世界水泳バルセロナ2013第1日目の決勝・準決勝のレースがいよいよ始まります!

2003年、ここPalau Sant Jordiで”キング”北島康介選手(アクエリアス)が誕生しました。10年後、再びこの地で泳いだ北島選手も男子100m平泳ぎでシーズンベストの59秒88をマークし、3位残りで準決勝に登場します。

そして今大会6種目にエントリーし、世界中が注目している18歳萩野公介選手(東洋大学)。まずは本日、男子400m自由形で4位で決勝に進出し、ひとつめのメダルを狙います!Michael Phelps選手が引退した今、水泳界の次のスターとして期待されている萩野選手。FINA.TVにも登場しています。



男女ともに決勝進出を果たした400mフリーリレーにも注目です!

応援よろしくお願いします!!