夏季JOは3日目が終了しました。

連日ハイレベルな記録が出ていますが、本日も記録ラッシュ!

15〜16歳の年齢区分を中心に、大会新記録が15個樹立されました!10年間行われていなかった15〜16歳の年齢区分が復活したためですが、10年間という期間の間にこれだけ記録が伸びるというのも凄いことです。

また男子13〜14歳100m平泳ぎでは、オーストラリア代表のMatthew Wilson選手が1分04秒44のオーストラリア新記録(14歳区分)を予選で樹立し、決勝でも素晴らしい泳ぎを見せてくれました。オーストラリアの選手たちもレベルの高い同年代の日本人選手たちとのレースに、相当刺激を受け自己ベストを連発しています!

また男子CS200m自由形では、坂田怜央選手(イトマン)がインターナショナル強化標準Dを突破する1分48秒81の好記録で優勝。世界水泳バルセロナではメダルまであと一歩と迫った男子自由形の層も一段と厚くなって来ています!

リザルトはこちらから
第36回全国JOCジュニアオリンピックカップ夏季水泳競技大会