昨日OWS競技の団体5kmが行われました。

馴染みのない種目ですが、このレースは男女混合3名でチームを組み、各国が1分おきにスタート。3名のうち最後にゴールした選手の記録がチームの記録となります。通常は泳力のある男子選手が女子選手を引っ張る展開になり、ペースを自分たちでつくっていかなければならないので、それぞれの泳力が問われる競技です。

日本は強豪のギリシャとブラジルに挟まれてのスタートとなりました。

結果は58分00秒0でトップと5分05秒1差の13位。経験不足もあり、世界との差を見せられる結果となりました。

OWSは明日女子25kmに貴田裕美選手(ALSOK群馬)が出場します!