平井彬嗣(ひらい・あやつぐ)
hirai





















生年月日:1993年5月20日
出身地:千葉県
所属:柏洋スイマーズ柏/明治大学
コーチ:森謙一郎
身長:173cm
体重:67kg
血液型:O型
出身校:市立船橋高校(2012年卒)
世界水泳バルセロナへの抱負:『日本のエースになる。人生一度きり、笑われても自分の信じる道へ』


国際大会出場経験:
2011年アジアエージ選手権(ジャカルタ)

主な戦績:
2010年 高校総体 1500m自由形 2位
2010年 夏季ジュニアオリンピック 1500m自由形 優勝
2011年 ジャパンオープン 1500m自由形 7位
2011年 高校総体 1500m自由形 優勝
2011年 夏季ジュニアオリンピック 1500m自由形 2位
2011年 アジアエージ選手権 400m自由形 優勝
2011年 アジアエージ選手権 800m自由形 優勝
2011年 アジアエージ選手権 1500m自由形 優勝
2012年 日本選手権(25m) 1500m自由形 優勝
2012年 日本選手権(25m) 400m自由形 8位
2012年 日本選手権(50m) 1500m自由形 3位
2012年 ジャパンオープン 1500m自由形 6位
2012年 日本学生選手権 1500m自由形 優勝
2013年 日本選手権 1500m自由形 優勝
2013年 日本選手権 800m自由形 2位
2013年 日本選手権 400m自由形 7位

ベストタイム:
400m自由形 3’52”67
1500m自由形 15’00”66

『兄はOWS、弟は自由形長距離のエースへ』
高校2年の夏、ジュニアオリンピック1500m自由形で優勝。それが最初の転機だった。コーチとぶつかることも多かったが、この優勝で意識が変わった。高校3年の夏、今度はインターハイで優勝を果たし、森コーチについて行くことを決意する。一方、兄はOWSで日本人五輪初出場を果たした平井康翔。兄・康翔のロンドンでの活躍を目の当たりにすると、直後に行われたインカレでは並み居る強豪選手を押さえ優勝を果たす。短水路では日本記録も樹立し、迎えた2013年日本選手権で遂に優勝。まずは世界の舞台に立つチャンスを得た。一歩一歩、リオへと続く階段を上り始める。