藤井拓郎(ふじい・たくろう)
fujii





















生年月日:1985年4月21日
出身地:大阪府
所属:KONAMI
コーチ:萬久博敏
身長:184cm
体重:80kg
血液型:AB型
出身校:太成学院大学付属高校(2004年卒)
早稲田大学(2008年卒)


国際大会出場経験:
2008年北京五輪
2009年日豪対抗(キャンベラ)
2009年世界選手権(ローマ)
2009年東アジア大会(香港)
2010年パンパシフィック選手権(アーバイン)
2010年アジア大会(広州)
2010年世界短水路選手権(ドバイ)
2011年世界選手権(上海)
2012年ロンドン五輪
2012年世界短水路選手権(イスタンブール)

主な戦績:
2008年北京五輪400mメドレーリレー(バタフライ) 3位
2008年北京五輪100mバタフライ 6位
2009年世界選手権400mメドレーリレー(バタフライ) 7位
2009年東アジア大会100m自由形 優勝
2009年東アジア大会100mバタフライ 優勝
2010年パンパシフィック選手権100mバタフライ 3位
2010年アジア大会100mバタフライ 2位
2010年アジア大会100m自由形 3位
2010年世界短水路選手権100m個人メドレー 6位
2011年世界選手権100mバタフライ 5位
2011年世界選手権400mメドレーリレー(バタフライ) 4位
2012年ロンドン五輪400mメドレーリレー(自由形) 2位
2012年世界短水路選手権100m個人メドレー 7位

ベストタイム:
100m自由形 48”49(日本記録)
100mバタフライ 51”24
200m個人メドレー 1’59”09

『勝負強い日本のリレーの要』
大学4年の2007年秋、学生選手権200m個人メドレーで優勝。その勢いに乗って臨んだ2008年北京五輪代表選考会、200m個人メドレーで優勝。100mバタフライでも代表権を獲得し、代表デビュー戦となった北京五輪では個人で6位に入賞し、メドレーリレーでは日本の銅メダル獲得に大きく貢献した。北京以降は、自由形・バタフライの第一人者として日本のスプリント陣を牽引。ロンドン五輪代表選考会でも100m自由形、100mバタフライで2冠を達成し、ロンドン五輪最終日には男子400mメドレーリレーのアンカーを務め銀メダルを獲得。日本中を湧かせた。百戦錬磨のスプリンターがリレーの要として、日本の総合力を世界に示す。