳(キッコーマン) 1:55.05⑥

男子400mメドレーリレー<決勝>
日本(萩野公介/山口観弘/金田和也/小長谷研二) 3:27.48⑥

最終日にメダル2つを獲得し、5日間のメダル合計で金2、銀1、銅1という結果でした。ロンドンオリンピックで獲得出来なかった金メダルを獲得し、また新たな選手が活躍したことで今後のトビウオジャパンがまた楽しみになってきました!

第5日目の結果はこちらから
FINA World Swimming Championships (25m) Istanbul, Turkey: Day 4